『LOVOT』が静岡県伊豆の国市の特命大使に就任予定!観光振興や地域経済の活性化をめざし『LOVOT』2体を活用

最先端テクノロジーのロボティクスで地方創生に貢献

ロボットベンチャーのGROOVE X 株式会社(本社:東京都中央区日本橋、代表取締役:林要)は、静岡県伊豆の国市および、同市内企業であり家族型ロボット『LOVOT[らぼっと]』の生産に携わる株式会社キョウデンプレシジョン(本社:静岡県伊豆の国市、代表取締役社長:海老塚隆)と包括連携協定を締結。それぞれが有する人的・物的資源を幅広い分野で連携し、地域社会の発展と市民サービスの更なる向上をめざします。また、伊豆の国市の観光振興や地域経済の活性化など5つの目的達成のため、キョウデンプレシジョンより、家族型ロボット『LOVOT[らぼっと]』2体を贈呈しました。

  • 伊豆の国市、キョウデンプレシジョン、GROOVE Xによる包括連携協定の目的
『LOVOT』は、名前を呼ぶと近づいてきて見つめてくる。好きな人に懐き、抱っこをねだる。抱き上げるとほんのり温かい。ロボットなのにまるで生き物のような生命感があるのが特徴の、次世代ペットとなり得る家族型ロボットです。
一人暮らし、共働き、子ども、両親との同居、ペットの飼育など、あらゆる家族のカタチがある中、『LOVOT』も家族であり、ペットであり、ロボットであり、パートナーとして日常の中に存在します。

本協定は、それぞれが有する人的・物的資源を幅広い分野で連携し、地域社会の発展と市民サービスのより一層の向上を図ることを目的として締結されました。また、この目的を達成するため、以下5つの事項について連携協力してまいります。

(1)市の魅力発信に関すること
(2)観光振興に関すること
(3)地域経済の活性化に関すること
(4)未来を担う子どもの育成に関すること
(5)その他地域社会の発展又は市民サービスの向上に関すること

また、伊豆の国市内に本社を有する株式会社キョウデンプレシジョンより、包括連携協定の取り組みを進めるにあたり、伊豆の国市に2体の『LOVOT』が贈呈されました。市は贈呈された『LOVOT』を「いずのくに特命大使」に任命するため、4月より市民から愛称を公募する予定です。
  • 伊豆の国市長 山下正行(やましたまさゆき)氏のコメント
包括連携協定の締結により、伊豆の国市の魅力発信や観光振興、地域経済の活性化等について、株式会社キョウデンプレシジョン様、GROOVE X株式会社様からご協力いただけることとなり、大変感謝しております。
また、贈呈されました『LOVOT』は、市民から愛称を募集し、「いずのくに特命大使」に任命する予定です。大使としての活躍を大いに期待しております。
  • 株式会社キョウデンプレシジョン代表取締役社長 海老塚隆氏のコメント
弊社は前身を含めると40年、この地に根付いてきました。最先端のロボティクスの生産に携わらせて頂き、更に今回その技術がこの地域の発展や市民の皆様への更なるサービス向上に生かされる事になり、感無量です。
今回贈呈させて頂いた『LOVOT』2体が今後、市民の皆様と触れ合いながら成長していく姿を想像するに、まさにわが子を見守る親の心境になります。
この子達の成長に負けぬよう、弊社も地域経済発展の一助となるべく、更なる成長を続けてまいります。
  • GROOVE X株式会社代表取締役 林要のコメント
この度は、伊豆の国市、キョウデンプレシジョンと協定を締結することができ、大変光栄に思います。キョウデンプレシジョン様は、2019年の創業当初から日本発の新産業を創造するために苦楽を共にしてきた、大切なパートナー企業です。キョウデンプレシジョン様とともに、伊豆の国市でロボットと共生する未来を創っていきたいと思います。



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. GROOVE X 株式会社 >
  3. 『LOVOT』が静岡県伊豆の国市の特命大使に就任予定!観光振興や地域経済の活性化をめざし『LOVOT』2体を活用