飯能信用金庫におけるSBI損保の団体がん保険導入に関する基本合意のお知らせ

飯能信用金庫(本店:埼玉県飯能市、理事長 松下寿夫)と、SBI損害保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:五十嵐正明、以下「SBI損保」)は、飯能信用金庫の口座保有者向けに、SBI損保の「団体がん保険(がん治療費用総合保険)」(以下「団体がん保険」)を導入することで合意いたしましたのでお知らせいたします。 


SBI損保は、「地方創生」への寄与を経営戦略として掲げるSBIグループの一員として「より多くのお客さまの生活に、より大きな安心をお届けするために」という経営理念を掲げながら、先進医療および自由診療の対象となるがん治療費も実額補償する(※)がん保険をリーズナブルな保険料でご提供しています。飯能信用金庫はそのSBI損保の理念や姿勢に共感し、今回の合意に至りました。団体がん保険の導入は2020年秋を予定しており、飯能信用金庫の口座を利用されるお客さまにさらなる安心を提供いたします。

※   公的保険診療の対象となるがん治療費の自己負担分に加えてお支払いいたしますが、一部例外となる場合があります。

◆飯能信用金庫向け団体がん保険概要◆
対象のお客さま:飯能信用金庫の預金口座をお持ちの方
団体契約者(加入勧奨者):飯能信用金庫
引受保険会社:SBI損害保険株式会社
 

◆飯能信用金庫について
飯能信用金庫は創業昭和26年からの長い歴史を持つ地域金融機関で、埼玉県、東京都のエリアで地域密着型金融を推進し、地域経済の発展に積極的に取組んでいます。

【 会社概要 】
名称:飯能信用金庫
所在地:埼玉県飯能市栄町24-9
創業:1951年7月
出資金:16億円
事業内容:預金業務、貸出業務、為替業務など
URL:http://www.hanno-shinkin.jp/index.shtml

◆SBI損保について
SBI損保は、「新しい時代に、新しい保険を」という企業理念のもと、最先端の保険商品と最高水準のお客さまサービスを提供しています。テクノロジーの力で新たな価値を創造し、SBIグループ各社のシナジーで更なる飛躍に向けチャレンジし続けます。

【 会社概要 】
商号:SBI損害保険株式会社
所在地:東京都港区六本木1-6-1
設立:2006年6月1日
資本の額:409億円(うち資本金205億円、資本準備金204億円)
事業内容:損害保険業
URL:https://www.sbisonpo.co.jp/

◆SBIインシュアランスグループについて

SBIインシュアランスグループは、日本のインターネット金融のパイオニアであるSBIグループの保険事業を担う企業グループです。保険持株会社であるSBIインシュアランスグループ株式会社のもと、SBI損保を含む事業会社6社が一体となって総合的な保険事業を展開しています。「顧客中心主義」の徹底という基本方針のもと、保険分野における様々な付加価値を創造し、さらなる顧客基盤の拡大を続けることで企業価値の向上に努めます。


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SBI損保 >
  3. 飯能信用金庫におけるSBI損保の団体がん保険導入に関する基本合意のお知らせ