Travelko - Travelkoホテルでスカイスキャナーとの連携を開始!掲載ホテル・プラン数増加でユーザの利便性がさらに拡大!

英語、簡体字中国語、繁体字中国語(台湾・香港)、韓国語の5言語で展開する、インバウンド・海外向け多言語旅行比較サイト「Travelko」(https://www.travelko.com/)を運営する株式会社オープンドア(東京都港区・代表取締役社長 関根大介)は、2018年7月18日、Travelko ホテル比較サービスにおいてメタサーチサイト「スカイスキャナー」との連携を開始し、同サイトが掲載するホテル予約サイト・ホテル公式サイトの取扱商品の一部も一括で検索・比較できるようになりました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Travelko ホテル比較サービス
https://www.travelko.com/hotel/
━━━━━━━━━━━━━━━━━


日本語版旅行比較サイト トラベルコに続き、多言語版Travelkoでもスカイスキャナーと連携
スカイスキャナー(Skyscanner)とは、すでに日本語版の旅行比較サイト トラベルコの海外ホテルおよび海外航空券比較サービスで連携していますが、2018年7月18日、新たに多言語旅行比較サイトTravelkoのホテル比較サービスにおいても連携を開始しました。これにより、スカイスキャナーのアプリやウェブサイトに掲載されているホテル予約サイトやホテル公式サイトの取扱商品の一部がTravelkoにも掲載され、Travelko ホテル比較サービスの検索対象サイト数・プラン数が大幅に拡大しました。

有名ホテルブランドの公式サイトや海外のホテル予約サイトの商品がさらに拡充!
このたびTravelkoホテル比較サービスにおいて連携を開始したスカイスキャナーは、海外のホテル予約サイトの取扱商品に加え、世界的に有名なホテルブランドの公式サイトの商品も掲載しています。今回の連携によって、Travelkoホテル比較サービスにおいてもこれらのスカイスキャナー掲載商品を検索・比較することが可能となり、希望条件での最安値商品をこれまでよりもさらに簡単に見つけることができるようになりました。


<スカイスキャナーとは> 
スカイスキャナーは、航空券・ホテル・レンタカーなどの情報を、世界中の航空会社・旅行会社など1,200社以上のウェブサイトから横断的に比較検索できるメタサーチのサービスです。世界の利用者数は月間約7,000万人、アプリのダウンロード数は7,000万回に上ります。2003年に英国スコットランドのエディンバラで誕生し、現在は世界中に10拠点を展開、30言語に対応しています。2016年、中国のオンライン旅行会社Ctripグループの一員となりました。

<多言語旅行比較サイトTravelkoとは>
英語、簡体字中国語、繁体字中国語(台湾・香港)、韓国語の5言語で展開する多言語旅行比較サイト。全世界のホテル、航空券および日本国内のアクティビティ商品の検索・比較サービスに加え、台湾市場向けのパッケージツアー商品の検索・比較サービスも展開。日本の人気都市の観光スポットを旅行のプロが厳選して紹介するガイドコンテンツも提供しているため、海外在住者が日本へのインバウンド旅行を探す際にはもちろん、自国内および他国への旅行を探す場合にも利用することができ、日本在住の外国人の旅行探しにも役立つ、インバウンド・海外向けの旅行比較サイトです。


多言語旅行比較サイトTravelkoは、これからも世界中の旅行者がより便利にお得な旅行を楽しめるよう、サービスの充実を図ってまいります。

 

Travelko ホテル比較サービス 検索結果一覧ページ一例Travelko ホテル比較サービス 検索結果一覧ページ一例




≪株式会社 オープンドア概要≫
代表取締役社長:関根 大介(せきね だいすけ)
創立:1997年4月21日
資本金:6億4,829万円
従業員数:155名(2018年4月現在)
インターネットコンテンツの企画運営、ソフトウェア開発を行う。旅行比較サイト「トラベルコ」、多言語旅行比較サイト「Travelko」、日本の伝統工芸品紹介サイト「GALLERY JAPAN」等を運営。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オープンドア >
  3. Travelko - Travelkoホテルでスカイスキャナーとの連携を開始!掲載ホテル・プラン数増加でユーザの利便性がさらに拡大!