日本の「はんこ文化」を守りたい。ECOフレンドリーな現代のはんこを海外にも届ける越境クラウドファンディングがスタート。

はんこ屋LOHASとJapan Tomorrowがタッグを組み、1,000年以上の歴史を持つはんこ文化の発展に挑戦。

株式会社MATCHA(本社:東京都台東区、代表取締役社長:青木優)が運営する越境クラウドファンディング「Japan Tomorrow」にて、4月13日からはんこ屋LOHASによる新たなプロジェクトが開始しました。

2021年4月13日より、自然環境を意識したECO素材を使ったはんこを提供する「はんこ屋LOHAS」が越境クラウドファンディングJapan Tomorrowで、日本のはんこ文化を守り、世界に発信するプロジェクトを開始しました。

 


■プロジェクト概要
現在日本では1,000年以上もの間はんこ文化が大切に受け継がれてきました。一方、現在ペーパーレス化が国内で加速する中で、はんこそのものを省略していこうという動きが出てきていることも事実です。
このような状況の中で、今までの身分証明や仕事を進めるためのアイテムではなく、【お友達へのプレゼント】【お祝い】【日本の旅行土産】【開運アイテム】などこれまでとはまた違ったはんこの魅力を発信し、世界へ届けることを目指します。

■プロジェクト開催期間
2021年4月13日~7月31日

■リワードの種類(一部抜粋)
日本文化である名前入り判子(15mm)とケース・朱肉付きセット 8,500円~

今回リワードとして用意するのは、はんこ自体の素材を複数から選べる特別セット。特典として判子ケースと朱肉がつく実用的な内容です。英語表記での作成は勿論ですが、日本の漢字やカタカナ・ひらがなに変換して作成して欲しいというご要望にも対応可能です。外国の方に日本の良さをお伝えするツールとして、はんこに日本の風景などを彫刻したものもご用意しています。

ご支援のほど、どうぞよろしくお願い致します。
 
  • 越境クラウドファンディング「Japan Tomorrow」とは

越境クラウドファンディング「Japan Tomorrow」は訪日外国人向けWEBメディア「MATCHA」が運営する多言語対応のクラウドファンディングサービスです。
日本語、英語、中国語繁体字、タイ語の4か国語に対応しており、これから日本に来たいと思っている海外の方に向けて、訪日前に事前に宿泊券や体験を販売することが出来ると同時に、観光地も訪日客へプロモーションすることが可能です。

現在「Japan Tomorrow」では起案者を募集しております。ご気軽にご連絡ください。

■Japan Tomorrowに関するお問い合わせ
 japantomorrow@matcha-jp.com

■Japan Tomorrowサービス概要
https://japantomorrow-jp.matcha-jp.com/about

■Japan Tomorrow成功事例特集(note)
https://note.com/matcha/m/m03542ffeff03

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社MATCHA >
  3. 日本の「はんこ文化」を守りたい。ECOフレンドリーな現代のはんこを海外にも届ける越境クラウドファンディングがスタート。