アドビ、Adobe Creative Residency Community Fundで若手クリエイター支援プログラムを拡充

~新たにTikTokと連携し、制作費等リソースと技術面でのサポートを提供~

アドビ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ジェームズ マクリディ、以下 アドビ)は、クリエイターの創作活動サポートのため2020年に設立したAdobe Creative Residency Community Fundを通じて、ショートムービープラットフォームTikTok(ティックトック)と連携いたしました。本連携による若手クリエイター支援のプログラム、「【NEW LAYERS】 -誰も見たことのないクリエイティブを。-」を、2021年2月10日(水)から2021年11月30日(火)にて実施いたします。

 

Adobe Creative Residency Community Fundは、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響などで厳しい状況のクリエイターの創作活動を支援するためにグローバルで設立され、約1億円(100万米ドル)の基金で運営しています。クリエイターの個人プロジェクトのサポートや、アドビの委託プロジェクトを依頼するほか、製品/サービスの提供などを行っています。昨年は、DMM英会話やLinkedInラーニングとのコラボレーションにより、クリエイターが海外に羽ばたき活躍の場を広げる支援も行いました。

アドビのマーケティング本部 常務執行役員 里村 明洋は今回の連携について、「このたび、Adobe Creative Residency Community Fundの活動として、TikTokと連携したことで、次世代のクリエイティブに関わる人々の活動を支援し、成長をサポートする体制がより充実したことを大変嬉しく思います。このプログラムを通じ、熱気あふれる活動の数々から生まれるクリエイティビティに大いに期待しています」と述べています。

プログラム概要
「【NEW LAYERS】 -誰も見たことのないクリエイティブを。-  」は、Adobe Creative Residency Community FundとTikTokによる、次世代を担うクリエイターの支援プログラムです。人々をインスパイアする若き日本のクリエイターたちのさらなる高みを目指したチャレンジをサポートします。

<期間> 2021年2月10日(水) ~ 2021年11月30日(火) ※予定
<内容> 日本のクリエイターがチャレンジする機会と成長する場を創出することを目的とし、次の2つを軸とした継続的な支援を行います。
①クリエイターの企画を募集し、採択されたクリエイターにサポートプログラムを提供(プロジェクト支援資金の提供、Adobe Creative Cloud提供、オンライン英会話受講権、アドビ製品のオンラインラーニング受講権、TikTok運営チームによるアドバイスなど)
②アドビ講師及びTikTokクリエイターによる実践的なワークショップの定期的な開催(2−3ヶ月に1度開催予定)

<本プログラムへの参加申し込み方法>
以下のフォームより必要な項目を記入し、申請を行ってください。
https://adobe.smapply.io/prog/japan_adobe_creative_residency_community_fund_/

①オンライン情報:TikTokのアカウントリンクを記載
②申請の種類:「個人プロジェクト」を選択し、プロジェクトの企画アイディア、制作プロセスや制作期間などを提出し、企画アイディアに"「NEW LAYERS」からの申請"と記載

詳細については以下のウェブサイトをご確認ください。
https://www.adobe.com/jp/about-adobe/creative-residency/community-fund.html 

<プロジェクト企画例>
本プロジェクト開始以前からCommunity Fundに参加しているTikTokクリエイターのプロジェクトを参考事例としてご紹介します。

 参考事例プロジェクト①:
クリエイター名:あおぱんだ (https://www.tiktok.com/@aopanda_ao )

【プロジェクト概要】イラストをアニメーションにしていく過程をショートアニメーションとして継続的に投稿しています。アニメーションづくりを身近に感じてもらい、新しいユーザーがアニメづくりにチャレンジしてもらえればという想いから、普段から使用するAdobe AnimateのチュートリアルをTikTok内で紹介しています。

参考事例プロジェクト②
クリエイター名:あああつし、ぞのさんっ、サカグチヤマト (Creator’s Campus)

