『劇画家』谷口ジロー氏を体感!!原画展「谷口ジローの世界1~狩撫麻礼との80年代~」開催決定


世界が認めた漫画の巨匠・谷口ジロー氏は、80年代前半に「劇画家」として多くの読者を獲得しました。生涯で最も多作だったこの時代の作品のうち、漫画原作者・狩撫麻礼(かりぶまれい)氏とコラボレーションした4作品の原画展を、谷口ジロー氏のふるさと鳥取市の「ギャラリー鳥たちのいえ」で開催します。(観覧無料)

なお、会期中には原画の魅力を掘り下げるギャラリートーク(10月12日(土))を開催します。
また、会場2階に谷口ジロー作品を自由に読める「谷口ジローライブラリー」を設けます。



1 名  称  

原画展「谷口ジローの世界1~狩撫麻礼との80年代~」

2 会  場  

ギャラリー鳥たちのいえ(鳥取市本町1丁目201 ミュトスビル)

3 会  期  

10月1日(火)~10月20日(日)(うち休館日10月7日(月)、15日(火))

4 概  要  

SFやハードボイルドの迫力ある画像から市民の日常を丁寧に描く描写まで、幅広い表現で日本のみならず世界で高く評価される谷口ジロー。その画力と表現力は、およそ半世紀前のデビュー当時から見応えのあるすぐれたものでしたが、それが留まることなく進化・発展していきます。

そんな谷口ジローにとって、80年代前半の原作者・狩撫麻礼とのコラボレーションは、一時代を画すものだったといえるでしょう。生涯で最も多作だったこの数年間で、「劇画家」谷口ジローは多くの読者を獲得しました。
そして、谷口と同年の新人「漫画原作者」狩撫麻礼もまた、活躍の舞台を確かなものにしたのでした。二人のコラボレーションは4年に満たない短い期間のものでありながら、忘れ難く大きな足跡を漫画史に刻んでいます。

この原画展では「狩撫麻礼との80年代」と題して「青の戦士」、「LIVE!オデッセイ」、「ナックル・ウォーズ」、「ルード・ボーイ」の4作品の原画を紹介します。
 

 


5 展示内容  

「青の戦士」12点
「LIVE!オデッセイ」12点
「ナックル・ウォーズ」11点
「ルード・ボーイ」10点     
     計57点 (予定)

6 関連企画  

(1)ギャラリートーク

・内 容 谷口ジロー作品の原画の魅力を解説

・日 時 10月12日(土)16:00~17:30

・出 演 イトウユウ氏
(京都国際マンガミュージアム/京都精華大学国際マンガ研究センター・研究員)

(2)谷口ジローライブラリー

・内 容 谷口ジロー作品を自由に閲覧

・会 場 ギャラリー鳥たちのいえ 2階

・展示作品 ・「描くよろこび」(平凡社)

・「描くひと」(双葉社)

・「漫画原作者・狩撫麻礼 1979-2018<そうだ、起ち上がれ!!GETUP!!STANDUP!!>」(双葉社)

・その他 狩撫麻礼原作漫画5冊

・既刊漫画30冊(日本語)、20冊(外国語)

7 入 場 料  観覧無料

8 主 催 等  
主催:鳥取県、株式会社ふらり 
協力:双葉社、鳥たちのいえ


<参考:プロフィール>

谷口ジロー (たにぐちじろー 1947~2017)

18歳まで鳥取で過ごす。その作品はアジア、ヨーロッパ、アメリカ等で広く翻訳・出版され、内外の多くの漫画賞を受賞し、高く評価されている。また、「遙かな町へ」「晴れゆく空」「孤独のグルメ」「神々の山嶺」「事件屋稼業」等、映画化、テレビ・ドラマ化、舞台化された作品も少なくない。


狩撫麻礼 (かりぶまれい 1947~2018)

小池一夫の劇画村塾第一期生。1979年に「East of The Sun, West of The Moon」で原作者としてデビュー
(絵は大友克洋)。土屋ガロン、ひじかた憂峰等の筆名もある。「ア・ホーマンス」(松田優作監督・主演)、「オー
ルド・ボーイ」(パク・チャヌク監督でカンヌ国際映画祭グランプリ)他、映画化された作品も多い。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社小学館集英社プロダクション(ShoPro) >
  3. 『劇画家』谷口ジロー氏を体感!!原画展「谷口ジローの世界1~狩撫麻礼との80年代~」開催決定