楽天証券、iDeCoの運営管理手数料を誰でも1年間0円に

残高10万円以上であれば、1年後もずーっと0円!

楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都世田谷区、以下「楽天証券」)は、この度、個人型確定拠出年金(以下、「iDeCo」)の運営管理手数料を加入後または移換完了から1年間は、新規加入者および他の金融機関から移換する全てのお客様を対象に、0円※にすることを決定しましたので、お知らせいたします。また、1年後以降も、iDeCo口座内の残高もしくは拠出額累計が10万円以上であれば、引き続き0円※でご利用いただけます。
2017年1月の制度改正により、企業年金のある会社員、公務員や主婦など、原則、公的年金の加入者全員がiDeCoを利用できるようになりました。楽天証券では昨年より、サービス開始を記念して、2017年12月末までの期間、iDeCo口座内の残高に関わらず、運営管理手数料を0円※にするキャンペーンを実施しておりましたが、継続的に多くのお客様に低コストでiDeCoをご利用いただくため、2018年以降も加入後または移換完了から1年間は誰でも運営管理手数料0円※でご利用いただけるようになります。

楽天証券のiDeCoは、元本保証型の定期預金1本と国内・海外の株式や債券だけでなく、REITや金に投資する幅広いタイプの投資信託を27本取り揃えております。また、ラインアップの投資信託を信託報酬の低いインデックス型を中心に揃えることにより、初年度の運営管理手数料0円※に加え、低コストで長期的な老後の資産形成が可能になります。

楽天証券では、2016年9月からiDeCoを開始して以降、想定以上の申込件数がきており、iDeCoの専用ダイヤルの設置やコールセンターの時間延長を実施してまいりました。2017年1月の制度改正により、公務員や主婦などの新たな加入対象者の申込も増え、iDeCoの更なる理解を深めるため、今後も継続的にiDeCoのお客様サポートに努めるべく、iDeCo専用ダイヤルの時間延長、全国主要都市での定期的なセミナーなども開催してまいります。

※加入手続き後13ヶ月目以降は、前月までの拠出額合計または前月末残高のどちらも10万円未満の場合に限り、翌々月の掛金から226円(税込)の運営管理手数料が発生します。
運用指図者(毎月の掛け金の無いお客様)は、移換手続完了後13ヶ月目以降は、前月末残高が10万円を下回った月数分の運営管理手数料が翌年の2月に一括で発生します。
「2017年末まで、手数料0円キャンペーン」が適用されているお客様は、今回からはじまる「1年間誰でも0円」サービスのいずれかの有利な条件が適用となります。
残高は、確定拠出年金口座内の残高に限ります。証券総合口座の残高は含みません。運営管理手数料の他、国民年金基金連合会や事務委託先金融機関(信託銀行)が設定する管理手数料が別途発生します。

以上

 
【手数料等およびリスクの説明について】
楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、楽天証券ホームページの「投資にかかる手数料等およびリスク」ページに記載されている内容や契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解ください。

商号等:楽天証券株式会社 (楽天証券ホームページ)
金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問協会
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 楽天証券 >
  3. 楽天証券、iDeCoの運営管理手数料を誰でも1年間0円に