日本フランチャイズチェーン協会が10月度 セーフティステーション活動の好事例として26店を表彰~2020年上期の最優秀店舗に新潟県内のファミリーマートが選出~

株式会社ファミリーマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:澤田貴司)及び国内エリアフランチャイズ各社(※)は、一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会(以下、JFA)の一員として、地域の安全を守る「セーフティステーション活動」(以下、SS活動)に取り組んでおります。
このたび、2020年10月度におけるSS活動の好事例としてJFAが69店を表彰した中、ファミリーマート店舗26店が表彰されるとともに、好事例として表彰された店舗から一般投票により決定する「2020年上期SS総選挙」において、ファミリーマート新潟西白根店(所在地:新潟県新潟市)が、最優秀店舗に選出されましたので、お知らせいたします。
(※)株式会社沖縄ファミリーマート、株式会社南九州ファミリーマート、JR九州リテール株式会社
■2020年上期の最優秀店舗に新潟県内のファミリーマートが選出
 このたび、7回目を迎えた『SS総選挙』(※)において、上期(1月~6月)計238店舗のSS表彰店舗の中から、ファミリーマート新潟西白根店が「最優秀店舗」に選定されました。ファミリーマート店舗の選定は、2018年上期の堀川御池店(京都府)以来2回目です。
※SS表彰店舗の中から、チェーンごとに1~2店舗の候補を選出し、JFAホームページ内“SS広場”上での投票により、半期ごとに「最優秀店舗」を選定する取り組み。
【最優秀店舗の声】

 

 

JFA SS活動推進委員会による感謝状贈呈の様子JFA SS活動推進委員会による感謝状贈呈の様子


店名:ファミリーマート新潟西白根店
経緯:昨秋、新潟県新潟市で発生した事件の容疑者らしき人物が来店した際、店長をはじめとする新潟西白根店の皆さんはその行動を不審に思い、退店後に防犯カメラ画像を確認。ニュースで報道されている人物と同一の可能性が高いと判断し、警察へ通報、犯人逮捕につながりました。
店舗の声:「その方は入店後すぐ、新聞の紙面を眺めていました。新聞はすぐに買って行かれる方がほとんどなので、気になって様子を見ていました。前日のニュースで見た人物と似ていると思いましたが「間違っていたらどうしよう」と通報するかどうか悩んでいました。そこで防犯カメラの画像とニュースの情報などと照らし合わせ、さらにストアスタッフにも確認してもらった上で通報をしました。」



■JFAに加盟するCVSが「安全・安心なまちづくりへの協力」と「青少年環境の健全化」に向けて協力

SS活動は、JFAに加盟するコンビニエンスストアが、地域の皆様や自治体、国と協力して「安全・安心なまちづくりへの協力」と「青少年環境の健全化」に取り組む活動です。全国のファミリーマート店舗では、店頭にポスターを掲示し、SS活動に取り組んでいることを、お客様にお知らせしております。

 

ファミリーマートではJFAからの表彰状に加え、店舗の店長やストアスタッフに対して、ファミリーマート本部からの感謝状や社長からの御礼の手紙等もお贈りし、SS活動に貢献した皆様に対し感謝の意を表すとともに、ホームページや社内広報誌を通じて、全国の店舗に共有をしております。
【2020年10月 表彰店舗】 合計:26店

ファミリーマートは、「あなたと、コンビに、ファミリーマート」のもと、地域に寄り添い、お客様一人ひとりと家族のようにつながりながら、便利の先にある、なくてはならない場所を目指してまいります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ファミリーマート >
  3. 日本フランチャイズチェーン協会が10月度 セーフティステーション活動の好事例として26店を表彰~2020年上期の最優秀店舗に新潟県内のファミリーマートが選出~