中部国際空港2018年5月ならびに2018年度(確定値)の運用実績を発表

2018年度の航空旅客数は開港時(2005年度)を越える1235万人超で過去最高が確定。2019年5月の航空旅客数は47か月連続の前年同月超え。

 中部国際空港株式会社(所在地:愛知県常滑市、代表取締役社長:友添雅直)は、中部国際空港セントレア(以下、「セントレア」)の、2018年5月度空港運用実績を発表しました。
 2018年度一年間の航空旅客数は、確定値で開港当時の2005年度を越えて過去最高となる12,358,026人となりました。
  • 航空旅客数
 旺盛な訪日旅行需要による好調な国際線外国人旅客数に加え、改元に伴う大型連休により日本人旅客数も大きく増加したことから、国際線旅客数は前年同月比22%増の571,900人となり、5月実績として過去最高となりました。
 また、国内線も堅調に推移し、5月度の国際線・国内線合わせた航空旅客数は、前年同月比16%増の1,135,362人となりました。なお、航空旅客数の前年同月超えは2015年7月から47か月連続となります。

5月13日より中国の山東航空が済南・青島路線に就航5月13日より中国の山東航空が済南・青島路線に就航

春秋航空は5月5日よりセントレア=深圳間の直行便を運航開始春秋航空は5月5日よりセントレア=深圳間の直行便を運航開始

 
  • 構内営業売上高

 

 訪日旅行客などの旺盛な需要を背景に、空港内免税店などの売り上げも好調だったことから、構内営業売上高も前年同月比14%増の35.5億円とな、5月実績として過去最高となりました。

4月25日に開港以来初の全面改装を行った総合免税店Centrair Duty Free コスメ・ファッション店4月25日に開港以来初の全面改装を行った総合免税店Centrair Duty Free コスメ・ファッション店

 
  • 中部国際空港 2018年度実績の確定について
 中部国際空港株式会社は、2018年度実績の「確定値」を発表し、2018年度の航空旅客数は2005年度(12,351,727人)を超えて過去最高となる、12,358,026人になったと発表しました。

 
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 中部国際空港株式会社 >
  3. 中部国際空港2018年5月ならびに2018年度(確定値)の運用実績を発表