【東京MaaSミーティング:伊倉×佐々木】「技術革新で予測不能時代到来!社会に対応する変化戦略から生まれる新潮流」| 東京モーターショー2019 カートラエリア Carstayブースにて開催

東京MaaSミーティング詳細:http://www.finepiece.jp/tmm/

Guest Speaker
株式会社 アドガレージ 代表取締役 伊倉 大介 氏(https://adgarage.jp/
有限会社 ジェットストローク 代表者 佐々木 裕一 氏(https://jetstroke.com/
トークセッション動画:https://www.youtube.com/playlist?list=PLPwQQBmQ_oSeyclz-5iX0ka4WYSqXis8c

https://youtu.be/neQoxF37QFY
 

東京MaaSミーティング #1(https://youtu.be/C_o8zNbf1bI

東京MaaSミーティング #3 (https://youtu.be/TO0yz_8mqOg )

ファインピース株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:木下 寛士)では、「人生に自由を、仕事に創造性を。」というコンセプトのもとMaaSモビリティ革命への挑戦を応援しており、Carstay株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮下 晃樹、カートラブース出展)の協賛企画を東京モーターショー(https://www.tokyo-motorshow.com/ )にて開催する。

その一環として、プレスデーの24日(木)には、「OPEN FUTURE/業界の枠を越え、オールインダストリーで未来を開く新たなモーターショーの幕開け」という東京モーターショーのコンセプトに合わせ、1Dayトークセッション「第1回 東京MaaSミーティング2019(詳細:http://www.finepiece.jp/tmm/ )」を各界のゲストスピーカーを招き、YouYubeを中心としたSNSによって配信することを予定している。

東京MaaSミーティング - 会場:東京モーターショーカートラエリア OPEN ROAD東京MaaSミーティング - 会場:東京モーターショーカートラエリア OPEN ROAD

今回目玉としては、大手MaaS企業とカーメンテ業界の架け橋や、海外人材の受け入れプロジェクトを推進している株式会社 アドガレージ(本社:東京都目黒区、https://adgarage.jp/ )代表取締役の伊倉 大介氏と、カンブリア宮殿に出演するなどカスタムカー業界の雄として数々の賞を受賞し、これまでに培った技術を社会貢献事業へ転用する挑戦も始めている有限会社 ジェットストローク(本社:千葉県鎌ヶ谷市、https://jetstroke.com/ )の代表 佐々木 裕一氏をゲストスピーカーとして招いたトークセッションがあげられる。

当日のセッションテーマは「予測不能時代到来、社会に対応する変化戦略から生まれる新潮流」で、下記のような内容を中心としたディスカッションを予定している。

1. カスタム・板金塗装業界の存続と確変への挑戦(技術転用・海外展開)
2. 人口減少・超少子高齢社会の課題解決に向けた海外人材との共生推進への挑戦(海外人材・IT活用)
3. MaaS時代に寄せて
※セッションテーマ・登壇者は当日変更になることがあります。
 

https://youtu.be/Ca0yNXfVVNg
 
  • FEATURED SPEAKER 伊倉 大介(株式会社 アドガレージ 代表取締役)

伊倉 大介(株式会社 アドガレージ 代表取締役)伊倉 大介(株式会社 アドガレージ 代表取締役)

・ 有限会社 伊倉鈑金塗装工業 代表取締役
・ 株式会社 アドガレージ 代表取締役
・ 異業種交流会 凛 元会長
・ 異業種交流会 次世代経営塾 副会長
・目黒区立下目黒小学校PTA会長
・目黒不動商店街振興組合 理事
・ 東京都車体整備協同組合 理事
・日車協連青年部会 副部会長

 

株式会社アドガレージ 受賞実績
・IT経営力大賞(経済産業省:2012年10月)
・IT経営力大賞(経済産業省:2012年2月)

