木造住宅の設計と建築を学ぶプログラム「学びと体験の教室―将来の仕事の選択肢―」において第6回ウッドデザイン賞2020を初受賞

ケイアイスター不動産株式会社は、この度林野庁補助事業である「第6回ウッドデザイン賞2020」(主催:ウッドデザイン賞運営事務局(特)活木活木森ネットワーク、(公社)国土緑化推進機構、(株)ユニバーサルデザイン総合研究所)を初受賞しましたのでお知らせします。

 ケイアイスター不動産株式会社(本社 埼玉県本庄市、代表取締役 塙 圭二 以下 「当社」と言う。)は、この度林野庁補助事業である「第6回ウッドデザイン賞2020」(主催:ウッドデザイン賞運営事務局(特)活木活木森ネットワーク、(公社)国土緑化推進機構、(株)ユニバーサルデザイン総合研究所)を初受賞しましたのでお知らせします。

 

■ 受賞内容
<受賞部門>
ハートフルデザイン部門 コミュニケーション分野

<受賞作品>
学びと体験の教室―将来の仕事の選択肢―

 ■ 受賞作品概要
小学校教育過程には無い、建築に特化した小学校高学年を対象としたプログラム。
建築がどのような仕事であるか、建築というものに将来の夢や興味を持つ子供にはより理解を深められるよう、そうでない子どもには建築を知るきっかけとなるように座学・実技・体験の構成で木造住宅を通して学ぶ。

 


 <プログラム>

 

■ ウッドデザイン賞とは
 我が国においては、戦後造成した人工林が本格的な利用期を迎えており、適正な森林整備を進めていくためには、国産材の積極的な利用を促進していくことが重要です。
 ウッドデザイン賞は、木の良さや価値を再発見させる製品や取組について、特に優れたものを消費者目線で評価し、表彰する新しい顕彰制度です。
 これによって“木のある豊かな暮らし”が普及・発展し、日々の生活や社会が彩られ、木材利用が進むことを目的としています。受賞者には、様々な広報・PRの場を提供するとともに、生産から消費に関わる人のマッチングを進めていきます。

 

■ ケイアイスター不動産とは
「豊かで楽しく快適な暮らしの創造」を経営理念に、『高品質だけど低価格なデザイン住宅』の提供を行っています。地域密着型の総合不動産業として、関東を中心に1都11県(埼玉、群馬、栃木、茨城、千葉、神奈川、福岡、愛知、宮城、福島、静岡)で多角的な事業を展開。新築戸建を中心に年間4,153棟(土地含む)を販売(※)。2020年3月期の売上高は1,207億円(※)。デザイン性を重視し「KEIAI FiT(ケイアイフィット)」、「KEIAI TERRACE(ケイアイテラス)」「Ricca(リッカ)」、「和楽(わらく)」等、価格帯の異なる商品展開や地域特性を考慮し、お客様のニーズに対応しています。
 また、昨今は女性管理職を積極的に登用し、多様な働き方の実践が評価を頂き「なでしこ銘柄」選定をはじめ様々な認定を頂きました。その他、外国人実習生の積極的な採用など、ダイバーシティ推進に注力しております。(※グループ連結数値)


【会社概要】
社 名   ケイアイスター不動産株式会社(コード番号:3465 東証一部上場)
代 表   代表取締役 塙 圭二
所在地   〒367-0035 埼玉県本庄市西富田762-1
資本金   82,105万円
設 立   1990年11月
従業員数  1,448名(連結 / 2020.4.1現在)
URL    https://ki-group.co.jp/
事業内容  戸建分譲事業、注文住宅事業、総合不動産流通事業 ほか

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ケイアイスター不動産株式会社 >
  3. 木造住宅の設計と建築を学ぶプログラム「学びと体験の教室―将来の仕事の選択肢―」において第6回ウッドデザイン賞2020を初受賞