テイクアンドギヴ・ニーズの新人事制度  社外での経験を通した成長を後押しする「副業」と「社外留職」制度を導入

~2020年度に運用開始した新人事制度の一貫で、働き方や成長の選択肢を広げる~

T&G
全国でウェディングプロデュースを手がける婚礼大手の株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ(本社:東京都品川区 代表取締役社長:岩瀬 賢治、以下T&G)は、新たな人事制度として、当社業務とは別の仕事を持つことができる「副業制度」と、期間限定で他社社員として働く「社外留職制度」を導入し、今秋より運用を開始します。

「副業制度」は、個人の持つスキルを活かして、フリーランスまたは個人事業主として社外で働くことが可能です。異なる業界や職種での経験を通じ、仕事の領域や人脈を広げたり、専門性を高めたりすることで、社員のスキルアップやより多様なキャリアの可能性探求を後押しします。また、副業で得た知識や能力を本業である当社業務で発揮し、新たな風を吹き込むことで、当社事業への好影響もあると考えています。

「社外留職制度」は、T&Gに在籍したまま他社で数年間働く経験ができる制度です。 “社員”として他社に勤務するからこそ体験できることや見える景色を通して、成長の幅を広げ、市場価値を高めることをサポート。留職期間後は、新たな視点やスキルで社内に変革をもたらす人材となることを期待しています。勤務先は募集時毎に異なりますが、2021年度の対象者2名は、それぞれ株式会社ウエディングパークのDX推進室と東京ブライダル専門学校で、今秋から勤務を開始します。

当社では、「副業制度」と「社外留職」を含む新人事制度の運用を2020年度より開始し、働き方や成長機会の選択肢提供はその主要テーマの一つです。前述の制度以外にもライフステージの変化に応じて働く地域を変更できる「エリア社員制度」や、目指す成長に合わせて「総合職」「専門職」を選べる仕組みを設けています。

当社は今後も人事制度や人材に関する取り組みを通して、多様な機会を提供することで社員の成長を後押しし、自分らしく活躍できる環境づくりを目指してまいります。

≪制度概要≫
■社外留職制度
選考方法:全社員より募集し、社内での面談を経て決定
期間:最短1年~数年程度  ※留職先による
2021年度留職先:株式会社ウエディングパーク、東京ブライダル専門学校

■副業制度
対象:規定のグレード以上に該当する正社員・契約社員
形態:フリーランスまたは個人事業主
承認フロー:年4回の申請機会があり、経営会議にての審議のうえ承認
  1. プレスリリース >
  2. T&G >
  3. テイクアンドギヴ・ニーズの新人事制度  社外での経験を通した成長を後押しする「副業」と「社外留職」制度を導入