AfterShokzの骨伝導ヘッドホンが、2020年骨伝導ヘッドホン売上数No.1、販売台数シェア81.2%を記録!

2020年「骨伝導型」売上台数1位、販売台数シェア81.2%を記録

2020年1月〜12月BCNランキングデータより、AfterShokzブランドの骨伝導ヘッドホン(Aeropex、OpenMove、Air、OpenComm、Titanium)が、マイク付きヘッドホン(ヘッドセット)ジャンルにおいて「骨伝導型」売上台数1位、販売台数シェア81.2%を記録(※1)いたしました。


骨伝導ヘッドホンのリーディングカンパニー AfterShokz(アフターショックス )の日本国内総代理店、フォーカルポイント株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 恩田英樹 以下弊社)は、2020年1月1日〜2020年12月31日のBCNランキングデータにより、「骨伝導型」販売台数が1位、台数別シェア1位(※1)になったことを報告いたします。

 




使用したBCNランキングデータ
対象期間 : 2020年1月1日~2020年12月31日
エリア  : 全国

※BCNランキングデータ「ヘッドセット」より、「骨伝導型」を抽出、自社集計。
※BCNランキングは、ビックカメラ、ソフマップ、ケーズデンキ、コジマ、ラオックスなど日本全国24社のPOSデータの売上から集計される実売数となります。


2020年の動向

新しい働き方改革のなかで注目される骨伝導技術
2020年は、新型コロナウイルスの影響により、在宅勤務や、ビデオ会議などワークスタイルの変革、新しい働き方が提唱、推進される1年となりました。このような背景のもとで、ヘッドホンやイヤホン市場が注目を集めましたが、従来のような耳を塞ぐイヤホンや耳を覆うオーバーヘッド型のヘッドホンを装着すると、耳を圧迫することによるイヤホン疲れや、内耳炎などの炎症トラブルがあるとの報告もありました。しかし、そもそも耳を塞ぐことのないオープンイヤーデザインのAfterShokz骨伝導ヘッドホンであれば、イヤプラグが耳の穴に触れることもなく、このようなトラブルはありません。また、耳を塞ぐことがないため、ヘッドホンを装着したまま家族や同僚の声を聞き逃すこともないなど、さまざまなメリットがあり、まさに時代に則した製品として注目を集めました。



骨伝導ヘッドセット OpenCommが8,200万円の支援金を獲得
AfterShokzの新製品OpenCommは、2020年10月から11月30日までクラウドファンディングを実施。約40日間と限られた期間でありながら、4,227名の支援者を集め、総額82,576,116円もの支援額調達に成功。これはGREEN FUNDINGにおけるクラウドファンディング・プロジェクトのなかで歴代支援者数8位、支援総額9位となります。なお、GREEN FUNDINGの販売台数はBCNランキングには反映されておりません。
https://greenfunding.jp/focal/projects/3860



ティーンズ向けのヘッドホンAfterShokz Aeropex Play
2020年には、ティーンズを対象としたヘッドホンAfterShokz Aeropex Playをリリース。これはネックバンドを小型化し、小・中学生や小柄なユーザ向けに開発されました。特徴的な要素として、ヘッドホンの最大音量を85dB*に制限するモードが搭載されている点です。世界保健機関(WHO)は、職場における騒音の許容レベルを、85dBの場合1日8時間までとすることを勧告しており、Aeropex Play(音楽連続再生最大約8時間)であれば、WHOの勧告に則したリスニング体験となります。
https://shop.focal.co.jp/product/aftershokz-aeropex-play/

 

 

骨伝導ヘッドホンの入門モデルOpenMove
AterShokzは、骨伝導ヘッドホンを気軽に導入できるようにエントリーモデル AfterShokz OpenMoveを2020年秋にリリース。リーズナブルな価格でありながら、ハイクオリティなオーディオ品質、Bluetooth 5、USB-C充電など、最新の技術が搭載された製品です。
https://shop.focal.co.jp/product/aftershokz-openmove/



テレビと接続して使える「テレビ用」骨伝導ヘッドホン
AfterShokz 骨伝導ワイヤレス ヘッドホン テレビ用 トランスミッター付きは、AfterShokzの骨伝導ヘッドホンを気軽にテレビで活用できるように、ペアリング設定済みのトランスミッターとパックにしたパッケージです。遅延が少ないAptXコーデックを採用し、テレビ用に最適化。VGP 2021コンセプト大賞を受賞しました。
https://shop.focal.co.jp/product/aftershokz-boneconduction-wirelessheadphone-for-tv/



AfterShokzについて
2011年10月にアメリカ・ニューヨークで誕生。 数多くの特許取得済みの独自技術と、完全なオープンイヤーデザインにより、使用者にとって安心、安全でありながら、しかも最高のオーディオ体験を提供する骨伝導ヘッドホンのリーディングカンパニーです。その優れたデザインやオーディオ品質はGOOD DESIGN、VGPなど、国内外の数々のアワードを受賞し、2020年には骨伝導ヘッドホン市場において販売台数80%以上のシェアを獲得(※1)。利用者の安全性確保を最優先に、常にイノベーティブ・デザインを続けるオーディオメーカーです。
 


フォーカルポイントについて
フォーカルポイント株式会社は、世界中の優れた製品を取り扱う輸入商社として、平成元年(1989年)に設立されました。現在では、iPhoneをはじめとする各種スマートフォン、タブレット用のアクセサリ、Mac、PC用の周辺機器、ライフスタイル雑貨などを中心に、米国、イタリア、台湾、香港など、非常に数多くの製品の輸入卸、一般小売をしています。「世界各地の製品を通じて社会に貢献する」ことを指針として、購入後の顧客対応まで一貫してサポートしています。米国の骨伝導ヘッドホンメーカーAfterShokzの日本国内総代理店として、家電量販店、雑貨店などでの販売促進をおこなっています。

会社概要
会社名:フォーカルポイント株式会社
所在地:〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町223-1 NU関内ビル6F
代表者:恩田英樹
設 立:1989年
URL:https://www.focal.co.jp/

※ iPhone、iPad、Macは、米国およびその他の国で登録されたApple Inc.の商標です。
※その他本製品に記載している会社名・製品名は各社の商標または登録商標です。
※価格、仕様は予告なく変更することがあります。
※弊社製品を使用したことによるスマートフォン本体、コンピュータ本体、 その他周辺機器の破損、 損傷、 故障、 紛失などに関しましては、 弊社は一切責任を負いかねますことを予めご了承くださいますようお願いいたします。


(※1)2020年1月〜12月BCNランキングデータより。
マイク付きヘッドホン(ヘッドセット)より「骨伝導型」を抽出、自社集計
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フォーカルポイント株式会社 >
  3. AfterShokzの骨伝導ヘッドホンが、2020年骨伝導ヘッドホン売上数No.1、販売台数シェア81.2%を記録!