世界190カ国2000万人のユーザーを持つプログラミング「CodeCombat」とFCEエデュケーションが日本での提供開始

世界4000万部発行の世界的ベストセラー『7つの習慣』の子ども向けプログラム「7つの習慣J®」などの教育事業を運営する株式会社FCEエデュケーション(所在地:東京都新宿区/代表取締役:尾上幸裕、以下FCE)は、CodeCombat Inc.(所在地:米国/CEO:Nick Winter)と提携し、世界中の子ども達にプログラミングを学ぶ機会を提供するために開発された「英語&ゲームで学ぶ本格的プログラミング」カリキュラム『CodeCombat』の日本での展開を開始します。
当社はFCE Holdings(東京都新宿区、代表取締役:石川淳悦、東証:9564)のグループ会社です。


CodeCombatとはCodeCombatは9歳から18歳までの子ども達が、コンピューターサイエンス、ゲーム開発、ウェブ開発、AIを学ぶことができる世界有数のプラットフォームです。人気の言語であるPython、JavaScript、C++、HTMLに対応し、世界190カ国で2000万人のユーザー、30,000以上の学校で10万人以上の教師に利用されています。

 


また、AP® Computer Science Principles(※1)やCSTA(※2)など、米国の学習基準に準拠した専門家育成の公認カリキュラムです。


子ども達はロールプレイングゲームをプレイしながら、プログラミング言語を学びます。
子ども達が夢中になれるゲームで、自然とプログラミングの技術を身につけることができます。

 

 

※1AP® Computer Science Principles :College Board(米国における大学入試の標準テストのひとつであるSATや、Advanced Placementと呼ばれる高等教育カリキュラム等の策定・運営を行っている非営利団体)が大学レベルの単位を取得する機会として、高校生に提供しているAdvanced Placement Computer Science のコースと試験


※2CSTA(Computer Science Teacher Association):小学校、中学校、高校、高等教育、産業界におけるComputer Scienceとその関連分野の教育を支援・推奨している専門家

 
  • プログラミング教育事業について
子ども向けプログラミング教育市場は、プログラミング教育の必修化を追い風に拡大を続けています。GMOメディア「コエテコ」と船井総合研究所による『2022年プログラミング教育市場規模調査』 によると2022年の子ども向けのプログラミング教育市場は119億円、前年比113%という2桁成長を続けています。また、2030年には、子ども向けプログラミング教育市場は1,000億円超に拡大する可能性もあると予測されています。
 

(出典:GMO メディア 株式会社「コエテコ」 と 船井総合研究所『 2022 年プログラミング教育市場規模調査』              2022 年 6 月 20 日,https://www.gmo.jp/news/article/7856/

 
  • 今後の展開について
まずはプログラミング教育が進む全国の小中学校・高等学校・専門学校をはじめ、英会話やプログラミングスクールといった既存のスクールに対しての展開をスタートします。

【CodeCombatサービスサイト】
https://codecombat-fc.com

 
  • 【CodeCombat Inc.】CEO並びに事業責任者のコメント


“We are thrilled to partner with FCE Education to help give the children of Japan this opportunity to learn and grow! Using the CodeCombat curriculum, the Japanese children will learn the magic of creating a better world and future.”

「FCEエデュケーションとのパートナーシップにより、日本の子ども達の学びや成長の機会を提供できることにワクワクしています!CodeCombatのカリキュラムを通して、日本の子ども達はより良い世界と未来を創る魔法を身につけてくれることでしょう。」

 Nick Winter
CEO兼共同設立者
CodeCombat

 

 

“We are very privileged to forge this strong partnership with FCE Education, and we’re confident that, through our partnership, we can bring a high-quality programming education to young learners in Japan”

 
「FCEエデュケーションとパートナーシップを築くことができ、大変光栄に思っています。このパートナーシップにより、日本の学生に高い品質のプログラミング教育を提供できると確信しています。」


Bill Wang
General Manager
CodeCombat Asia


<CodeCombat Inc.について>

CodeCombatは、2013年に著名な学者、ソフトウェアエンジニア、技術教育者によってシリコンバレーで設立されました。シリコンバレーと北京の運営オフィスから、米国・欧州・アジアを中心とした世界中の教育者と学習者に支持されている世界有数のプログラミング学習プラットフォームである「CodeCombat」と「Ozaria」を提供しています。
 
  • 【FCEエデュケーション】代表取締役社長 尾上幸裕のコメント

「この度新たにCodeCombat社とパートナーシップを結ぶ機会に恵まれ光栄です。近年、英語とプログラミングの必要性は高まるばかりです。”チャレンジあふれる未来をつくる”Missionの実現に向けて、新たな挑戦を楽しみ、世界に羽ばたく人財の育成に貢献していきます。」

“We are honored to have the opportunity to form this partnership with CodeCombat. In recent years, the need for English and programming skills has increased dramatically, and we know that this partnership is one step closer to us realizing our goals of building confidence, grit, and leadership skills in our learners.
We are committed to creating a world in which all people, young and old, can approach and solve challenges with all their might.

                                                      In order to realize our mission, we will nurture the developme
                                                     nt of the skills necessary for our learners to take on the world!”


<FCEエデュケーションについて>
『Embrace challenges, Create the future.』を理念に、世界4000万部発行の世界的ベストセラー『7つの習慣』の子ども向けプログラム「7つの習慣J®」の提供や累計160万人の生徒にいただいている中高生向けビジネス手帳「フォーサイト」、全国1250校の学校に導入いただいている教員向けオンライン研修システム「Find!アクティブラーナー」などを提供しています。

 
  • 会社概要
会社名:株式会社FCEエデュケーション
※当社は株式会社FCE Holdings(東証上場)のグループ会社です
代表者:代表取締役社長 尾上幸裕
住 所:東京都新宿区西新宿2ー4ー1 新宿NSビル10F
HP:https://fc-education.co.jp/

 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社FCE Holdings >
  3. 世界190カ国2000万人のユーザーを持つプログラミング「CodeCombat」とFCEエデュケーションが日本での提供開始