コンセントで消費電力の値やグラフをスマホでチェック、リアルタイムの測定結果を保存できるBluetooth ワットチェッカーを発売

ラトックシステム株式会社(本社:大阪府、代表取締役 近藤正和、以下「ラトックシステム」)は、消費電力などを計測してスマートフォンやタブレットの画面に表示するBluetoothワットチェッカー「RS-BTWATTCH2」 を2020年9月上旬より出荷開始いたします。

 

製品名 型番 価格 出荷日

Bluetooth

ワットチェッカー

RS-BTWATTCH2 ¥6,800(税別)
¥7,480(税込)
2020年
9月上旬


Bluetooth ワットチェッカーは、直接コンセントに挿すだけで簡単に設置できる電力計です。
大変ご好評をいただいた「REX-BTWATTCH1」の後継機で、前モデルの機能を継承しつつ、小型化および新機能を追加いたしました。また、サイズも前モデルの約95×55×37mm(約110g)から、約68×52×34.5mm(約75g)へ小型・軽量化を実現いたしました。

 

家庭のパソコンや最新のゲーム機、そのた家電製品など測定したい機器の電源プラグを本製品に接続して、消費電流・電圧・消費電力などを簡単に計測できます。

 

本製品を使用することで計測できるデータは、消費電力(W)のほか、電圧(V)、電流(mA/A)、消費電力量(Wh/kWh)、計測経 過時間(日/時/分)の5種類。 また、それらの値からCO2排出量や電気料金のデータを算出することが可能です。

ワットチェッカーには、使用している機器の電力の1秒ごとの計測データを記録することのできるリアルタイム計測機能を搭載。たとえば、エアコンの動作による電力消費の違いや電源のON/待機時の電力差、時間経過とともに変化する電力量などを数字やグラフを通して確認したり、それらのデータを保存することができます。

また、本製品には(日・時・分)/毎での記録を本体メモリーに保存が可能。
日計算で約50ヶ月分の消費電力量を保存でき、累積データ表示の1ヶ月をグラフでさかのぼって確認できます。本製品をコンセントから抜いても、消費電力量・測定日データは保持されます。

累積データ(消費電力量)データはCSV形式で保存し、メール転送も可能。
Excelなどを使ってパソコンでのデータ管理にもご活用いただけます。

本製品の専用アプリを使用することで、スマートフォンから電力供給をOFFしたり、またONに することも可能です。アプリを使ってワットチェッカーの電源をOFFにすることで、消し忘れの防止や主電源がない家電の電源OFFにも役立ちます。

 


■RS-BTWATTCH2(Bluetoothワットチェッカー)
【特徴一覧】
  • 電気製品の消費電力をコンセントで測定
  • 測定データはスマートフォンに表示
  • 消費電力やCO2排出量など7種類のデータを表示
  • 専用アプリで測定データや累計のグラフを表示
  • 約50ヶ月分(日換算)の消費電力量を本体に保存
  • 電力消費のリアルタイム計測機能を搭載
  • スマートフォンから電源のON/OFFが可能
  • 測定データをCSVファイルに書き出し可能
  • 本製品を最大4台まで同時接続可能
  • 接続した家電を雷サージから守る「雷ガード」機能
  • 100V/15A、1500Wまでの家電を接続可能
【対応機器・OS】
Bluetoothを搭載したスマートフォン・タブレット・パソコン
●iOS 12.0以降の iPhone, iPad
●Android 6.0以降の スマートフォン・タブレット
 
【製品情報URL】
https://www.ratocsystems.com/products/subpage/btwattch2.html


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ラトックシステム株式会社 >
  3. コンセントで消費電力の値やグラフをスマホでチェック、リアルタイムの測定結果を保存できるBluetooth ワットチェッカーを発売