串カツ田中のテイクアウト強化施策『Uber Eats』を導入いたします。11月1日より串カツ田中17店舗で新規導入開始。

株式会社串カツ田中ホールディングス(本社:東京都品川区東五反田、代表取締役社長:貫 啓二、以下:串カツ田中)は、2019年11月1日(金)より、Uber Japan株式会社のフードデリバリーサービス『Uber Eats(ウーバーイーツ)』を新規導入いたします。立ち呑み業態の2店舗(要町店、新橋店)、テイクアウト業態のアリオ亀有店にて先行テストした結果、新たな客層へ有効なアプローチができると判断し、テスト店舗を含む合計17店舗にて導入に至りました。これからの軽減税率によるデリバリー需要を見込み、利用客の増加を狙います。串カツ田中は、これからも串カツ文化を様々な手段で提供し、サービスを充実させてまいります。

 

                                        ※画像はイメージです。
串カツ田中『Uber Eats』導入詳細
【日程】:2019年11月1日(金)よりサービス開始
【対象店舗】:先行テスト店舗を含む下記17店舗
アリオ亀有店、要町店、新橋店、三軒茶屋店、六本木店、渋谷宮益坂店、代官山店、尾山台店、秋葉原中央通り店、東銀座店、新川崎鹿島田店、三条木屋町店、アメ村三角公園前店、名古屋駅西口店、神楽坂店、都立大店、上野2丁目店

【『Uber Eats』に関して】
2016年9月に日本でサービスを開始し、売上・認知共に急成長を遂げているフードデリバリーサービス。特定の配達拠点を持たず、個人事業主として契約している配達パートナーがデリバリーを行う。現在は首都圏を含む10都市以上で展開している。
https://www.ubereats.com

【株式会社串カツ田中ホールディングスについて】
設立:2002年3月20日 資本金:3億円 代表取締役社長:貫 啓二
本社:東京都品川区東五反田1-7-6 藤和東五反田ビル5階 事業内容:飲食店の経営、FC開発
URL:http://kushi-tanaka.co.jp/  グループ会社:株式会社串カツ田中
「串カツ田中」の単一ブランドで関東圏を中心に全国規模で飲食事業を展開。「串カツ田中の串カツで、一人でも多くの笑顔を生むことにより、社会貢献する。」が企業理念。全国1,000店体制を構築し、串カツ田中の串カツを日本を代表する食文化とすることを目標にしている。2008年に世田谷に1店舗目をオープン。外食アワード2013受賞。2016年東証マザーズ市場上場。2019年東証一部上場。2018年6月より国内全店規模で禁煙化実施。全店舗数265店舗(海外2店舗を含む2019年10月末日時点)。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 串カツ田中 >
  3. 串カツ田中のテイクアウト強化施策『Uber Eats』を導入いたします。11月1日より串カツ田中17店舗で新規導入開始。