コロナ禍でもダンスを愛する全国の高校生に活躍の場を「マイナビHIGH SCHOOL DANCE COMPETITION 2021ONLINE CONTEST Vol.2」決勝大会へ進む4校が決定!

高校生ダンス部日本一を決定する「マイナビハイダン」2021シーズン2回目の予選が終了

 株式会社アノマリー (本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:神田勘太朗) は、青春をダンスに捧げた高校生ダンス部の日本一を決定する「マイナビHIGH SCHOOL DANCE COMPETITION 2021」(マイナビハイスクール ダンス コンペティション ニセンニジュウイチ 以下:マイナビハイダン)の予選大会の結果発表を配信致しました。今回は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、EAST vol.2 、WEST vol.2それぞれの結果をYoutubeで全国へ発信しました。今回の予選大会で優勝した4校は、2021年4月に開催予定の「マイナビDANCE ALIVE HERO’S 2020&2021 FINAL」内で行われる決勝大会でパフォーマンスを披露します。
  • 高校生ダンス部日本一をかけて、決勝へと駒を進める4校が遂に決定!

◆EAST vol.2 SMALL部門WINNER:二松學舍大学附属高等学校 / Butterflyeffect
2020シーズンのFINALISTでもある二松學舍大学附属高等学校 Butterflyeffect。去年の勢いそのままに、自信がみなぎったパフォーマンスを見せ、優勝を勝ち取りました。

 

◆EAST vol.2 LARGE部門WINNER:叡明高等学校 / AWESOMEST
和とHIPHOPのテイストが組み合わさった力強いパフォーマンスを見せた叡明高等学校 AWESOMEST。一糸乱れぬ振付と目まぐるしく変わるフォーメーションで初の決勝大会進出を決めました。


 

◆WEST vol.2 SMALL部門WINNER:大阪府立箕面高等学校 / 粉もんファイターズ
3名のJUDGEからJUDGE賞に選ばれるほど高評価だった大阪府立箕面高等学校 粉もんファイターズ。スピードと躍動感溢れるパフォーマンスは、まるで生のショーを見ているような迫力で見事優勝に選ばれました。
 

◆WEST vol.2 LARGE部門WINNER:大阪府立箕面高等学校 / Mold Buster
昨年の予選大会では、第2位という結果で惜しくも決勝大会進出を逃し涙を飲んだ箕面高等学校。今回はその悔しさをバネに、高精度に仕上げられた箕面高等学校の特色ともいえる、POPとLOCKが融合されたパフォーマンスで決勝大会への切符をつかみました。
 
  • その他、受賞結果
◆2nd PRIZE:
EAST  vol.2 SMALL部門:宝仙学園高等学校女子部/ ReX:STAR
EAST  vol.2 LARGE部門:東京都立三田高等学校 / MDT
WEST vol.2 SMALL部門:大阪府立池田高等学校 / IHcrew
WEST vol.2 LARGE部門:奈良市立一条高等学校 / Vrijheide

◆3rd PRIZE:
EAST vol.2 SMALL部門:埼玉県立杉戸高等学校 / BLACK Label
EAST vol.2 LARGE部門:千葉敬愛高等学校 / Rauviz
WEST vol.2 SMALL部門:北九州市立高等学校 / N9SD CREW
WEST vol.2 LARGE部門:静岡県浜松東高等学校 / ILL TIGHT 

◆EAST vol.2 JUDGE賞:
Seishiro賞:東京都立福生高等学校 / 都立福生高校ダンス部
BOO賞:東京都立三田高等学校 / MDT
TAIKI賞:横浜市立みなと総合高校 / MSD
ARANAMI賞/SHINTARO賞:宝仙学園高等学校女子部 / ReX:STAR

◆WEST vol.2 JUDGE賞:
Seishiro賞/BOO賞/SHINTARO賞:大阪府立箕面高等学校 / 粉もんファイターズ
TAIKI賞:静岡県浜松東高等学校 / ILL TIGHT
ARANAMI賞:大阪府立山田高等学校 / YHD-A
 
  • 審査員陣からの総評

▼ARANAMI(9stepper'z!! / BE BOP CREW GANG)
素晴らしい作品を沢山見させていただきありがとうございました。入賞したチームと、しなかったチームの差はほとんどありませんでした。小さな要素の積み重ねなので、これからも続けてダンスをしていただきたいです。


 

▼Boo(Last Rain Livingroom / VIBEPAK / The Curtain Call)
沢山のチームをジャッジすることができ、濃い経験になりました。昔と比較し、日本の曲を使用するチームが増え、音楽的・文化的な広がりが高校生の世代間で、浸透しているのではないかと感じています。
これからもダンスを続けていってください。

 

▼Seishiro
このご時世に作品をつくりあげたことは素晴らしいことです。また、映像コンテストだからこそ拘って欲しい部分があり、何度も撮り直しをすることで、完璧だと思える状態にすることはとても大事なことだと思います。
これからも作品をつくり続けてください。

 

▼SHINTARO(Beat Buddy Boi)
皆さんが頑張っていることは素敵なことで、その中でも信念を持って活動して欲しいです。これからは「やらされていた」ではなく、「自分達でやっていく」時代になります。それこそがダンスへの愛だと思います。今回の結果を受けて、皆さんでこれからも頑張っていきましょう。
 
 

▼TAIKI(TERM-INAL / Novel Nextus)
全国のダンス部の盛り上がりを初めて経験し、勉強になりました。高校生ならではの感覚は、フレッシュで僕らには無い発想なので、大事にして欲しいです。また、僕らがやっているようなカルチャー的な観点を持つ世界も一度見ていただき、次の作品に活かしてもらいたいと思いました。

 
  • 「マイナビHIGH SCHOOL DANCE COMPETITION 2021」について

全国の⾼等学校および⾼等学校に準じる教育機関に在学中の学⽣(ダンス部及びダンス同好会)を対象とする、ストリートダンスに特化した競技大会(ダンスコンテスト)です。2015年よりスタートし、今期で7度目の開催となります。
2021シーズンからは予選大会を増やし計6回の開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響により、全予選大会をオンラインでの実施することを決めました。  各予選優勝校のみが2021年4⽉に⾏われる、世界最⼤級のストリートダンスイベント「マイナビDANCE ALIVE HERO’S 2020&2021 FINAL」内での決勝戦へと勝ち進むことができます。高校生活を全身全霊でダンスにかけた高校生ダンス部の日本一が決定します。
 

 

 



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アノマリー >
  3. コロナ禍でもダンスを愛する全国の高校生に活躍の場を「マイナビHIGH SCHOOL DANCE COMPETITION 2021ONLINE CONTEST Vol.2」決勝大会へ進む4校が決定!