メディア掲載実績
・ペイント&コーティングジャーナル:連作「実践ボディショップマネージメント(全23回)」
・東京商工会議所:業績向上へのIT活用ガイドブック「製品・サービスのPR力を上げる」
・ボディーショップレポート「Facebookが会社を変える!」
・ペイント&コーティングジャーナル「同業者によるBP支援事業を開始」
・月刊 オートアフターマーケット「鈑金塗装工場の勝ち残り戦略」
・リペアテック「丸ごと全部マスキング」
・日経産業新聞「ネットの力:第3部 冒険者たち:成熟産業に新たな鉱脈」
・月刊 整備戦略「整備関連トップに聞く ネット集約と顧客対応のコンサル事業を計画」
・ペイント&コーティングジャーナル「直需98%、サービス力を高める組織作り」
・ボディーショップレポート「成長するボディーショップの課題と展望は」

株式会社 アドガレージ株式会社 アドガレージ

講演実績
・2013年度 年間講演件数:19件(各県 自動車車体整備協同組合主催セミナー 他)

経歴

伊倉 大介(株式会社 アドガレージ 代表取締役)伊倉 大介(株式会社 アドガレージ 代表取締役)

東京目黒にて板金塗装業を営む父の元に生まれ育つ 。
1997年8月、創業者である父より、有限会社伊倉鈑金塗装工業を21歳で事業承継。
承継後は、異業種交流会や各セミナー・研修等で社会的視野を広げつつ、板金塗装工場経営に必要な知識を学び、実践していく。それにより、商圏分析を踏まえたインターネット集客、理念浸透型ビジョン経営による会社組織の軸づくり・目標設定を中心とした取組により、社員を3人から11人へ、売上を25倍へ成長させつつ、下請け80から直需95への転換を実現。工場経営に必要なノウハウを構築する。
事業承継以前は父の仕事である板金塗装業に対しての印象が悪く、全く引き継ぐ思いがない中、大学に通いながら税理士試験に向けての専門学校に通う。しかし、大学4年在学時、父の急死により、突然、家業である板金塗装工場の経営者となる。
その後、実際に会社を経営、現場作業に触れる中で、仕事に対する想いが強く高い技術力が必要な業界である事を思い知らされることとなる。
そして現在、「自分が幼いころに経験した板金塗装業に対する思いを、若い世代にはさせたくない」「若い世代が板金塗装業に魅力を感じながら技術を守ってもらいたい」という想いから、業界団体「自動車車体整備協同組合」の活動に参加。
30代・40代を中心とした青年部を中心に、日本全国の同業者とともに業界の維持・発展のために具体的な取組をはじめている。
2011年9月、自動車板金塗装業に特化したコンサルティング会社、株式会社アドガレージ設立。日本中の「強い想いと卓越した技術」をもった板金塗装工場の経営改善を目的にした事業を始める。
2012年8月に第2工場新設。2012年5月より、ペイントコーティングジャーナル紙にて「実践ボディーショップマネジメント」連載開始。

外国人人材管理の総合クラウドプラットフォーム「イツザイ」

外国人人材管理の総合クラウドプラットフォーム「イツザイ」外国人人材管理の総合クラウドプラットフォーム「イツザイ」

アドガレージでは現在、外国人受入・管理についての取り組みを進めている。
その中でも開発中の「イツザイ」というEラーニング・人材管理アプリは、実習生制度を始めとした外国人人材受け入れ制度に対しての支援役として活用できる。

業務内容
・板金塗装工場への集客支援
・板金塗装工場への直需体制化支援
・板金塗装工場への経営体質改善支援
・上記サービスのカーアフターマーケットに関わる会社への提供

株式会社 アドガレージ
代表取締役:伊倉 大介
住所:〒153-0064 東京都目黒区下目黒3-8-7
TEL:03-3713-7520 / FAX:03-3713-7220
公式サイト:https://adgarage.jp/
公式Facebook:https://www.facebook.com/adgaragepartner
 
  • FEATURED SPEAKER 佐々木 裕一(有限会社 ジェットストローク 代表)

