もしも大停電が起きたら~2/11(日)開通前の高速道で1日限りの新型防災イベント「外環松戸サバイバルパーク」を開催(千葉県松戸市)

火起こしなどのサバイバル体験や専門家のステージ講演、自動車メーカーが考える停電防災など楽しく学べる企画が盛りだくさん!

まもなく開通予定の東京外環道路・千葉県松戸市区間で、2月11日(日)に新型防災イベント「外環松戸サバイバルパーク」が開催されます。お子さんも楽しめるサバイバル体験など、防災について楽しく学びながら、開通前の高速道路を歩くことができる貴重な1日です。お友達やご家族と一緒にぜひご参加ください!

2月11日(日)、東京外環道路の開通を控える千葉県松戸市で、開通前の道路を活用したイベント「外環松戸サバイバルパーク」が開催されます。

「もしも大停電が起きたら」。高速道路を舞台に、災害や大停電について考える1日限りのこのイベントでは、火起こし体験や紐一本でのおんぶ体験、防災食試食、暗い世界ダンボール迷路などお子さんも楽しめるサバイバル体験をはじめ、大学講師による「災害対策論」、山岳写真家・荒井裕介氏の「防災サバイバル」、クック井上氏の「防災フードアレンジレシピ」、昆虫料理研究の内山昭一氏による「食べれる昆虫」のステージ講演が行われます。

また、世界で337台のみのソーラーEVに改造されたトヨタ2000GTや、家庭電力の最大10日分を供給できる三菱アウトランダー、ホンダの発電機など、自動車メーカーが考える停電防災が展示されるほか、高速道路を駆け抜ける自転車タクシー「シクロポリタン」も登場。各種飲食ブースも出店されます。

防災に役立つヒントがいっぱいの「外環松戸サバイバルパーク」は入場無料。開通前の道路を歩くことができる貴重なチャンスです!防寒対策をしっかりとして、ぜひお出かけください。

【外環松戸サバイバルパーク イベント概要】
開催日/2018年2月11日(日)
開催時間/11時~17時(最終入場16時まで)
会場/東京外かく環状道路(外環自動車道)の松戸インターチェンジができる場所(千葉県松戸市中矢切)、県道1号線の「中矢切交差点」付近
交通アクセス/北総線・矢切駅から徒歩約10分、JR・新京成線松戸駅西口から京成バス「市川駅北口」行きで「中矢切」バス停下車・徒歩1分(駐車場なし。公共交通機関をご利用ください。)
費用/入場無料

【外環松戸サバイバルパーク イベント内容】
■大停電になったら私たちの生活はこうなってしまう(動画&パネル展示)
■サバイバル防災体験
・火起こし体験
・紐一本でおんぶ体験
・飲み水ろ過体験
・防災食試食体験
・起震車による地震体験
・災害用伝言ダイヤル体験
・洗濯板体験
・暗い世界ダンボール迷路体験
・防災カルタ体験
・防災服作り体験 など
■専門家によるステージ講演
・山下博之氏(日本大学危機管理学部専任講師)/災害対策論
・荒井裕介氏(山岳写真家)/防災サバイバル
・クック井上氏(タレント)/防災フードアレンジレシピ
・内山昭一氏(昆虫料理研究会代表)/食べれる昆虫
■自動車メーカーの考える停電防災
・『東京オートサロン』で話題になった世界で337台しか生産されなかったトヨタ2000GTをソーラーEVに改造した車両展示他(千葉トヨペット株式会社)
・家庭電力最大10日分を供給できる三菱アウトランダー他(三菱自動車工業)
・ホンダの発電機と車両展(株式会社ホンダカーズ松戸)
■高速道路上で擬似キャンプ体験&販売(スポーツオーソリティ・株式会社メガスポーツ)
■高速道路を駆け抜ける自転車タクシー乗り場(有料)「シクロポリタン」
■電気が無くなるとここんなにも星空が見える写真展(松戸天文クラブ)
■各種飲食ブース出店
など

●「外環松戸サバイバルパーク」の詳細はこちら!
http://www.matsudo-yeg.jp/GMSP.html

【本件に関するお問い合わせ先】
■松戸商工会議所青年部
TEL/090-3237-8917(担当:金石) E-mail/k-kaneishi@enishia.com

 

  1. プレスリリース >
  2. 松戸市役所 >
  3. もしも大停電が起きたら~2/11(日)開通前の高速道で1日限りの新型防災イベント「外環松戸サバイバルパーク」を開催(千葉県松戸市)