「第81回フェニックスバトル powered by ひかりTV」をひかりTVとdTVチャンネルで独占生中継決定~ひかりTV運営の「フェニックスバトル公式サイト」およびSNSを開設~

WBOアジアパシフィック・日本スーパーライト級タイトルマッチ「平岡アンディvs 佐々木尽」など好カード続々!ゲスト解説には女子ボクシング金メダリスト・入江聖奈が登場!

株式会社NTTぷらら(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:永田勝美、以下 NTTぷらら)および株式会社アイキャスト(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:永田勝美、以下 アイキャスト)は、2021年10月19日(火)に後楽園ホールで開催される「第81回フェニックスバトル powered by ひかりTV」を映像配信サービス「ひかりTV」(運営:NTTぷらら/アイキャスト)および映像配信サービス「dTVチャンネル®」(運営:NTTドコモ)において、7月に開催された第79回に続き、独占で生中継することを決定しました。
 「フェニックスバトル」は、大橋ボクシングジム(以下 大橋ジム)を運営するフェニックスプロモーションが主催するボクシング大会です。世界チャンピオン輩出を目的に日本タイトル戦などを実施し、これまで八重樫東をはじめとしたレェンドや井上尚弥などが名勝負を繰り広げてきました。本大会では、メインイベントのWBOアジアパシフィック・日本スーパーライト級王座決定戦<平岡 アンディvs 佐々木 尽>やOPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ<中嶋 一輝 vs 栗原 慶太>など、ボクサーたちのプライドをかけた白熱の戦いが期待されます。

第81回フェニックスバトル第81回フェニックスバトル

 

 また、本大会のゲスト解説者には、今夏、日本中を沸かせたボクシング日本女子初の金メダリスト入江聖奈と、ボクシングに造詣が深いタレントの関根勤、そして、ボクシング元世界3階級制覇王者の八重樫東を迎える予定です。
  • ゲスト解説者

ゲスト解説者:入江聖奈ゲスト解説者:入江聖奈

 

ゲスト解説者:関根勤ゲスト解説者:関根勤

ゲスト解説者:八重樫東ゲスト解説者:八重樫東

 

 

 

 ひかりTVは、2018年より、大橋ジム所属・現WBAスーパー・IBF世界バンタム級王者 井上尚弥選手をメインスポンサーとしてサポートし、さらには、世界戦を盛り上げるドキュメンタリー番組などを制作することで大橋ジムとも連携を深めてきました。

 そして、このたび、本大会を継続して応援しサポートしていきたいという想いから、大橋ジムの公認による「フェニックスバトルpowered by ひかりTV」公式メディアを開設することになりました。この公式メディアを通し、多くのお客さまにボクシングの魅力をお届けし、大橋ジムおよびボクシング業界の活性化と更なる発展に貢献していきます。

◆フェニックスバトル公式サイト:www.phoenixbattle.jp
◆フェニックスバトル公式Twitterアカウント:@PXB_PR
◆フェニックスバトル公式YouTubeチャンネル名:フェニックスバトル公式チャンネル


 ひかりTVは、今後も、お客さまの心を動かし、そして心を満たせる最高のエンターテインメントをお届けしていきます。
  • 大会概要
◆大会名称:第81回フェニックスバトル powered by ひかりTV
◆開催日時:2021年10月19日(火) 17:30~ (配信:17:15~) 
◆会場:後楽園ホール
◆ゲスト解説:関根勤、八重樫東、入江聖奈
◆対戦カード:
◇WBOアジアパシフィック・日本スーパーライト級王座決定戦12回戦
IBF世界スーパーライト級6位 平岡アンディ(大橋) VS 日本ユーススーパーライト級王者 佐々木尽(八王子中屋)
◇OPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ12回戦
東洋バンタム級チャンピオン 中嶋一輝(大橋) VS東洋バンタム級2位
栗原慶太(一力)
◇スーパーフェザー級8回戦
日本スーパーフェザー級11位 遠藤勝則 (角海老) VS 同級14位 高畑里望(ドリーム)
◇スーパーフライ級級6回戦
豊嶋海優(大橋)  VS 堀井翔平(トコナメ)
◇ライト級4回戦谷原凌(REBOOT.IBA) VS 西口享佑(E&Jカシアス)
  • 提供概要
<ひかりTV>
◆提供サービス
テレビサービス※1「ひかりTVチャンネル」
本番組は、アプリサービス「ひかりTVビデオ」でも生配信でご覧いただけます。
※1 テレビ(放送)サービスは、株式会社アイキャストが提供するサービスです。
◆生配信日
2021年10月19日(火)17:15~
◆視聴料金
お値うちプラン、テレビおすすめプラン、ビデオざんまいプラン、基本放送プラン、バリュープランにご加入のお客さまは、プラン料金内でご視聴いただけます。
本大会の生中継は、アプリサービス「ひかりTVビデオ」でも生配信でご覧いただけます。
<dTVチャンネル>
◆チャンネル名
ひかりTVチャンネル+
◆生配信日
2021年10月19日(火)17:15~
◆視聴料金
dTVチャンネルにご契約のお客さまは、月額料金内でご覧いただけます。
なお、本大会の生中継は、株式会社NTTドコモが提供する「ひかりTV for docomo」でもご視聴いただけます。
  • 「ひかりTV(ティービー)」について
ネットを通じてご自宅のテレビやパソコン、スマートフォン・タブレット端末などさまざまな機器*1で、人気の映画やドラマ、アニメなどのビデオ作品や専門チャンネル、さらにはクラウドゲームや音楽配信サービスなどをお楽しみいただける総合ライフエンターテインメントサービスです。NTTぷららのコーポレートミッションである「コミュニケーションテクノロジーで心躍る体験を贈る」の実現に向け、ひかりTVでは、お客さまの心躍る、心を満たす映像や体験を提供しています。
詳しくは、ひかりTVホームページ(https://www.hikaritv.net/)をご覧ください。
*1一部利用できないサービスがあります。
 
  • ひかりTVチャンネル+について
NTTぷららが運営する総合エンターテインメントチャンネルです。ひかりTVチャンネル+でしか観ることのできないオリジナル番組や地方の人気バラエティ番組、ドラマ、音楽など充実したラインナップで提供しています。ひかりTVチャンネル+は、「dTVチャンネル」でご視聴いただけます。
 
  • dTVチャンネルについて 
株式会社NTTドコモが提供する映像配信サービスです。ひかりTVチャンネル+を含め、映画、ドラマ、アニメ、音楽、ダンス、ドキュメンタリーなど多彩な専門チャンネルを見放題で楽しめます。本サービスは株式会社アイキャストが番組調達を担当し、ドコモとNTTぷららが共同で企画・運営しています。「dTVチャンネル」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社NTTぷらら >
  3. 「第81回フェニックスバトル powered by ひかりTV」をひかりTVとdTVチャンネルで独占生中継決定~ひかりTV運営の「フェニックスバトル公式サイト」およびSNSを開設~