香りと感性の研究所「BÉLAIR LAB」香りを「目で嗅ぐ」アートイベントをオンライン開催香りのアート展 ONLINE 「5 senses」 in kudan house 

ロート製薬株式会社(本社:大阪市、社長:杉本雅史)が運営をする「BÉLAIR LAB(ベレアラボ)」は、2021年9月21日より、香りのアート展 ONLINE 「5 senses」を開催します。香りを直接嗅ぐことのできないオンラインという環境下で、視覚(目)を通して香りを想像する(嗅ぐ)という全く新しい試みのアート展示です。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、場所を通じて「におい」や「香り」を感じる機会が減った今、アートを通して香りへの理解を深めることで、「自分にとっての香りとは?」を考えるきっかけをご提供します。香りが感性を刺激し、心が満たされる豊かな時間を日常生活の中に多く生み出していくためのベレアラボの挑戦です。

 

 


■香りをあえて「嗅がない」香りのアート展とは
多くのコミュニケーションがオンライン化され、人や場所、物に直接触れる機会が減り、五感の使われ方にも変化が起きています。ベレアラボではより豊かな時間を過ごしていただく一つの要素として「香り」があると考えています。

このアート展はアーティストの感性を通じて「香りを想像する」というエクササイズです。

レモンの香りを嗅いで「黄色」を思い浮かべるように、香りは目に見えないものですが、色や形をもっています。

展示テーマ「5 senses」とは「5つの嗅覚、5つの感性」を表します。参加する5名のアーティストが、調香師クリストフ・ロダミエルの作品を嗅いで受けたインスピレーションからアートを制作し、鑑賞者はその作品を通じて香りを疑似体験することができます。東京・九段にある歴史的建築「kudan house」を舞台に作品を展示し、3D映像化したコンテンツをはじめ、オンラインで香りとアート作品を鑑賞するための仕掛けを盛り込みました。作品とそれぞれの嗅覚体験を映像や文字、特別な空間で撮影した3D映像とともにお伝えします。

また、アーティストが作品を制作する際に嗅いだ、5つの香りのミニスプレーセットCreative Set(クリエイティブセット)をご購入いただくことで、ご自宅で香りを体験しながらアート作品の理解をさらに深めることができます。

嗅覚を通じて人はさまざまなことを「感じ」、「行動」しているということを再発見し、香りの不思議さや、大切さと向き合う時間として、「自分にとっての香りとは?」と見つめ直す機会をご提供します。

■参加アーティストのご紹介
各分野で注目を集めるアーティスト5名にご参加いただきます。

河村康輔
コラージュアーティスト/グラフィックデザイナー
グラフィックデザイナー、アートディレクターとしても活躍。 アパレルブランドやメディアにアートワークやグラフィックを提供するだけでなく、ライブイベントのフライヤー、DVDやCDジャケット、本の装丁など幅広い活動を行っている。 コラージュアーティストとして、様々なアーティストともコラボレーション。国内外での個展やグループ展に参加。
Instagram:@kosukekawamura



 

キム・ソンへ
シャンデリアアーティスト
ぬいぐるみやアメリカン・トイなど古くなり行き場を失ってしまったおもちゃや廃材を素材にシャンデリアとして再構築するアーティスト。木村カエラとのコラボレーションをはじめ、国内外の企業やブランドへの作品提供、空間ディスプレイなどを手掛ける。
Instagram:@kimsonghe18


 

中瀬萌
画家
「存在している身体に見える記憶、消える記憶」が自身の活動のテーマ。蝋がもつ個体・液体・気体への変化に惹かれ、2015年から蜜蝋と樹脂を用いた、美術史上最古の絵画技法「encaustic(エンカウスティーク)」を研究し、作品に落とし込んでいる。
Instagram:@moe0814n


 

萩原亮大
華道家
「土地を喜ばせること」「花を弔う」ことを命題とし、生命力溢れる力強い作品を制作。 ダイナミックなLIVEパフォーマンスも行う。また茶の湯のあるべき姿を探求するアート集団〈The TEA-ROOM〉のメンバーとしても活動中。
Instagram:@ryota0724



 

万美
書道家
古典に立脚した書道と、様々なカルチャーとの共通点を見出し、活動。書道(Calligraphy)とヒップホップカルチャーの一つ 、グラフィティ(Graffiti)を融合した「Calligraf2ity(カリグラフィティー)」を描く独自のスタイルを構築。
Instagram:@mamimozi





■「kudan house」とは

1927年竣工。設計:内藤多仲、木子七郎、今井兼次。登録有形文化財である<旧山口萬吉邸>をリノベーションした会員制のビジネスイノベーション拠点。次世代のビジネスリーダー層を対象としたビジネスサロンの開催や会員企業の研修会、オフサイトミーティングなどの場として利用されています。

kudan house https://kudan.house/


■香りのアート展 ONLINE「5 senses」詳細
イベント名:香りのアート展 ONLINE「5 senses」 produced by BÉLAIR LAB
香りのアート展公式WEBサイト https://www.belairlab.com/art/
公開日:2021年9月21日10時より(9月8日プレオープン、11月30日終了予定)

■期間限定ポップアップ展示
9月21日~10月7日の期間限定で、東京・有楽町にある体験型ストア「b8ta(ベータ)Tokyo – Yurakucho」にて、一部の作品を公開します。
店舗名:b8ta Tokyo – Yurakucho https://b8ta.jp/
住所:〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル1階
営業時間:11:00 – 19:30
アート作品展示期間:9月21日~10月7日
※ベレアラボの商品については上記期間以降も展示・販売を行っています

■5種類の香りを楽しめるミニスプレーセット、数量限定5%オフキャンペーン
公式オンラインストアでは9月8日より、アーティストが作品を制作する際に嗅いだ、5つの香りのミニスプレーセット Creative Set(クリエイティブセット)を先着55名様限定で5%割引にて販売します。

ミニスプレーセット Creative Set(クリエイティブセット)
https://store.belairlab.com/products/room_fragrance_spray_minibottle_set_3


■「BÉLAIR LAB(ベレアラボ)」とは
BÉLAIR LAB(ベレアラボ)は、「香り」の価値を再発見し、新しいチャレンジをするブランドです。フランス語で「美しい空気」という意味の「BÉL AIR(ベレア)」と実験室を意味する「LAB(ラボ)」を組み合わせ、香りの持つ多様な価値を科学的に実証し豊かな社会づくりに取り組む、香りに特化したクリエイティブラボです。調香師にクリストフ・ロダミエル氏を迎え、日々の暮らしを豊かにするアイテムとしてルームフレグランススプレー、オイル、アロマディフューザーの販売も行っています。

BÉLAIRLAB(ベレアラボ)公式WEBサイト https://www.belairlab.com/
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ロート製薬株式会社 >
  3. 香りと感性の研究所「BÉLAIR LAB」香りを「目で嗅ぐ」アートイベントをオンライン開催香りのアート展 ONLINE 「5 senses」 in kudan house