仏ロレアル VIVA TECHNOLOGY 2022でテックによる美の未来を発表

ビューティテックのパイオニアであるロレアルは Web3、そしてオンライン・オフライン・“オンチェーン”でのビューティー体験に大きく注力していきます

世界最大の仏化粧品会社ロレアルグループ(本社:パリ)は、パリ現地時間の2022年6月10日、6 月 15 日から 18 日までパリで開催される欧州最大のテクノロジー業界の会議・展示会「Viva Technology (Viva Tech) 2022」にて、美の未来について当社が掲げるビジョンを共有することを発表しました。美容業界におけるリーディングカンパニーとして、家庭、店舗、サロンのための美のイノベーションとともに、Web3.0や新たなビューティメタバースに対する当社の探求を来場者に案内します。ロレアルは、第6回目の開催となるVivaTechに再度参加し、ラグジュアリー化粧品から、マスやプロ(美容院サロン)向け、皮膚科医推奨のスキンケア製品まで幅広いポートフォリオのトップブランドによる没入型の美容体験ができる325㎡の最先端ブースを出展します。
ロレアルの最高経営責任者(CEO)であるニコラ・イエロニムスは、次の通り述べています。「2016年にVivaTechが始まって以来、ロレアルは同イベントで大きな存在感を示してきました。今回再びVivaTechに出展でき、嬉しく思っています。ロレアルは常にビューティテックを革新する先駆者として大胆に行動してきました。新興のテクノロジーやチャネルを探求することは当社の使命です。『世界をつき動かすような美の創造』をパーパス(存在意義)として掲げるロレアルは、テクノロジーは当社のビジネスに変革をもたらす存在であると考えています」