佐々木 裕一(有限会社 ジェットストローク 代表)佐々木 裕一(有限会社 ジェットストローク 代表)

経歴

佐々木 裕一(有限会社 ジェットストローク 代表)佐々木 裕一(有限会社 ジェットストローク 代表)

ブロックで車やロボットを作って遊んでは、時に色えんぴつで完成図を書き起こし、ブロックの構成や強度を考えながら組み立てるなど、技術者としての頭角を現し始めた幼少時代を経て、16歳のときに見た先輩のバイクに大きな憧れを抱き、自動車業界へと足を踏み入れる。

高校3年間のバイト代の総額200万円全てをバイクにつぎ込む熱の入れようで、地元では知らないものがいないほど有名な存在となった。その後、大学からの推薦を全て断り、迷わず念願であった車の世界へ。カスタム職人になることを夢見て、修業に明け暮れる。

2002年、22歳で自動車のカスタマイズがメインの事業、有限会社ジェットストロークを設立。 渡米した際に、年齢に関係なく家族で愛車のカスタムを楽しむアメリカのカーカルチャーを目の当たりにし、全く新しい、 誰もが自由に車を楽しめる日本一のカーショップを作ろうと決意。生徒会長やバイクチームで培ったリーダーとしての才能と、周囲を凌駕する知識と匠の技術で、事業は勢いよく発展していく。そんな中、社員が一気に離れて行ってしまうという事態を経験。ここから自身の、組織強化や、経営戦略について学びの日々がスタート。
 

阪神タイガースのリリーフカー設計・製造受注阪神タイガースのリリーフカー設計・製造受注

ひょんなことからカンブリア宮殿へ出演することが決まり、当時日本マクドナルドホールディング株式会社のCEOであった原田泳幸氏からの直接指導を受けることに。それをきっかけに、今までのワンマン経営から、チーム型の経営へと大きく舵をきる。

職人たちのための最高の環境をつくると共に、最強の職人集団を目指すと志を新たにした。理念を明確にし、社員を家族と認識することで、一人ひとりと本気で向き合い、唯一無二の組織を作り上げることに成功。その進化は、今もなお止まることを知らない。
 

クラリオン社のコンセプトカー設計・製造クラリオン社のコンセプトカー設計・製造

『すべての車好きの笑顔のために』をモットーに、子供から大人まで参加できるカーカルチャーイベントも多数開催。自身も得意のMCで会場を盛り上げる。毎年30万人以上が来場する、日本最大級のカーショー・東京オートサロンでも三度の最優秀賞受賞を経験。(内二度は製作店として)

また、ビジネスパーソン達に、職場における相互コミュニケーションの重要性を深く理解してもらうため、その基盤づくりを、肩書や役職など関係のない、「反応が純粋な子供」と関わることで会得しようと思い立つ。しがらみなく自分を試せる場所をと考え、小学校や支援施設などで紙芝居師として活動し、子供達との対話の中から話し方やコミュニケーションを研鑽。その躍進の足取りに、チームビルドや経営戦略についての講演依頼も後を絶たない。

2013年より国内初の塗ってはがせる塗料、ラバーディップの開発を開始。2015年より、決められた代理店しか取り扱えないというプレミアムな規定を設け、全国展開。約100社のネットワークを構築。鈑金塗装職人の新たなサービス確立と、車業界全体の盛り上がりを取り戻すため力を注いでいる。また、2019年には初のFC店を関西に展開予定。今後は、学生に向けたカスタマイズアカデミーの創立も目指している。晩年期には完全無報酬のコンサルタントとして全国を駆け回りたいという夢を掲げ、一瞬一瞬を本気で、未来に向かい歩んでいる。
(参照元:https://japan.jetstroke.com/sasakiyuitchi/

[モーターエンターテイメントカンパニー]ジェットストローク[モーターエンターテイメントカンパニー]ジェットストローク

近年の取り組み
TOHOシネマズ「ワイルドスピード」とのコラボ
TOHOシネマズ(ワイルドスピード)とコラボし、大型ショッピングモール内で実際に映画のプロモーションに使われた車にラバーディップ(色替え)とSPPF(透明)を施して、市民の皆様と剥がして遊ぶ体験イベントを開催。

