イケア・ジャパン、自宅に家具をバーチャルで設置できるアプリ「IKEA Place」の配信スタート

「より快適な毎日を、より多くの方々に」をビジョンとするスウェーデン発祥のホームファニッシングカンパニー イケアの日本法人イケア・ジャパン株式会社(本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:ヘレン・フォン・ライス)は、拡張現実(AR)アプリケーション「IKEA Place」の配信を10月16日より開始します。

IKEA Placeは、自宅やオフィス、学校、スタジオなどのあらゆるスペースで、イケアの家具をバーチャルで設置でき、優れたデザインによって空間がどのように変わるかを体験・シェアできるアプリケーションです。ソファやアームチェア、コーヒーテーブルまで、IKEA Placeではすべての商品を空間に合わせて自動でサイズを調整し、3Dで表示します。98%という高精度の再現性を誇り、布地の質感や、家具に落ちる光や影の具合も見ることができ、ご自宅にいながらご希望に合ったサイズ・デザイン・機能を備えた商品をお選びいただけます。また、商品をデジタルで部屋の中に設置できるだけでなく、アプリ内で試した結果を保存し、画像や動画として友人とシェアすることが可能です。さらに、お近くのイケアストアのウェブサイトに直接接続できるので、そのまま商品を購入できます。

今回のローンチにあわせて、アプリに2,000点以上のイケアの商品が用意されています。初回リリースの商品では、ソファ・アームチェア・フットスツール・コーヒーテーブルのすべての商品と、トップセラーの収納ソリューション(床に置いて使用できるもの)等、リビングルームの大型家具に焦点を絞っています。イケア製品のなかでも非常に評価の高いアイテムも含んでいます。(VIMLE/ヴィムレ ソファ、STRANDMON/ストランドモン ウィングチェア、LISABO/リーサボー サイドテーブルなど)

Appleの「ARKit」技術を基盤とするIKEA Placeは、イケアのデジタルトランスフォーメーションの道のりにおいて重要なマイルストーンです。イケアは、より快適な暮らしを、すべての人に、そしてあらゆる場所に届けるために、AR技術を人々のもとに届ける世界で初めてのホームファニッシング企業の1つとして、将来の家具の購入方法に変化をもたらしていきます。

IKEA Placeの操作方法:
・使用するデバイスがiOS 11にアップグレードされていることを確認する
・IKEA PlaceアプリをAppleのApp Storeからダウンロードする
・自宅やオフィスの床面をスキャンする
・アプリ内の商品リストを検索する
・目的のスペースに設置したい商品を選ぶ
・選んだ商品を目的のスペースに移動して設置する。たった、これだけ!
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イケア・ジャパン株式会社 >
  3. イケア・ジャパン、自宅に家具をバーチャルで設置できるアプリ「IKEA Place」の配信スタート