「Pure wellness room」を「コンラッド東京」に導入 首都圏の最上級ラグジュアリーホテルで初

「空気を選ぶ」というニューノーマルに合わせたホテルの新しいホスピタリティを提案

森トラスト株式会社(本社:東京都港区 社長:伊達 美和子 以下、森トラスト)は、権威ある米国の旅行誌「コンデナスト・トラベラー」の「リーダーズ・チョイス・アワード」での上位入賞など、数々の世界的なホテルアワードを受賞している東京都心の外資系ラグジュアリーホテル「コンラッド東京」に、7つのステップで包括的に室内環境を清浄化するプログラム「Pure wellness room」(以下、本プログラム)を導入しました。最上級ラグジュアリーホテルへの導入としては、昨年10月に導入した「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都」に続き2軒目となり、首都圏にある外資系ラグジュアリーホテルでの導入事例としては初となります。

 


当社はこれまでに「東京マリオットホテル」や「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都」をはじめとした計4軒のホテルと、オフィスや保育施設等に本プログラムを導入しています。さらに2020年12月には、日本最大級の人間ドック・検診予約サイトを運営するマーソ株式会社と販売代理契約を締結し、全国の医療機関に対して本プログラムの販売を行っています。

新型コロナウイルス感染拡大により安心安全な空気環境への社会的関心が高まる中、部屋や食事を選ぶように「空気を選ぶ」という選択肢はニーズが高まると予想されます。今後も高級ホテルを始めとした様々な宿泊施設に対し、ニューノーマルにおけるホスピタリティの一つとして本プログラムを提案することで、新しい時代の安心安全な滞在環境の普及促進を図っていきます。

森トラストは、コーポレートスローガン「Create the Future」のもと、今後も新たな時代のニーズに柔軟な発想とアプローチで対応し、既存のビジネスに捉われない未来を見据えた新しい事業を創出して、社会課題の解決を目指してまいります。

【コンラッド東京 コメント】総支配人  ニール・マッキネス氏
新衛生基準の重要性が高まる中で、ホテルのゲストルームにおいても身体に良いもの(きれいな空気)を選択肢の一つとして提供するべく「Pure wellness room」を導入しました。コンラッド東京では、引き続きお客様に安心・安全な滞在、そして思い出に残るラグジュアリーな体験をお届けしてまいります。

 ■    Pure wellness room 概要
森トラストは、米国のPure Solutions LLC(以下、Pure社)と、包括的なプロセスで室内環境を清浄化しクリアな状態を維持する本プログラムの日本独占販売店契約を昨年10月29日に締結し、今般高まりを見せているクリーンな空気環境の実現という社会的ニーズを捉え、自社運営施設への導入と外部への販売を推進しています。「Pure wellness room」は、7つの空間清浄ステップを採用することで、空気清浄機だけでは除去しきれない付着粒子にもアプローチする空間清浄手法です。


7つのステップの1つである高性能な空気清浄機「Pureマシーン」に搭載されている「Disinfecting Filtration System」(以下、DFS技術)は、浮遊粒子を捕集するだけでなく、電気的な作用によってその活動を抑制します。DFS技術が搭載された「Pureマシーン」では、0.007㎛の粒子を99.99%除去※することが可能で、これは、各種ウイルス(約0.1㎛)の約14分の1の粒子を捕集できることを意味し、浮遊ウイルス・浮遊菌・PM2.5・カビ・花粉やタバコの臭いなど様々なサイズ・形態の有害物質を捕集・除去し、クリアな空気環境を実現します。

「Pure wellness room」サイト:https://www.mori-trust.co.jp/pure_wellness_room/

※   調査機関:THE UNIVERSITY OF MEMPHIS Industry / University Center for Biosurfaces (IUCB)




 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 森トラスト株式会社 >
  3. 「Pure wellness room」を「コンラッド東京」に導入 首都圏の最上級ラグジュアリーホテルで初