ADKマーケティング・ソリューションズ、「ADK-PMP」キャッチアップ(見逃し)動画広告配信において、Google のDSP「ディスプレイ&ビデオ 360」の活用を開始

株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長 植野伸一、以下「ADK MS」)は、厳選した質の高い媒体と優良コンテンツを配信対象とするインストリーム運用型広告サービス「ADK-PMP CU Package」におけるキャッチアップ(見逃し)動画への広告配信において、Google が提供するDSP「ディスプレイ&ビデオ 360」の活用を開始しました。

コロナ禍の巣ごもり需要増加から、TVerをはじめとした民放キャッチアップサービスのユーザーが増加、それに伴いキャッチアップ広告市場も大きく伸長しています。
これまでもADK MSは、放送局各社のキャッチアップサービスと連携し、優良コンテンツを配信対象とするインストリーム運用型広告サービス「ADK-PMP CU Package」を提供してまいりましたが、キャッチアップ広告市場の伸長を踏まえ、今回、Google のDSP「ディスプレイ&ビデオ 360」によるキャッチアップ広告の取り扱いを開始いたします。これにより、広告主のニーズや状況において選択が増えることとなり、他のプロダクトと連動した統合的なメディア施策を提供いたします。

■新サービスの特徴と利点
・ADK-PMP CU Packageの配信において、「ディスプレイ&ビデオ 360」経由で詳細なデモグラフィックやアフィニティ カテゴリ*が利用できます
・キャッチアップ広告とYouTube 広告を始めとする「ディスプレイ&ビデオ 360」で買付可能な広告配信面の統合運用が可能になります
・ADK MSが出資する株式会社Data ChemistryのDMP『DC Catalyzer』保有のデータも活用することでより精度の高いターゲティングが可能になります

*アフィニティ カテゴリの詳細は以下のヘルプぺージをご覧ください。
「アフィニティ カテゴリのターゲティング - ディスプレイ&ビデオ 360 ヘルプ」
https://support.google.com/displayvideo/answer/6021489?hl=ja

今後も「ADK-PMP」ラインナップとして広告主の課題に合わせたプランを提案し、ADK MSは引き続き、広告主の多様なニーズにお応えするソリューションを提供してまいります。


■「ADK-PMP」とは
デジタル広告におけるブランドセーフティ、アドフラウド、ビューアビリティなどの課題を解決するため、安全な広告配信面に限定したADK独自のプライベート・マーケットプレイス です。
クライアントニーズに合わせ、安全かつ優良な媒体に限定したパッケージをご用意しています。
ADK MSが出資する株式会社Data ChemistryのDMP『DC Catalyzer』を接続。Web上での行動データやテレビ視聴ログデータ等を活用した多彩なターゲティング配信が可能です。

<ADKマーケティング・ソリューションズについて>
事業ビジョンとして掲げる「顧客を資本と考える顧客体験創造会社」のもと、顧客を創り、そして熱いファン(顧客資本)への育成を通じて、広告主のビジネス拡大に貢献してまいります。新たに編成した事業ブランド「ADK CONNECT」においては、デジタル&データドリブン・マーケティングを専門領域とし、ADKグループ内の多様なスペシャリストが連携しあい、ソリューションをご提供いたします。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ADKホールディングス >
  3. ADKマーケティング・ソリューションズ、「ADK-PMP」キャッチアップ(見逃し)動画広告配信において、Google のDSP「ディスプレイ&ビデオ 360」の活用を開始