47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現 兵庫の味 『ポテトチップス 加古川かつめし味』3月4日(月)発売!

市民に愛される加古川市のご当地グルメ

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤 秀二)は、兵庫県加古川市の人気料理である「かつめし」の味わいを再現した「ポテトチップス 加古川かつめし味」を数量限定・期間限定で2019年3月4日(月)、兵庫・滋賀・京都・大阪・奈良・和歌山(6府県)で発売します。また、カルビー直営店及びアンテナショップでも随時、販売予定です。商品は無くなり次第終了となります(4月中旬終売予定)。

【開発経緯】
カルビーは、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトを発足し、地元の味を再現したポテトチップスを2017年度に発売しました。2年目となる2018年度も、前年度に引き続き3回(第1弾、第2弾、第3弾)に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売します。
2018年度の第2弾となる兵庫の味『ポテトチップス 加古川かつめし味』は、取り組みをさらに進化させ、地元を愛するお客様からインターネット上で募集した味案をもとに、加古川市役所にて試食会を行い、味やパッケージを決定しました。お客様からは「いかなごのくぎ煮味」や「明石焼き味」等の案が出されましたが、最終的にはお客様要望が多くポテトチップスとの相性も良いとの理由から「かつめし」が選ばれました。

【商品特長】
肉と衣の凝縮した味わいが楽しめるビーフカツに、アツアツのデミグラス系ソースをたっぷりかけた濃厚でクセになる「加古川かつめし」の味わいを再現しました。デミグラス系ソースの甘酸っぱい香りとビーフカツの旨味がほどよく合わさったポテトチップスです。


【パッケージ特長】
パッケージ表面を1つのお皿に見立て、ご飯の上のビーフカツにたっぷりデミグラス系ソースがかかり、ゆでキャベツがトッピングされた定番の「かつめし」を表現しています。更に「かつめし」のシズル写真も掲載しました。
加古川市内外のかつめしを中心としたいろいろなイベントに出没する、かつめしの「かつ」からとった”かっつん”もパッケージ上に配置しました。
パッケージ裏面には、加古川出身のお笑い芸人陣内智則さん出演のかつめしPR動画について紹介しています。笑いながらかつめしについて学べます!

【開発者からのコメント】
実際に「かつめし」を食べたり、うまいでぇ!加古川かつめしの会のご意見を参考に味の再現をしましたが、店舗ごとにデミグラスソースの特徴が違い、“これぞ”という味を出すのに苦労しました。特にデミグラスソースが重たくなりすぎないようにトマト等で酸味のバランスを取り、食べやすい味に仕上げています。
加古川市で大人気のかつめしの味をぜひお楽しみください。

 

2月14日、加古川市民会館にて、市長表敬を行いました2月14日、加古川市民会館にて、市長表敬を行いました

【商品概要】
商品名:ポテトチップス 加古川かつめし味
内容量、エネルギー:55g、304kcal
JANコード:4901330536299
価格:オープン(想定価格 税込み120円前後)
発売日:2019年月3月4日(月)
※実際の発売日は販売店によって多少遅れる場合がございます。
※店舗によっては、お取扱いのない場合や、売り切れで販売終了の場合がございます。
販売エリア:兵庫・滋賀・京都・大阪・奈良・和歌山(6府県)
直営店・アンテナショップ:千歳・札幌・東京・原宿・新宿・吉祥寺・海老名・西武所沢・千葉・エキスポ・心斎橋・神戸・広島・博多・沖縄
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. カルビー株式会社 >
  3. 47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現 兵庫の味 『ポテトチップス 加古川かつめし味』3月4日(月)発売!