ああつし (https://www.tiktok.com/@aaa_tsushi_

ぞのさんっ(https://www.tiktok.com/@zono.sann

サカグチヤマト(https://www.tiktok.com/@ymt_sk

【プロジェクト概要】TikTokで人気の映像系クリエイターが「簡単で誰でも真似の出来る撮影方法と編集方法」の動画を投稿し、多くのユーザーに「クオリティの高い動画の制作と投稿」の一歩目となるきっかけを提供しています(Adobe Premiere Rush や Adobe Lightroom などのソフトを使用)。

(投稿イメージ)


<ワークショップについて>
次回ワークショップの開催は4−5月ごろを予定しております。開催概要が決定次第、TikTokアプリ内バナーなどで概要をお伝えいたします。

また、本日2月10日(水)には、当プログラムの開始を記念して、フォロワー数200万人越えTikTokクリエイター あああつし氏をお迎えし、新世代のクリエイティビティについて語るオンラインイベントを開催いたします。

「第1回TikTok | AdobeワークショップCREATIVE JUMP」開催概要
イベント名称:第1回 TikTok | Adobe ワークショップ CREATIVE JUMP
日程 :2021年2月10日(水) 15:00-16:30
視聴方法:後日録画アーカイブを公開予定
内容
1)TikTokでバズるコツ (あああつし氏)
2)バズをうむ編集ツールの使い方 (TikTok/アドビ)
3)アドビ製品を使ったコンテンツ例(田中玲子)

登壇者
TikTokクリエイター あああつし氏
アドビ株式会社 マーケティング本部 マーケティングマネージャー 田中 玲子

【TikTokについて】
TikTokは、モバイル向けのショートムービープラットフォームです。私たちのミッションは、創造性を刺激し、喜びをもたらすことです。TikTokには、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ベルリン、ドバイ、ムンバイ、シンガポール、ジャカルタ、ソウル、東京などの国と地域にグローバルオフィスがあります。

【Adobe Creative Residency Community Fundについて】
新型コロナウイルス(COVID-19)の影響などで厳しい状況のクリエイターの創作活動を支援するためにグローバルで設立されたファンドです。企画内容やクリエイティブのスキルに応じて、「個人のプロジェクト」やアドビからの「委託プロジェクト」を申請いただきます。審査を通過したプロジェクトに対して、最大50万円のCommunity Fundを提供します。また、Adobe Creative Cloudの1年間のライセンスやプロダクトのレクチャーなど追加のサポートも受けることができます。さらに、Community Fundに参加している世界中のクリエイターとのコミュニティに参加でき、新しい出会いや情報交換の場として活用いただけます。
Adobe Creative Residency Fund ウェブサイト:https://adobe.ly/2YkmDlv 

【「アドビ」について】
アドビは、世界を変えるデジタル体験を提供します。このアドビのビジョンは3つのクラウドサービスで支えられています。Creative Cloud(https://www.adobe.com/jp/creativecloud.html)は、写真、デザイン、ビデオ、web、UXなどのための20以上の デスクトップアプリやモバイルアプリ、サービスを提供しています。Document Cloud(https://acrobat.adobe.com/jp/ja/)では、デジタル文書の作成、編集、共有、スキャン、署名が簡単にでき、デバイスに関わらず文書のやり取りと共同作業が安全に行えます。Experience Cloud(https://www.adobe.com/jp/what-is-adobe-experience-cloud.html)は、コンテンツ管理、パーソナライゼーション、データ分析、コマースに対し、顧客ロイヤルティおよび企業の長期的な成功を推進する優れた顧客体験の提供を支援しています。これら製品、サービスの多くで、アドビの人工知能(AI)と機械学習のプラットフォームであるAdobe Sensei(https://www.adobe.com/jp/sensei.html)を活用しています。
アドビ株式会社は米Adobe Inc.の日本法人です。
アドビに関する詳細な情報は、webサイト ( https://www.adobe.com/jp/ ) に掲載されています。 

© 2021 Adobe Inc. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.




 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アドビ株式会社 >
  3. アドビ、Adobe Creative Residency Community Fundで若手クリエイター支援プログラムを拡充