TOHOシネマズ「ワイルドスピード」とのコラボTOHOシネマズ「ワイルドスピード」とのコラボ

TOHOシネマズ「ワイルドスピード」とのコラボTOHOシネマズ「ワイルドスピード」とのコラボ



ベトナムの大学での講演
日本人技術者を現地に派遣するビジネスを企画中。

ベトナムの大学での講演(技術者派遣ビジネスを企画中)ベトナムの大学での講演(技術者派遣ビジネスを企画中)

ベトナムの大学での講演(技術者派遣ビジネスを企画中)ベトナムの大学での講演(技術者派遣ビジネスを企画中)


デッサンから製造まで、車一台を丸ごと創る

デッサンから製造まで、車一台を丸ごと創るデッサンから製造まで、車一台を丸ごと創る

ケアサス(鎌ヶ谷市ベンチャー助成金-プレゼン資料)
「経営革新事業認定」と「モノヅクリ補助金」各二回の通過実績あり。

ケアサス(お年寄りのもっと外に出たいを支援)ケアサス(お年寄りのもっと外に出たいを支援)

受賞歴
東京オートサロン2011 最優秀賞獲得 (自社出展)
東京オートサロン2012 最優秀賞 車両製作担当
東京オートサロン2016 最優秀賞 車両製作担当
東京オートサロン2017 優秀賞 車両製作担当

関連サイト
ラバーディップ https://rubberdip.jp/
SPPF https://sppf.rubberdip.jp/
クルマド https://kurumado-group.com/
ジェットコンセプト https://www.jet-concept.jp/
エフェクター https://effecter.jp/
メッサー https://messer-wheels.jp/
R3 https://r3-wheels.jp/
ジェットプロモーション https://jet-promotion.net/
ジェットストア https://jetstore.jp/
東京モーターコレクション https://jetstroke.com/lp/tokyo-motor-collection/
めちゃすけ https://www.mechasuke.com/
三代目Jスチームポット https://jetstore.jp/jsp/index.html

有限会社 ジェットストローク
代表者:佐々木 裕一
所在地:千葉県鎌ヶ谷市初富178-2
Tel:047-446-5557
Fax:047-446-5552
https://www.jetstroke.com
 
  • 主なYouTube配信チャンネル
HonjyoCHANNEL:https://www.youtube.com/user/Honjyo086
Fine Piece:http://www.youtube.com/channel/UCw92VlpNJ2pBbrMDqbLRL8g?sub_confirmation=1
とうちゃんはテンネンパーマ:https://www.youtube.com/user/masatoikebe

YouTubeチャンネル - 東京モーターショー Carstayブースから東京MaaSミーティングを配信YouTubeチャンネル - 東京モーターショー Carstayブースから東京MaaSミーティングを配信

 
  • スペシャルゲスト 野村日香理さん

https://youtu.be/pkGDP0iqaeI

「東京MaaSミーティング」詳細情報
詳細:http://www.finepiece.jp/tmm/ 
会場:東京モーターショー2019 OPEN ROAD カートラエリア Carstayブース
(東京ビッグサイト シンボルプロムナード公園)
日程:2019年10月24日(プレスデー)
 
ファインピース株式会社
本社:〒812-0892 福岡県福岡市博多区東那珂1丁目18番27号2F
東京オフィス:〒160-0022 東京都新宿区新宿5丁目15-14 INBOUND LEAGUE
公式サイト:http://www.finepiece.jp/
公式Facebook:https://www.facebook.com/FinePieceJP/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ファインピース / Fine Piece >
  3. 【東京MaaSミーティング:伊倉×佐々木】「技術革新で予測不能時代到来!社会に対応する変化戦略から生まれる新潮流」| 東京モーターショー2019 カートラエリア Carstayブースにて開催