電動工具ブランド「HiKOKI(ハイコーキ)」日本最大級の工具・作業服・安全用品などの専門展「第11回 ツール ジャパン」に出展話題の新製品 コードレス冷温庫UL 18DBも体験できる

◆日時:2021年10月13日(水) ~15日(金) 10:00~17:00 ◆:幕張メッセ 5番ホール(小間番号:16-6)

 工機ホールディングスジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 吉田智彦)は、2021年10月13日(水)~15日(金)に開催される、日本最大級の工具・作業服・安全用品などの専門展「第11回 ツール ジャパン」にて、電動工具ブランド「HiKOKI(ハイコーキ)」の製品を出展します。
 「ツール ジャパン」は、“職人向け”プロツールの展示会で、建築・大工・整備・園芸に関する世界中の道具や工具、作業用品が一堂に集まります。工具店、ホームセンターや園芸店、金物店などの小売店や卸売業者はもちろん、プロユーザーも多数来場します。昨年は出展社250社、来場者23,175人※1と大盛況に終わり、今年はプロ向け・DIY向け製品150社が出展し、実際に製品を『見て』『触れて』『試す』ことができます。
※1同時開催展(農業Week、国際ガーデンEXPO)を含む。

 今回、HiKOKIブースでは、ご来場者のお客さまとの「接点」をテーマにプロ用工具・園芸工具を中心に約200製品の電動工具を展示します。コードレスの機動性にパワフルさを兼ね備えたマルチボルトシリーズを中心に、プロ用電動工具、園芸工具、DIY工具をご紹介します。さらに、2021年6月15日(火)に発売したコードレス冷温庫UL 18DBなど注目の製品を手に取って試していただける「デモブース」もご用意しています。

 是非この機会に、世界中のプロから愛用されているHiKOKIの電動工具が実現する、プロのための「極上」の製品をお試しください。

<体験できる主な製品>

●18Vコードレス冷温庫 UL 18DB
 業界初※2「2部屋モード」を搭載し、冷蔵と冷凍が同時にできます※3。また、17段階(-18℃、または-15~60℃の5℃単位)で温度設定でき、冷凍から保冷、保温まで幅広く細かな温度調節が可能です。
※2 2021年5月現在。国内電動工具メーカーにおいて(当社調べ) (コードレス冷温庫)
※3 最大設定温度差は30℃です。
*製品URL: https://www.hikoki-powertools.jp/products/powertools/li-ion-other/ul18db/ul18db.html
 

●36Vコードレスインパクトドライバ WH 36DC
 トリガーフィーリング(操作感)※4と外観デザインを自分の好みやスタイルに合わせてカスタマイズでき、日頃の使い慣れた操作感で使用することや、作業シーンに合わせた最適なモードで操作することが可能です。2021年6月18日(金)の仕様追加で標準付属となった「力こぶビット[スレンダータイプ](85L)」も体験できます。
※4 Bluetooth®機能搭載のマルチボルト蓄電池と「HiKOKI TOOLS」アプリのダウンロード(無料)が必要です。Bluetooth®とそのロゴマークはBluetooth SIG,INC.の商標です。
*製品URL: https://www.hikoki-powertools.jp/products/powertools/li-ion-drill/wh36dc/wh36dc.html
*プレスリリースURL: https://www.koki-holdings.co.jp/ir/newsrelease/2020/20201001.pdf
 

●36Vコードレス丸のこ C 3606DA(SK)
 クラス最速※5の切断スピードとクラス最大※5の粘り強さで快適な作業を実現します。“鋭い切れ味”が“長続き”するチップソー BLACKシリーズ「黒鯱」を標準付属して、より使いやすくなりました。
※5 2017年7月現在。国内電動工具メーカーにおいて(当社調べ)(のこ刃外径165mmコードレス丸のこ)
*製品URL: https://www.hikoki-powertools.jp/products/powertools/li-ion-cutter/c3606da/c3606da.html
 

<第11回 ツール ジャパン 概要>
◆名称:第11回 ツール ジャパン
◆日程:2021年10月13日(水)~15日(金)
◆時間:10:00~17:00まで
◆会場:幕張メッセ
◆入場料:5,000円(税込) ※公式Webサイトより無料招待券入手可能
◆主催:RX Japan株式会社 (旧社名: リード エグジビション ジャパン)
*詳細は下記URLの公式Webサイトをご参照ください。
 https://www.tooljapan.jp/ja-jp.html

<出展概要>
◆内容: ブース出展
◆場所: 5番ホール 小間番号16-6
◆面積: 64.8㎡
◆内容: ・プロ用工具・園芸工具を中心に約200製品を展示
     ・製品を手に取って試せるデモコーナー

 工機ホールディングスジャパンは、お客さまの視点に立ったより良い製品の開発とサービスの開発に努め、販売店さまおよびお客さまへの信頼にこたえて参ります。 

<ご参考>

「マルチボルト蓄電池」について
 2017年8月に誕生した当社独自のリチウムイオン電池「マルチボルト蓄電池」は、大容量と高出力によりAC100Vの電動工具に匹敵するパワフルさを実現しており、これまでコードレス工具で同時に兼ね備えることが困難とされてきた課題「ハンディかつパワフル」を実現する製品です。

 18Vと36Vの互換性があり※6、当該電池を電動工具本体に装着するだけで自動的に電圧を切り替える(36V⇔18V)ことができる画期的な新技術を導入しています。パワフルな仕事から気軽に使えるものまで、お客さまの様々な仕事に対応できるシリーズが合計138モデルも揃っています※7。
 さらに、お買い上げ日から2年間または充電回数1,500回(BSL 3660は1,000回)以内の範囲で保証しています。(ただし、いずれか先に到達するまでの期間。取扱説明書に従った正常なご使用状態で故障した場合)
※6 一部ご使用いただけない製品があります。
※7 2021年3月時点。36V製品群63モデル、工具・サポートツールなどの18V製品群75モデル、合計138モデル。
 

電動工具の日
 2018年より、10月1日は「電動工具の日」である、と一般社団法人日本記念日協会によって認定されました。十月一日はプラスとマイナスドライバ、10月1日はイチとゼロでスイッチを意味し、電動+工具の記念日にふさわしいとされました。「HiKOKI」(ハイコーキ)ブランド要諦発表の日が電動工具の日になったことを歴史に刻み、業界発展のためにさらなる貢献をしてまいります。 

工機ホールディングス株式会社について
 工機ホールディングス株式会社は、ドライバ、ドリルなど約1,300 機種の電動工具、釘打機などの空気工具、刈払機や植木バリカンなどの園芸工具、クリーナや高圧洗浄機などの家庭用電化製品群を製造販売するリーディングカンパニーの一つです。
 70 年の歴史に裏打ちされた高い信頼性と世界最高水準の技術力を誇り、日本はもとより、欧州、米州、アジア、オセアニア、中近東、アフリカにおよぶ世界95ヵ国に販売拠点を持ち、グローバルに事業を展開しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 工機ホールディングス株式会社 >
  3. 電動工具ブランド「HiKOKI(ハイコーキ)」日本最大級の工具・作業服・安全用品などの専門展「第11回 ツール ジャパン」に出展話題の新製品 コードレス冷温庫UL 18DBも体験できる