「新宿みやざき館KONNE(コンネ)」内に本格和食レストラン「くわんね」平成30年4月末誕生

- 食体験を通して出逢える“日本のひなた”宮崎県 -

【リリースサマリー】
・宮崎県のアンテナショップ「新宿みやざき館KONNE(コンネ)」内に本格和食レストランが平成30年4月末誕生
・食体験を通して宮崎県の魅力をご体感頂けるレストラン
・物品販売&軽食提供中心のアンテナショップから郷土食材を用いた本格レストラン併設型アンテナショップが増加
 株式会社エー・ピーカンパニー(本社:東京都港区、代表取締役社長:米山久)は、現在改装工事を実施している宮崎県首都圏情報発信拠点「新宿みやざき館 KONNE(コンネ)」2階に、宮崎の海、山、畑で育った郷土食材を用いた本格和食レストラン「くわんね」をオープン致します。
 尚、本件に関する席数、提​供メニュー、オープン日等の詳細に関しては後日改めてご連絡させて頂きます。

[現在施工中の店内イメージ図]     [現在施工中の店内イメージ図]

■ 変わるアンテナショップの“役割”と“見せ方” ■
近年の自治体アンテナショップは、これまでの観光物産品の販売や案内所としての役割に加え、郷土食材を用いた本格レストランをアンテナショップに併設することで、「食体験」を通した魅力発信を行っております。

 

この度、「新宿みやざき館KONNE」2階に開店する本格和食レストラン「くわんね」は、当社が運営する「宮崎県日南市『塚田農場』」や「四十八漁場」などで使用し、当社が10年間の歳月をかけて築いた宮崎県の農家、畜産家、漁師等の関係性を活かして発掘した“生産者の顔が見える自慢の宮崎食材”を本格和食としてお客様にご提供すると共に、「食体験」を通して宮崎県の魅力を伝えてまいります。​

   [本格和食レストラン「くわんね」ロゴ]   [本格和食レストラン「くわんね」ロゴ]

【「株式会社エー・ピーカンパニー」について】
株式会社エー・ピーカンパニーは、宮崎県、鹿児島県、北海道に地鶏を育てる自社養鶏場を保有すると共に、大規模流通されない地場の魅力ある食材を生産地ネットワークを活かして「塚田農場」ブランド、「四十八(よんぱち)漁場」ブランド等で提供しております。また、「四十八漁場」ブランドでは、日本全国50前後の浜との直接取引を通して、漁師町で味わえる高鮮度の魚をご提供しております。

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エー・ピーカンパニー >
  3.  「新宿みやざき館KONNE(コンネ)」内に本格和食レストラン「くわんね」平成30年4月末誕生