第75回カンヌ国際映画祭に、ピアジェをまとったフォレスト・ウィテカーとキャサリン・ラングフォードが登場

第75回カンヌ国際映画祭のレッドカーペットに、フォレスト・ウィテカーとキャサリン・ラングフォードが、ピアジェのクリエイションをまとい登場しました。

スイスのウォッチ&ジュエリーメゾンであるピアジェは、卓越したクラフツマンシップと芸術性を融合させた華やかなクリエイションで知られています。シグネチャーである精密さと美しさ、大胆さと洗練。それを象徴するのは、コート・ダジュールのグラマラスでクリエイティブな人々です。長年に渡り、映画業界との関係を築いてきたピアジェが、世界3大映画祭の1つであるカンヌ国際映画祭を彩ることはごく自然な流れでした。

27歳の時にクリント・イーストウッドが監督を務めた『バード』でカンヌ国際映画祭男優賞を受賞したアメリカの俳優、監督、映画プロデューサーのフォレスト・ウィテカーが、今年の映画祭の主賓として登場しました。
彼の、心を揺さぶる芸術的な作品の数々と人道的な活動に対する敬意を表して、カンヌ国際映画祭の名誉パルムドール賞が贈られました。

 

「ピアジェ ポロ エンペラドール トゥールビヨン」ウォッチ  46.5mm×8.85mm、18KPGケース、1270Sピアジェ自社製薄型自動巻スケルトントゥールビヨンムーブメント、アリゲーターストラップ「ピアジェ ポロ エンペラドール トゥールビヨン」ウォッチ 46.5mm×8.85mm、18KPGケース、1270Sピアジェ自社製薄型自動巻スケルトントゥールビヨンムーブメント、アリゲーターストラップ



2017年にNetflixで配信されたドラマシリーズ『13の理由』で、21歳にして一躍スターとなったキャサリン・ラングフォード。『アベンジャーズ / エンドゲーム』、『ナイブズ・アウト』で女優としてのキャリアを着実に重ねる若き新鋭です。

 

 

 

 


 


 

 

「ライムライト」ハイジュエリーネックレス 18KWG、クッションカットグリーンエメラルド約12.20ct、ラウンドブリリアントカットダイヤモンド約1.02ct、ダイヤモンド計約46.57ct「ライムライト」ハイジュエリーネックレス 18KWG、クッションカットグリーンエメラルド約12.20ct、ラウンドブリリアントカットダイヤモンド約1.02ct、ダイヤモンド計約46.57ct

 

「ライムライト」ハイジュエリーリング 18KWG、クッションカットダイヤモンド約3.15ct、ダイヤモンド計約7.80ct「ライムライト」ハイジュエリーリング 18KWG、クッションカットダイヤモンド約3.15ct、ダイヤモンド計約7.80ct

「ライムライト」ハイジュエリーイヤリング 18KWG、マーキスカットダイヤモンド約3.02ct、マーキスカットダイヤモンド約3.01ct、ダイヤモンド計約1.50ct「ライムライト」ハイジュエリーイヤリング 18KWG、マーキスカットダイヤモンド約3.02ct、マーキスカットダイヤモンド約3.01ct、ダイヤモンド計約1.50ct



©Piaget 2022不許複製・禁無断転載

商品に関するお問合せ
ピアジェ コンタクトセンター
0120-73-1874

ピアジェ オフィシャルサイト
www.piaget.jp
www.twitter.com/piaget
www.instagram.com/piaget
www.youtube.com/user/Piaget
https://lin.ee/p77qv8V
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ピアジェ >
  3. 第75回カンヌ国際映画祭に、ピアジェをまとったフォレスト・ウィテカーとキャサリン・ラングフォードが登場