トリナ・ソーラー 新設のベトナム工場から北米向けに 210mmセル採用550Wの高出力モジュールの第一弾を出荷

【タイグエン(ベトナム)2021年5月19日】太陽光発電およびスマートエネルギーのトータルソリューションを提供する世界有数の企業Trina Solar Co., Ltd.(以下「トリナ・ソーラー」または同社)は、210mm角の大型セルとVertex(バーテックス)モジュールのベトナムのタイグエン州にある同社の海外工場の生産ラインからの第1弾の出荷を発表しました。これは、トリナ・ソーラーの210mmセル採用の550Wの高出力のVertexモジュールの世界に向けたフル稼働の出荷が開始されたことを示すものであり、これにより同社が21mmの大型セル採用モジュールの北米市場の出荷を最初に行ったメーカーとなりました。

                  バーテックススーパーファクトリ

トリナ・ソーラーは2020年12月にタイグエン工場の建設を着工し、5か月で建設を完了しました。この新しい最先端の工場の生産能力は、210mmセルが3GW、210mmセル採用モジュールが4.5Gです。5月15日に同社は、210mmセル採用Vertex 550W高出力モジュールの最初のバッチ生産を終えました。現在、ベトナムを拠点とする工場では、Vertex 400Wおよび670Wモジュールの生産が計画されています。これにより、年間生産能力を210mmの大型セルで3.5GW、210mmセル採用モジュールで5GWまでに引き上げることができるようになります。 
 
太陽光発電関連業界において、トリナ・ソーラーのベトナム工場は、最新の210mmセルと550Wモジュールを製造する海外工場の第1号です。この完全に自動化された施設は、Vertexモジュールのグローバル配送の効率性を強化し、北米全体で急激に高まっている高品質、高変換効率の210mm製品に対する需要をより適切に満たすことを可能とします。エネルギーアナリストは、今後10年間における米国全体の発電所規模のソーラープロジェクトの目覚ましい伸びを予測しており、トリナ・ソーラーの高出力の210mmセル採用の550Wモジュールは、プロジェクト開発者と投資家がこれまでにない大きなプロジェクト価値を達成するための手助けとなります。

 現在、トリナソーラーは、中国とベトナムで210mm Vertexセルおよびモジュール工場を数か所運営しており、2021年末までに合計50GWを超えるモジュールを生産する予定です。

▽ トリナ・ソーラー(SH 証券コード:688599 )について 
トリナ・ソーラーは、1997 年に創立された太陽光発電およびスマートエネルギーのトータルソリューションの世界有数のプロバイダーです。同社は、太陽光発電関連製品の研究開発、製造および販売、太陽光発電所の開発、EPC 、O&M 、スマートマイクログリッド、マルチエネルギーシステムの開発および販売、ならびにエネルギークラウドプラットフォームの運営管理をおこなっています。2018 年にトリナ・ソーラーはエネルギーのIoT ブランドを立ち上げ、中国インターナショナルのトップ企業や研究機関と共同で、トリナエネルギーのIoT産業開発アライアンスを設立し、新エネルギーのIoT産業イノベーションセンターを設立しました。パートナーのみなさまと共にエネルギーのIoT のエコシステムを構築し新エネルギーのIoTの革新的な基盤作りをするために全力で取り組んでいます。2020年6月10日、トリナ・ソーラーは上海証券取引所科創板(Sci-Techイノベーションボード)でA 株を新規発行し、「スター・マーケット」という名称でも知られる上海証券取引所科創板に上場した最初の太陽光発電関連製品・システム、および、スマートエネルギーの企業となりました。詳細については、http://www.trinasolar.com/jpをご覧ください。

【本件に関するお問合せ】
トリナ・ソーラー・ジャパン株式会社
プレス担当:春日(マーケティング)
*政府の指針に伴い在宅勤務実施中のため、メールにてご連絡お願いいたします。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. トリナ・ソーラー・ジャパン株式会社 >
  3. トリナ・ソーラー 新設のベトナム工場から北米向けに 210mmセル採用550Wの高出力モジュールの第一弾を出荷