埼玉県内最速!全児童・生徒がタブレット端末活用開始!9月1日(火)から飯能市GIGAスクール構想がスタート

埼玉県飯能市の公立小・中学校の全児童・生徒にLTE対応タブレット端末を配布します。埼玉県内では最速です。

 
 埼玉県飯能市は、令和2年9月1日(火)から市内全ての公立小・中学校で全児童・生徒へ一人一台のLTE対応タブレット端末を導入し「学びの改革」への挑戦を始めます。
なお、市内の全児童・生徒一人に一台のLTE対応タブレット端末(5550台)を導入するのは、埼玉県内では飯能市が最速です。
飯能市GIGAスクール構想について https://www.city.hanno.lg.jp/article/detail/4775/
 

GIGAスクール構想イメージGIGAスクール構想イメージ

 

飯能市は、市政理念でもある「誰一人漏れのない質の高い教育を全ての教室で実現する」ことを
目指し、市内全ての公立小・中学校でLTE対応タブレット端末を活用して授業を実施します。

今回の導入で、飯能市が目指す「学びの改革」にとって重要なICT環境が整備され、
飯能市GIGAスクール構想がスタートします。
さらに、新型コロナウイルス感染症等に係る休校等に備えます。

令和元年度に飯能市に開校した奥武蔵創造学園 奥武蔵小・ 中学校ではすでに、
全ての児童生徒にLTE対応タブレット端末を導入しており、
新型コロナウイルス感染症に係る臨時休業期間中も
LTE対応タブレット端末のテレビ会議システムを活用して遠隔授業を実施し、
通常授業に近い形で学習を進めることができました。

 


今後は、市内全ての公立小・中学校で“配付”していたプリント教材や家庭への
配付物を“配信”したり、緊急連絡等の連絡事項を、LTE対応タブレット端末を通じて実施したり、
教職員間の会議をペーパーレス化するなど、さらに活用の幅を広げていきます。

飯能市がGIGAスクール構想で目指す「学びの改革」

  • タブレット端末をコミュニケーションツールとして、個々の考えをペアやグループ、学級全体で共有する創造的、探究的、協同的な学びによって、問題解決能力やコミュニケーション能力を育成する。
  • タブレット端末をノートや鉛筆のように使いこなし、場所を選ばず情報を入手、活用できる力を育成する。
  • 全ての学級でリモート授業を行える環境をつくり、新型コロナウイルス感染症等による休校等、予測不能な事態に備える。

奥武蔵創造学園 奥武蔵小・ 中学校タブレット端末学習イメージ奥武蔵創造学園 奥武蔵小・ 中学校タブレット端末学習イメージ

奥武蔵創造学園 奥武蔵小・ 中学校タブレット端末学習イメージ奥武蔵創造学園 奥武蔵小・ 中学校タブレット端末学習イメージ

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 飯能市 >
  3. 埼玉県内最速!全児童・生徒がタブレット端末活用開始!9月1日(火)から飯能市GIGAスクール構想がスタート