ロレアルは、1 世紀以上にわたり業界で培ってきた専門知識を活用し、ユニークで多感覚な美容体験を創造することで、美の未来を創造し続けています。ロレアルは、肌診断、遠隔カウンセリング、バーチャルトライオン(ARとAIによるバーチャルメイク機能)など、Web2.0 を実現する先進的な技術を開拓し、新世代の消費者に届く Web3.0 美容体験の土台を築いています。“オンチェーンビューティ”とは、(美容の)消費者とクリエイターが新たなプラットフォームに集結し、新たな美容の経済活動に参加することを意味します。
  • ラグジュアリーテック・フレグランス
    • イヴ・サンローラン・ボーテの「Scent-Sation(セン・セーション)」は、マルチセンサーとEEGベースのヘッドセットを使用し、異なる香りのファミリーに対する消費者の感情的な反応を追跡し、それを分析して商品を推奨する、これまでにない店頭体験を提供するものです。ニューロテクノロジーのリーディングカンパニーであるEMOTIV社と共同で開発されたセン・セーションは、広大なフレグランスの世界をナビゲートし、消費者が自分にぴったりの香りを識別して選択できるようサポートします。
  • オンチェーンビューティ
    • ロレアルのブランドは、Web3上でオンチェーンビューティを探求し、新進気鋭のクリエイターの支援をするためその作品コレクションをするなど、ユニークな美容体験を提供することによって、コミュニティとのつながりと関係を深めています。
      • NYX Professional Makeup(日本未展開ブランド)は、次世代の3Dビューティクリエイターを支援し、Web3における史上初のクリエイター向け分散型レコードレーベルとなることを目指し、メタバースにおける美の再定義を行います。
      • イヴ・サンローラン・ボーテは、「YSL Beauty's Wallet」 を通じて ゴールデンブロックのNFTを10,000個配布します。このゴールデンブロックにより、P00ls 上で DJ アーティストによるソーシャルトークンのドロップといった体験やユーティリティをアンロックできます。
      • Mugler(日本未展開ブランド)は、アイコニックなフレグランス「Angel」のアニバーサリーを記念して、デジタルアーティストがデザインした3DエンジェルのクリプトアートのコレクションによるNFTを初めてドロップします。「The real world is not enough(現実世界だけでは物足りない)」というブランドのDNAに忠実に、Muglerはこのコレクション性の高いNFTでオンチェーン・ロイヤリティーを高めています。
    • ロレアルは、アーティストやコミュニティ、Arianee社といったテックプラットフォームや、Web3における多様性や表現力を促進するクリエイティブラボである「People of Crypto」などと組み、Web3の多様なエコシステムを構築しています。
    • NFT の世界的なピアツーピア市場である OpenSea と、美容業界で初めて提携を締結しました。本提携により、ブランド主導の環境下で、ユニークな仮想美容体験やコレクティブル(コレクションを収集すること)がプラットフォーム上で可能になります。
  • ランコムによる未来のリテール
    • ランコムは、製品とサービスにより未来のリテールを再構築しています。その未来は、オフラインからオンライン、ヴァーチャルまで多岐にわたり消費者との接点を網羅しています。
    • 「Absolue Cryo Sculptor 」は店頭用の新しいデバイスです。特許取得の LED 光療法を用いて、贅沢な処方を吐出し、肌をトリートメントし、小じわを目立たなくします。 
    • 「ランコム シェードファインダー」は、ファンデーションのシェードマッチングを正確に行い、最大22,500の肌色を検出することができます。30カ国以上において店舗とオンラインの両方で提供されています[i]。
    • 「Lancôme Skin Screen」は、15,000枚以上の写真から学習させた最先端のAIアルゴリズムにより、13種類以上の臨床症状をスコア化・集計し、店頭で肌診断ができます。
  • テックによる美容院の未来
    • TIME誌が選ぶ「THE 100 BEST INVENTIONS OF 2021(2021年の最も優れた発明品100)」に選出された「ロレアル ウォーター セーバー」は、ロケットエンジン技術を採用し、標準的な方法と比較して水の消費量を61%削減しながら、ラグジュアリーで効率的な洗髪体験を実現する画期的なシャワーヘッドです。理美容業界向けに設計されたロレアルウォーターセーバーは、年間数十億リットルの水の節約に貢献する可能性を秘めています。
  • ラグジュアリー・テック化粧品
    • 「YSL ルージュ シュール ムジュール」は、Persoテクノロジーを搭載した、AIを活用した究極のリップカラー パーソナライゼーションのホームシステムです。ワンタッチで、使う人の肌の色や服装に合わせてカスタマイズされた何千ものリップカラーの可能性を分析し、数秒でオーダーメイドのシェードを作り出し、取り外し可能なコンパートメントに収納して外出先でも使用できるようにします。
  • ヴァーチャル皮膚科学ケア
    •  「SkinCeuticals Pro 1:1」は、プロのメディカルエステティシャンによる1対1のプライベートなビデオカウンセリングを通じて、オンラインで皮膚科学に基づいたアドバイスを受けることができるサービスです。この無料サービスでは、お客様のスキンケアに関するニーズを把握し、お客様一人ひとりに合ったスキンケアをご提案します。
  • ロレアルのパートナーによるエコシステム
    • ロレアルは、世界で最も革新的で正確な気候技術企業の一つである BreezoMeter社と、睡眠研究と改善の世界的リーダーである Sleepscore Labs 社とのデータサイエンスにおけるコラボレーションによる成果を発表します。
    • Viva Techに初登場するAnimaze社は、ロレアルがStation F[ii]に所有する「ビューティテック・アトリエ」から生まれた、Web3スタートアップです。アバターの使用を通し、ヴァーチャルインフルエンサーによる新時代のデモを行います。
    • Impact+社もまたロレアルの「ビューティテック・アトリエ」発のスタートアップです。同社は、デジタルサステナビリティを正確に測定し、向上させる方法について議論する予定です。

ロレアルのリサーチ、イノベーション、テクノロジー部門を担当する副CEOのバーバラ・ラヴェルノは次の通り述べています。「ロレアルは、美とは科学とテクノロジーの交差点にあり、これらの強力な力が美の未来を形成すると信じています。100年にわたる科学的知識そしてデータの専門知識を、オンライン・オフライン双方における最先端のイノベーションと組み合わせることで、私たちは世界中の消費者が抱いており、まだ満たされていない欲求や夢、願望を叶えるべく、美容体験を再発明し、増強しています」

ロレアルのチーフデジタル&マーケティングオフィサーであるアスミタ・デュバイは次の通り述べています。「美の未来は、オフライン、オンライン、そしてヴァーチャルにあります。ロレアルは Web2.0 を、足場を固めしっかり加速しつつ、斬新なオンチェーンビューティのアプローチで Web3 を模索しています。当社は、すべての取り組みにおいてデジタルファーストを貫き、O+O(オフライン+オンライン)からO+O+O(オンライン+オフライン+オンチェーン)へと進化し続けるカスタマージャーニーをより豊かになものにすることを目指しています」

[i] 日本において本サービスの実施店舗は限られます。また、オンラインでの実施はございません
[ii] 2017年6月にパリ13区にオープンした世界最大のスタートアップ集積施設。ロレアルは同施設のパートナーとして「ビューティテック・アトリエ」を設け、美の未来を担うスタートアップを支援しています

 
  1. プレスリリース >
  2. 日本ロレアル株式会社 >
  3. 仏ロレアル VIVA TECHNOLOGY 2022でテックによる美の未来を発表