READYFOR、浦和レッズのクラウドファンディングプロジェクトのサポートを実施。開始から2日で5,000万円を超える支援が集まる。

-Jリーグのクラウドファンディング活用、広がる-

READYFOR株式会社(本社:東京都千代田区、代表:米良はるか)が運営する日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービス「READYFOR」にて、サッカーJ1リーグの浦和レッドダイヤモンズ株式会社(本社:埼玉県さいたま市、代表:立花 洋一、「浦和レッズ」)が主体となり、「ONE HEART TOGETHER!~浦和レッズの未来のために~」の支援金募集を20日(土)に開始、現在目標額の57%に到達57,386,680円のご支援が集まっております(2020年6月22日(月)15時)。
(プロジェクトページURL:https://readyfor.jp/projects/urawaredschallenge


浦和レッズはJ1クラブ平均の2倍を超える、約23億円の入場料収入がある「健全で自立的な収入が多い」クラブでしたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で今年度約20億円の減収、10億円前後の赤字に転落する可能性があります。今回、クラウドファンディングを活用、ファン・サポーターの皆様にご協力いただき、運営費1億円を目標にプロジェクトを実施いたします。ご支援いただいた皆様には金額に応じてグッズなどのリターンをご用意しています。

クラウドファンディングサービス「READYFOR」を通じて、スポーツ業界へ流通した資金は約10億円となっており、新型コロナウイルスの影響で昨年同時期の約1.5倍もの支援金が集まっています(2020年1-5月)。これまでもBリーグのチームが運営費用を募るプロジェクトなどがありましたが、6月16日には「鹿島アントラーズ・鹿嶋市」が実行者となりクラウドファンディングを実施するなど、新型コロナウイルスの感染拡大を機にJリーグクラブでの運営費用を集める方法としてクラウドファンディングの活用が広がっています。今後も当社ではスポーツ業界並びにJリーグに対し「想いの乗ったお金の流れをつくる」取り組みを実施してまいります。

クラウドファンディングプロジェクト概要
・プロジェクトタイトル:「ONE HEART TOGETHER!~浦和レッズの未来のために~」
・ページURL:https://readyfor.jp/projects/urawaredschallenge
・実行者:浦和レッドダイヤモンズ
・目標金額:1億円
・公開期間:2020年6月20日(土)~8月31日(月)23時
・形式:購入型 / ALL-IN形式
・資金使途:チーム運営費、理念を実現するための費用、試合運営費用等のクラブ運営のための費用
※目標金額の達成の有無に関わらず、集まった寄附金を受け取ることができる形式です。
 

 



■READYFOR株式会社とは
READYFOR株式会社は、「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」をビジョンに日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービス「READYFOR」、法人向け事業「READYFOR SDGs」を運営しています。2011年3月のサービス開始から1.3万件以上のプロジェクトを掲載し、58万人から約130億円以上の資金を集め、国内最大級のクラウドファンディングサービスとして、中学生から80代の方まで幅広い方々の夢への一歩をサポートしています(2020年6月時点)。「カンブリア宮殿」をはじめさまざまなメディアに掲載され、2016年6月サービス産業生産性協議会が主催する第1回日本サービス大賞優秀賞を受賞。2019年5月経済産業省等が主催する第5回日本ベンチャー大賞経済産業大臣賞(女性起業家賞)を受賞。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. READYFOR株式会社 >
  3. READYFOR、浦和レッズのクラウドファンディングプロジェクトのサポートを実施。開始から2日で5,000万円を超える支援が集まる。