「まごチャンネル with SECOM」の活用で、遠く離れた家族間の自助意識の高まりの可能性を確認

兵庫県たつの市、セコム、チカクによる実証実験で、高齢者の外出意欲の向上や熱中症対策に一定の効果(中間報告)

スマートフォンで撮影した動画や写真を実家のテレビに直接送信できる「まごチャンネル」を開発・販売している株式会社チカク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:梶原健司、以下「チカク」)は、兵庫県たつの市(山本実市長、以下「たつの市」)、セコム株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長・尾関一郎、以下「セコム」)とセコムの見守りサービス「まごチャンネル with SECOM」を活用し、高齢者の外出促進及び熱中症対策の効果を検証する実証実験(※)の中間報告をまとめ、「まごチャンネル with SECOM」により、離れて暮らす家族間のコミュニケーションが促され、家族内での自助意識を高める可能性を確認いたしました。
※たつの市、セコムとの実証実験のプレスリリース(2021年8月3日)
https://www.chikaku.co.jp/press/5rYr1kWc

全国的に高齢者と地域とのつながりの希薄化が指摘され、さらに独居高齢者の増加に伴い、孤独・孤立対策が課題となっています。そして、昨年からの新型コロナウィルス感染症の流行で、高齢者が自宅にこもりがちになり、フレイル等の健康二次被害や遠方の家族と会えない等の心理的被害も懸念されるようになりました。

こうした中で、たつの市においては、エイジテック(高齢者向けテクノロジー)という新しいテクノロジーを活用し、遠く離れた家族間の物理的な距離を縮めるだけでなく、家族間の自助意識を高めることで、高齢者がより安心して快適な日常生活を営むことができるまちづくりを推進していくために本実証実験を開始いたしました。

本実証実験においては、高齢者が「まごチャンネル」を通じて、離れて暮らす家族の動画や写真をテレビで楽しんでいただき、その一方で、家族にはセコムの環境センサー「みまもりアンテナ」をもとに実家の起床や就寝、室内の温湿度の変化などをアプリで確認していただいています。
さらに、たつの市及びセコムから「まごチャンネル」に外出促進情報、熱中症対策情報、体操動画などを配信しています。
 

本実証実験の中間報告の主な内容は以下の通りです。

  • ​高齢者が送られてきた動画や写真の感想を家族に伝えることに加え、「自分は暑さを感じていなかったが、家族から室内の熱中症リスクの指摘を受け、エアコンを購入した」「就寝や外出等の様子を気にかけて、子供が連絡をくれた」との回答があるなど、「まごチャンネル with SECOM」により、離れて暮らす家族間のコミュニケーションが促され、家族間での自助意識の高まりの可能性を確認できた。
  • 本実証実験前には、“センサーによる見守り”にネガティブな印象を持っていた高齢者も、本実証実験開始後には全員が「まごチャンネル with SECOM」を抵抗感なく受け入れていた。
  • 「まごチャンネル with SECOM」に対し、複数の民生委員・自治会役員経験者が「独居高齢者宅には設置した方がよい」「テレビが見られる人なら操作は問題ない」と回答し、地域高齢者の見守りへの有用性を確認できた。
  • 高齢者の外出意欲向上に最も寄与したのが「身近な地域スポットへのお出かけ情報」で、「今度、孫と行ってみたい」「知らなかった場所だったので、夫婦で行ってきた」など、関心の高さがうかがえた。
  • 6割の方が配信した体操動画を見ながら体操を実施しており、コロナ禍の運動不足解消に役立つと高評価だった。

【実証実験概要図】

本実証実験は11月16日で検証を終え、年内を目途に最終報告にまとめていく予定です。
今後もチカクは、自治体の皆様と協働で新たなチャレンジを行い、高齢化社会の課題解決へ貢献してまいります。

以上

【実証実験概要】
実証期間      :2021年8月17日~11月16日(予定)
対象者         :たつの市在住の65歳以上の高齢者(親族がたつの市外に在住)10名
主要検証内容:
①ご家族及び自治体から「まごチャンネル with SECOM」を活用した呼びかけで、高齢者が外出すること促せるか?
②ご家族及び自治体から「まごチャンネル with SECOM」を活用した呼びかけで、高齢者が水分補給などの熱中症対策を行うか?
③「まごチャンネル with SECOM」を活用することで、ご実家の熱中症予防に対して、ご家族の意識が高まるか?

【兵庫県たつの市について】
たつの市は、兵庫県の南西部に位置する市。人口は7.6万人。北側は山地が広がり、南は瀬戸内海に面しており、南北に貫く形で揖保川が流れています。たつの市は揖保川とともに発展してきた経緯があり、豊かな自然と風土が生み出した手延素麺や醤油醸造、皮革産業、かばん産業といった地場産業が根づく一方で、ハイテク産業や電機産業も発展を続けています。

【セコム株式会社について】
セコムは、1962年に日本で初めての警備保障会社として創業。1966年には日本初の企業向けのオンライン・セキュリティシステム、そして1981年には家庭向けにホームセキュリティシステムを発売するなど、時代に先駆けたサービスを創出しています。2020年1月に発売した「まごチャンネル with SECOM」はゆるやかな見守りを提供するとともに、親御さんも楽しみながらご利用いただけるサービスです。
セコム株式会社 https://www.secom.co.jp/
まごチャンネル with SECOM https://www.secom.co.jp/mimamori/mago-ch/

【株式会社チカク(まごチャンネル)について】
チカクは“シニア・ファースト”を掲げ、高齢者DXを推進するAgeTech(エイジテック)企業です。第一弾プロジェクトとして、スマートフォンアプリで撮影した動画や写真を実家のテレビに直接送信し、テレビの大画面とスピーカーを通してインターネットやスマートフォンの利用が苦手なシニア世代でも孫と一緒に暮らしているかのような疑似体験ができる「まごチャンネル」を開発・販売しています。
株式会社チカク:https://www.chikaku.co.jp/
まごチャンネル:https://www.mago-ch.com/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社チカク >
  3. 「まごチャンネル with SECOM」の活用で、遠く離れた家族間の自助意識の高まりの可能性を確認