ハチドリ電力はアミタグループ社員・家族対象の「あみ電手当」の新たな指定会社に。CO2ゼロの自然エネルギーで地球温暖化防止に貢献します。

株式会社ボーダレス・ジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田口一成)が提供する電力サービス「ハチドリ電力」が、持続可能な企業経営・地域運営を伴走支援する「社会デザイン事業」を展開するアミタグループ(本社:京都市中京区、代表取締役:熊野英介)の「あみ電手当」(後述)の指定会社に加わりました。
ボーダレス・ジャパンとアミタグループは本取り組みを通して、CO2ゼロの実質自然エネルギー100%を普及・利用推進することでCO2を削減し、地球温暖化の防止に貢献します。


【アミタグループの「あみ電手当」とは】
社員及びその家族(父母、配偶者、子)の自宅の電力を、再エネ比率の高い指定電力会社に契約を切り替えた場合、1世帯あたり毎月200円の手当を支給する制度です。アミタグループは事業活動を通した自社ミッションの実現に加え、社員の環境保全や社会貢献に繋がるライフスタイルを支援することで、社会の持続性向上に取り組んでいます。

【アミタグループからのコメント】
アミタグループは創業44年来、事業活動を通した持続可能社会の実現に取り組んでいます。この度、日常生活において環境・社会問題へ貢献できる株式会社ボーダレス・ジャパンの「ハチドリ電力」に共感し、弊社「あみ電」制度の指定会社に加わっていただくことになりました。複雑化・多様化する社会問題の解決に向けた連携・協働が求められる今、サステナブルな未来づくりに向けて、本制度のさらなる利用推進に努めて参ります。

【ハチドリ電力について】
ハチドリ電力は、CO2ゼロの実質自然エネルギー100%プランのみを販売する電力サービスです。地球にやさしい電気だけでなく、社会問題に取り組むNPOやNGOにお金が回る仕組みを提供しています。

特徴その1.
電気を使っても地球環境に負担をかけません

再エネ指定の非化石証書(FIT)を供給電力全量分購入することで、実質的に「100%自然エネルギー由来」「CO2排出量ゼロ」の電気を提供します。

特徴その2.
電気を使うほど自然エネルギーの発電所が増えます

電気料金の1%は自然エネルギー基金になるため、ハチドリ電力を使うほど自然エネルギーの発電所が増える追加性をもった仕組みです。

特徴その3.
電気料金の1%があなたの選んだ社会活動に寄付されます

電気料金の1%を支援したいNPOなどに寄付します。毎月送られてくる活動レポートで支援活動を詳しく知ることができます。


▼ハチドリ電力WEBサイト
https://hachidori-denryoku.jp/ 

<アミタホールディングス 会社概要>
会社名:アミタホールディングス株式会社
創業:1977年4月1日
設立:2010年1月
本社:京都府京都市中京区烏丸通押小路上ル秋野々町535番地 日土地京都ビル2階
代表者:代表取締役 熊野 英介

▼アミタホールディングスの公式サイト
https://www.amita-hd.co.jp/

<ボーダレス・ジャパン 会社概要>
会社名:株式会社ボーダレス・ジャパン
設立:2007年3月
本社:東京都新宿区市谷田町2-17 八重洲市谷ビル6F
代表者:代表取締役社長 田口 一成

▼ボーダレス・ジャパン公式サイト
https://www.borderless-japan.com/

▼ハチドリ電力WEBサイト
https://hachidori-denryoku.jp/

<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社ボーダレス・ジャパン
ハチドリ電力 事業
広報 小野悠希
TEL:050-3649-4828
E-mail:customer(ここに@を入れてください)hachidori-denryoku.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ボーダレス・ジャパン >
  3. ハチドリ電力はアミタグループ社員・家族対象の「あみ電手当」の新たな指定会社に。CO2ゼロの自然エネルギーで地球温暖化防止に貢献します。