個人型確定拠出年金(iDeCo)のコミュニティサイト「iDeCoサロン」にプロのアドバイザーとして楽天証券ファンドアナリスト篠田尚子が登場


楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都世田谷区、以下楽天証券)は、ピクテ投信投資顧問株式会社(代表取締役社長:萩野 琢英、本社:東京都千代田区、以下ピクテ投信投資顧問)が2017年1月11日に開設するコミュニティサイト「iDeCoサロン」に参加することをお知らせいたします。

「iDeCoサロン」は、個人型確定拠出年金(iDeCo)についてウェブ上でユーザーが語り合うコミュニティサイトとして、ピクテ投信投資顧問運営のもと、本日開設されました。本サイトでは、個人型確定拠出年金(iDeCo)や資産運用に関心のある方を広く募り、コミュニティ内でユーザーがお互いに交流が出来るようになります。関心が高いテーマについては、ピクテ投信投資顧問と楽天証券経済研究所のファンドアナリスト篠田尚子が適宜回答をします。

2017年1月より、個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入対象者が広がり、ますます関心が高まるなか、楽天証券はピクテ投信投資顧問とともに、「iDeCoサロン」を通じて、ユーザーが持つ疑問や不安に対し、解説やコメントを提供します。参加するユーザーにとっては、制度内容についてより深く理解でき、長期資産形成の一助となることが期待されます。

楽天証券では、加入者拡大、制度普及に向けて、個人型確定拠出年金(iDeCo)のセミナー開催やWebサイトでの情報発信強化、ピクテ投信投資顧問との連携など、今後も様々な施策を行ってまいります。

以上


楽天証券は、1999年3月に日本初のオンライン専業証券として誕生し、200万口座を超える顧客基盤を持つ業界大手の一角です。多彩な商品ラインナップをはじめ、独自のトレーディングツール「MARKETSPEED」、スマートフォンアプリ「iSPEED」など、常にお客様の立場に立った革新的なサービスを通じて、個人投資家の資産形成の実現と最良の取引環境の提供に努めています。 また、楽天市場でのショッピングにも使えるポイントプログラムの導入や、楽天銀行および楽天カードとの連携など、楽天グループの強みを最大限に活かしたサービスも提供しています。

ピクテ・グループは、1805年にスイス・ジュネーブで設立され、プライベートバンクとして顧客の資産を守り続けてきました。少数のパートナー(共同経営者)による経営を通じ、お客様への明確な責任体制を確立しています。現在は、欧州を中心に世界に26拠点を構え、ピクテ銀行(Banque Pictet & Cie SA)を中核に資産運用・管理サービスをグローバルに提供しています。グループの運用・管理資産残高は約47.1兆円です。 ピクテ投信投資顧問株式会社は、1981年に東京事務所として設立され、現在はピクテ・グループの主要事業のひとつであるアセット・マネジメント(機関投資家・投資信託運用)部門の日本拠点として、資産運用サービスを提供しています。運用資産残高は約1.7兆円です。 ※文中の拠点数、資産残高は2016年9月末現在


【手数料等およびリスクの説明について】
楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、楽天証券ホームページの「投資にかかる手数料等およびリスク」ページに記載されている内容や契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解ください。


 商号等:楽天証券株式会社 (楽天証券ホームページ)
金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 楽天証券 >
  3. 個人型確定拠出年金(iDeCo)のコミュニティサイト「iDeCoサロン」にプロのアドバイザーとして楽天証券ファンドアナリスト篠田尚子が登場