『ホテルJALシティバンコク』2020年春 リブランドオープン

~グループとしてタイ王国に4軒目、ホテルJALシティブランドとしては海外初のホテル~

株式会社ホテルオークラ(本社:東京都港区、代表取締役社長:荻田 敏宏)の子会社でホテル運営会社である株式会社オークラ ニッコー ホテルマネジメント(本社:東京都港区、代表取締役社長:マルセル・ファン・アルスト)は、Grand Tower Enterprise Co., Ltd.(本社:タイ王国・バンコク、 President :Dejo Eamsherangkul)と同社が所有するホテルに関する運営管理契約を2019年11月15日に締結しました。
同ホテルは、現在、Hotel Verve Bangkokとして営業しておりますが、『ホテルJALシティバンコク』にリブランドし、株式会社オークラ ニッコー ホテルマネジメントが2020年春より運営する予定です。

(右)Grand Tower Enterprise Co., Ltd. Director Wisit Eamsherangkoon (中央)Grand Tower Enterprise Co., Ltd. President Dejo Eamsherang(右)Grand Tower Enterprise Co., Ltd. Director Wisit Eamsherangkoon (中央)Grand Tower Enterprise Co., Ltd. President Dejo Eamsherang


 『ホテルJALシティバンコク』は、2019年1月に開業しました「ホテル・ニッコー・バンコク」に隣接し、BTSスカイトレインのトンロー駅より徒歩約3分の好立地に位置しています。
 トンローはバンコクの都心エリアであるワッタナー区にある「スクンビット・ソイ55(通称:トンロー通り)」周辺の南北に延びた地域を指し、古くから多くの日本人や外国人駐在員、タイの富裕層が居住するエリアです。
周辺には、バイテック(BITEC)やクイーン・シリキット・ナショナル・コンベンション・センター(QSNCC)、多国籍のレストラン、バー、近年、注目されているコミュニティー型のモールや国際病院があり、ビジネスの拠点としてだけではなく、レジャーとしても人気の高い場所です。
 『ホテルJALシティバンコク』は、標準客室面積約26㎡、324室の客室、オールデイダイニング、2つの会議室を擁しています。
 客室のバスルームは全室バスタブを完備し、シックで落ち着いた雰囲気となっております。シャワーブースとトイレが分かれたバスルームが特徴となる56㎡のゆったりとした客室も用意しており、ご滞在目的に合わせてお選びいただけます。
 2階にあるオールデイダイニングでは、朝早いご出発のお客様の利便性を考え、朝食を朝5時から提供いたします。また、『ホテルJALシティバンコク』にご宿泊のお客様は隣接する「ホテル・ニッコー・バンコク」のスイミングプールをご利用いただけます。
 

ロビーロビー

 当ホテルは、ホテルJALシティブランドとして海外における初めてのホテルとなります。「オークラ プレステージバンコク」(2012年開業)、「ホテル・ニッコー・バンコク」(2019年開業)、「ホテル・ニッコー・アマタシティ チョンブリ」(2021年開業予定)に続き、オークラ ニッコー ホテルマネジメントにて運営する4軒目となるホテルです。


【ホテルJALシティバンコク 施設概要】
所在地 : 22-1 Sukhumvit55 Klongtunnua Wadhana, Bangkok, Thailand
延床面積 : 16,782㎡
階数 : 地上17階
客室数 : 324室
施設 : オールデイダイニング(148席)、会議室(82.5㎡、27.0㎡)
アクセス : BTSスカイトレインのトンロー駅より徒歩約3分

<Grand Tower Enterprise Co., Ltd.会社概要>
「Grand Tower Enterprise」(設立1981年)は、ホテルJALシティバンコクを経営するホテル事業会社。『ホテルJALシティバンコク』を含め3軒のホテルの所有経営を行っている。このほかグループ会社には、ホテル・ニッコー・バンコクのホテル事業会社である「Aspire Enterprise Co., Ltd.」、タイ国内及びバンコク市内においてタクシー事業を行う「Howa International Group」、レンタカー事業を行う「Bell  Car  Rental & Leasing」、リムジンサービスを行う「Bell Transport」のほか、病院事業を行う「Mahachai Group」(タイ証券取引所に上場)がある。

<株式会社ホテルオークラ / 株式会社オークラニッコーホテルマネジメント 会社概要>
株式会社ホテルオークラは1958年に設立、1962年にフラッグシップホテルである『ホテルオークラ東京』を開業し、その本館は、2019年9月に4年の建替え期間を経て『The Okura Tokyo』に生まれ変わりました。資本金30億円、「Best A.C.S.」(A:Accommodation、C:Cuisine、S:Service=最高の設備、最高の料理、最高のサービス)を企業理念とし、現在では、ホテル事業の開発、ホテル資産の保有をはじめ、子会社・関連会社を通じて、宿泊・飲食事業の経営、ホテルチェーン運営等、幅広く事業展開しています。
株式会社ホテルオークラは、日本国内だけではなく海外の国々と質の高いグローバル・ネットワークを築いてきました。日本文化のきめ細かな心くばりとヨーロッパやアメリカの機能性を融合させた「オークラ」のおもてなしは、世界中の皆様にくつろぎと快適な空間と時間を提供いたします。
また、1962年に開業したホテルオークラ東京本館を建替え、新たなフラッグシップホテル「The Okura Tokyo」を2019年9月に開業しました。

株式会社ホテルオークラの子会社である株式会社オークラ ニッコー ホテルマネジメントでは、「オークラ ホテルズ & リゾーツ」「ニッコー・ホテルズ・インターナショナル」「ホテル JAL シティ」の3つのグループを運営しており、現在、国内48、海外25の合計73ホテル、総客室数22,788室を展開しています。
(2019年12月1日現在)

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ホテルJALシティ >
  3. 『ホテルJALシティバンコク』2020年春 リブランドオープン