どんなにがんばっても結果が出ないのはなぜ?『2割に集中して結果を出す習慣術 ハンディ版』発売です!

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(取締役社長:干場弓子、本社:東京都千代田区)は、『2割に集中して結果を出す習慣術 ハンディ版』を発売しました。習慣化コンサルタントの古川さんによる、「どんなにがんばっても結果が出ない…」から抜け出すヒントが詰め込まれています。

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(取締役社長:干場弓子、本社:東京都千代田区)は、『2割に集中して結果を出す習慣術 ハンディ版』を発売しました。習慣化コンサルタントの古川さんによる、「どんなにがんばっても結果が出ない…」から抜け出すヒントが詰め込まれています。


本書は、仕事の本質を見極め、成果が出るポイントに全力投球し、それ以外の部分は上手に力を抜くことで、より無駄をなくして最大の結果を出す(最善主義)方法が書かれています。

仕事を行っている状況を振り返ると、力を抜くことは「わかってはいるけど、実際に行うのは…」と思われる方が多いと思います。
それは、「完璧志向主義」があるためです。
完璧志向主義とは、「きちんとやり遂げる」「細部にこだわる」ことに重きを置いており、優秀なアスリートやクリエーターが持っている考え方です。
完璧志向主義自体が悪い考え方ではないのですが、(著者のコンサルティングの経験から)一般のビジネスパーソンにとって過剰な完璧主義はむしろ悪影響をもたらしてしまいます。それは、一般のビジネスパーソンはひとつの仕事に没頭するというより、多くの仕事が次々と舞い込み、同時に多数のプロジェクトを進める必要があるからです。その過程では常に優先順位を変え、プロセスを最適化することが求められ、限られた時間で成果を出す必要がありますが、過度の完璧主義はプロセスの最適化を邪魔してしまいます。

ここで大切になってくるのが、「最善主義思考」です。最善主義とは、「力の入れどころと抜きどころ(集中する2割)を見極めて、より無駄をなくし、限られた時間で最大の結果を出す」ことです。この思考を身につけると、あなたは今よりも少ない時間で大きな成果を出すことができます。
そして、自分に過度なストレスをかけず、プレッシャーや不安を軽減することができます。
最善主義こそ、多くの仕事やプライベートの用事において、限られた時間を自分の幸せと成果のために、最大効率で使えるようになる思考になります。

本書では、完璧主義思考から最善主義思考に移行するための思考・行動の習慣を紹介する内容になっています。5つのポイント(章)に分け、完璧主義と最前主義とでどのような思考の違いがあるのか、項目形式で図解を使ったわかりやすい比較を行っています。
あなたの無用なストレスを減らし、より効率的に成果を出すためのヒントになれば幸いです。


<本書のポイント>
第0章 完璧主義が効率を下げる
まずは、あなたの完璧主義思考を診断しましょう。
第1章 「短時間で効率的」に仕事を終える
重要な仕事も雑用も、同じくらい労力をかけていませんか?
第2章 「効果的な工夫」で成果を高める
自分のこだわりが強すぎて、相手のニーズとズレていませんか?
第3章 「失敗を恐れず」行動する
万全の準備ができていないと、不安を感じていませんか?
第4章 「精神的な余裕」をつくる
失敗したら、すべて自分の責任だと背負い込んでいませんか?
第5章 「他人の力」を上手に活かす
何もかもひとりでやろうとして、重要なことがおろそかになっていませんか?

<こんなあなたにおすすめ>
ひとつでも当てはまる人は、本書をお読みください!
・ 仕事は丁寧だがスピードが遅い
・ なかなか定時に帰れない
・ 全部の仕事に全力で取り組んでしまう
・ 他人に頼るのが苦手
・ 先延ばしグセがある
 

 

 

 



【目次】
第0章 完璧主義が効率を下げる
第1章 「短時間で効率的」に仕事を終える
第2章 「効果的な工夫」で成果を高める
第3章 「失敗を恐れず」行動する
第4章 「精神的な余裕」をつくる
第5章 「他人の力」を上手に活かす

【著者プロフィール】
古川武士(ふるかわ たけし)

習慣化コンサルタント
習慣化コンサルティング株式会社代表取締役 米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー。
3万人以上のビジネスパーソンの育成と1000人以上の個人コンサルティングの現場から「続ける習慣」が最も重要なテーマと考え、日本で唯一の習慣化をテーマにしたコンサルティング会社を設立。オリジナルの習慣化理論・技術を基に、個人向けコンサルティング、習慣化講座、企業への行動定着支援を行っている。2016年には中国で6000名規模の習慣化講演を行い、本格的に海外進出も始めている。
著書は現在16冊で50万部を超え、中国・韓国・台湾など海外でも広く翻訳されている。主な著書に『30日で人生を変える「続ける」習慣』『新しい自分に生まれ変わる「やめる」習慣』(以上、日本実業出版社)、『7つの心のブレーキを外せばうまくいく「すぐやる習慣」』(朝日新聞出版)、『マイナス思考からすぐに抜け出す9つの習慣』『「習慣化」ワークブック』(以上、ディスカヴァー)などがある。
 

 

【書籍情報】
タイトル:2割に集中して結果を出す習慣術 ハンディ版
定価:1200円(税抜)
発売日:2017/05/27
判型:四六・並/168ページ
ISBN:978-4-7993-2104-1
発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
ディスカヴァーサイト:http://www.d21.co.jp/shop/isbn9784799321041

【販売サイト】
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4799321048
楽天ブックス:http://books.rakuten.co.jp/rb/14939945/
セブンネット:http://7net.omni7.jp/detail_isbn/9784799321041
ディスカヴァー・トゥエンティワン:http://www.d21.co.jp/shop/isbn9784799321041
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン >
  3. どんなにがんばっても結果が出ないのはなぜ?『2割に集中して結果を出す習慣術 ハンディ版』発売です!