「相続」と「遺贈寄付」への関心の高まりにこたえるセミナーを5/28(金)からスタート!

5人に1人が希望、でも実現率は、まだ、ごく少数と言われる「遺贈寄付」~~事例や統計もふまえて、弁護士が基本からお話します。

 「生きた証」として、または「人生の集大成」として、大切な遺産の一部などを、ご家族だけでなく、応援したい団体にも遺す「遺贈寄付」。わが国でも関心が高まり、高齢者の5人に1人が希望しているという調査もあります。私たちのようなNPO法人にもお問い合わせやご相談が増えている「相続」や「遺贈寄付」について、ご一緒に学ぶセミナーをはじめます。

第1回オンラインセミナー概要
<日時>5
月28日(金)午後2時~3時30分
<プログラム概要>
・主催団体挨拶と自己紹介
 保護犬・動物愛護事業「ピースワンコ・ジャパン プロジェクト」の活動を紹介いたします。
・ご講演「相続と遺贈寄付の基礎知識」
 弁護士 樽本哲先生(全国レガシーギフト協会理事)
※質疑応答の時間も予定しています。
※ご寄付の勧誘はいたしません。

<開催趣旨>
 核家族、単身やご夫婦のみ世帯の増加など、家族のかたちが多様化し、相続に対する考え方も変化していると言われます。法律面でも、社会の実態にあわせた改正が相次いでいます。そのなかで「遺贈寄付」のお問い合わせやご相談が増えていますが、ご寄付をいただく団体としても、専門部署も設け、支援者の皆様のお気もちを、どうやってきちんと引きつぐのか、常に考えているところです。
 今回、相続や遺贈寄付の「基本」について、統計や事例もまじえて、ご一緒に学び、考えるセミナーを始めました。まだ相続は具体的に考えていないという方も、お気軽にご参加ください。
 メディアの皆様も、ぜひご関心を寄せていただければ幸いです。

 <お申込み方法>
 Zoomを利用したオンラインセミナーです。前日の夕方に参加用URLをお送りします。事前に、ご案内用のメールアドレスをご登録ください。
●メールフォームからのお申込み(推奨) https://forms.gle/vHe4ephKkNK2dwP4A
●電話でのお申込み フリーダイヤル:0120-252-176(平日10時~17時)
※こちらの電話では、弊団体への遺贈寄付に関する資料請求も承ります。
 
●主催者=特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンと「ピースワンコ・ジャパン」について
 ピースウィンズ ・ジャパン(本部:広島県神石高原町、代表理事:大西健丞)は、国内外で自然災害、あるいは紛争や貧困など人為的な要因による人道危機や生活の危機にさらされた人びとを支援する国際協力NGOで、1996年に設立されました。これまでに世界34カ国で活動してきました。また、緊急災害支援プロジェクト「空飛ぶ捜索医療団」の運営や、社会問題の解決を目的とした活動にも力を入れており、地域活性化や犬や猫の殺処分ゼロを目指した動物の保護・譲渡活動などに取り組んでいます。URL:https://peace-winds.org

 ピースウィンズ・ジャパンが運営するピースワンコ・ジャパン・プロジェクトは、犬の殺処分ゼロをめざし、2021年3月末までに2706頭の保護犬を譲渡・返還してきました。広島県の犬の殺処分機は、もう5年間稼働していません。https://peace-wanko.jp/
 

 

 ピースワンコ・ジャパンへの遺贈寄付について詳しくはこちらをご覧ください:
 https://peace-winds.org/legacy/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ピースウィンズ・ジャパン >
  3. 「相続」と「遺贈寄付」への関心の高まりにこたえるセミナーを5/28(金)からスタート!