判別モデルの特徴を可視化し、予知保全と原因分析が可能に

マルチカラムモデル生成機能を搭載した「CX-M ver5.0」を販売開始

東京エレクトロン デバイス株式会社(横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之 以下、TED)は、予知保全を実現する異常判別プログラム自動生成マシン「CX-M」に、原因分析を可能にする「マルチカラム(データ合成なし)モデル生成機能」を追加し、「CX-M ver5.0」として12月12日より提供を開始します。(https://cxm.tokyo
予知保全では、装置の稼働データや、振動、センサーなどの複数の時系列データカラムを分析し、特徴をとらえて判別モデルを生成します。これまでの「CX-M」は、複数の時系列データカラムを合成してからデータ分析し判別モデルを生成していたため、判別モデルの判断基準、判別モデルによる判定理由の明確化(定量化、可視化)が困難でした。よって、発生事象の原因分析をすることができず、ユーザーの活用方法は判別モデルの判定結果を用いた予知保全にとどまっていました。

「CX-M ver5.0」は、複数の時系列データカラムを合成せずに判別モデルを生成する「マルチカラム(データ合成なし)モデル生成機能」により、判別モデルの判断基準に各データカラムがどの程度影響するかを定量的に示すことが可能になり、判別モデルによる判定理由の可視化を実現しました。ユーザーは判定根拠となったデータカラムをたどって発生事象の原因を分析することで、判別に影響を及ぼす要因に対して製造現場で具体的な対策を講じられるようになります。

【判別モデルの判断基準を可視化】
判別モデルの特徴(判断基準となるデータカラムと位置)を定量表示


【判別モデルで判定した理由を可視化】
判定根拠となるデータ上の特徴(データカラム・位置・自信度)を定量表示


【判定根拠から正常・異常オリジナルデータのグラフ比較】
発生事象の原因を具体的な情報から推定し現場での対策を検討


TEDは、今後も現場課題とさまざまな種類のデータの分析方法を提供することで、お客様のフェーズに合わせた予知保全の実現をサポートします。

■CX-Mについて
CX-Mは、時系列が記録されたcsvファイルを登録すると「データクレンジング」「特徴の抽出」「機械学習による判別モデル作成」「判別精度検証」を独自ソフトウェアで行い、異常判別プログラムを自動で生成する専用マシンです。利用者はデータ分析や機械学習の知識がなくても、数値が記録されたcsvデータを準備するだけで自社基準の設備状態を判別するプログラムを簡単に生成できます。生成した異常判別プログラムはCX-Mから取り出して、製造現場や、自社のシステムに組み込むなど任意の環境での利用が可能です。

■CX-Mでデータ分析診断を提供
ご購入をご検討いただくお客様には、CX-Mによるデータ分析診断を提供しています。お客様のデータを利用した場合の分析結果をご確認の上、購入をご検討いただくことができます。
CX-M 製品紹介WEB:https://cxm.tokyo
CX-M お問い合わせ:https://survey.zohopublic.com/zs/mHB0z2
CX-M データ分析相談のお申込:https://cxm.tokyo/diagnosis.html

【CX-Mに関する分析トレーニング情報】
===============================================================
予知保全導入トレーニング
【データ準備コース】
日時:第1回 2020年2月7日(金) 13:00 〜 17:30(09:00 受付開始)
第2回 2020年3月6日(金) 13:00 〜 17:30(09:00 受付開始)
会場:東京エレクトロンデバイス 新宿オフィス
URL :https://survey.zohopublic.com/zs/CGCsW2 

【データ分析コース】
日時:第1回 2020年2月21日(金) 13:00 〜 17:30(09:00 受付開始)
第2回 2020年3月13日(金) 13:00 〜 17:30(09:00 受付開始)
会場:東京エレクトロンデバイス 新宿オフィス
URL :https://survey.zohopublic.com/zs/x7Cs2n 


【東京エレクトロンデバイス株式会社について】
東京エレクトロンデバイスは、半導体製品やビジネスソリューション等を提供する「商社ビジネス」と、お客様の設計受託や自社ブランド商品の開発を行う「開発ビジネス」を有する技術商社です。
URL:https://www.teldevice.co.jp/

【東京エレクトロンデバイス株式会社「TED REAL IoT」について】
「TED REAL IoT」は東京エレクトロンデバイスのIoTの分野における新たな取り組みです。
当社における長年の半導体ビジネス、ITインフラビジネスで培ってきた「知見」「実績」「ノウハウ」をもとにデータの収集・蓄積・分析・活用に必要な技術や、製品・サービスをワンストップで提供することによりお客様のIoTへの課題を解消し、既存ビジネスの改善や新たなビジネスの創出を支援します。
TED REAL IoT専用サイト:https://www.teldevice.co.jp/ted_real_iot/ 

<本件に関する報道関係からのお問合せ先>
東京エレクトロン デバイス株式会社 広報・IR室 堀田・平
Tel:045-443-4005、Fax:045-443-4050
お問い合わせフォーム:https://www.teldevice.co.jp/cgi-bin/form/contact.php 

<製品に関するお客様からのお問合せ先>
東京エレクトロン デバイス株式会社
PB BU デジタルファクトリー営業部 神本
Tel:045-443-4030、Fax:045-443-4062
お問い合わせURL:https://survey.zohopublic.com/zs/mHB0z2 

※ このニュース リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
  1. プレスリリース >
  2. 東京エレクトロン デバイス株式会社 >
  3. 判別モデルの特徴を可視化し、予知保全と原因分析が可能に