リモートワークの現状と導入準備、リアルな現場の声をまとめた資料を無料公開

新型コロナ対策で待ったなし、生産性を高める快適な仕事環境をどう整える?

快適な職場環境をサポートし、従業員総活躍を実現するHRサービスHumap(ヒューマップ)を提供する株式会社アスマーク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:町田正一)は、新型コロナ禍で加速するリモートワークの現状と導入準備、課題について、リアルな現場の声と共にまとめた資料を無料で公開いたしました。

資料イメージ資料イメージ

< 背景 >
働き方改革の一環として総務省も推進しているリモートワーク(テレワーク)。導入企業はゆるやかに増加傾向ではあったものの、日本企業における導入率はまだ低く、新型コロナウイルス対策として更なる導入促進と定着が望まれます。今年の4月~5月にかけて発令された緊急事態宣言によって、リモートワークや分散出勤に慌てて対応せざるを得なかった企業も少なくないのではないでしょうか。

< 掲載内容について >
こちらの資料では、リモートワーク導入にあたっての必要な準備(企業側/自宅の仕事環境)や運用についてまとめています。また、実際にリモートワークを一部導入した当社内で聴取したリアルな「現場の声」を掲載し、部署や役職によって異なる課題、全社共通の課題もお伝えします。
本資料が、リモートワークの推進・定着の一助となれば幸いです。

・リモートワークの本格導入を検討している
・リモートワークの準備について詳しく知りたい
・リモートワーク実施企業のリアルな声が知りたい
このような方にはお勧めの資料となっておりますので、ぜひご覧ください。

▶詳しい資料ダウンロードはこちら
https://www.asmarq.co.jp/white_paper/remotework-task/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アスマーク >
  3. リモートワークの現状と導入準備、リアルな現場の声をまとめた資料を無料公開