「ANIMAX MUSIX 2016 OSAKA」2月13日(土)、グランキューブ大阪で開催!

シークレットゲストでMinamiが登場!fripSideが2年連続、大阪公演でトリを務める

アニメ専門チャンネル<アニマックス>を運営する株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:滝山正夫、以下、アニマックス)は、2月13日(土)にグランキューブ大阪で、「ANIMAX MUSIX 2016 OSAKA」を開催しました。
トップバッターを務めたのは2014年の横浜公演に続いて、2度目のANIMAX MUSIX出演となったGARNiDELiA。TVアニメ『キルラキル』のOP曲「ambiguous」他、3曲を熱唱しました。続いて、本イベントと同日に公開された「劇場版 selector destructed WIXOSS」の主題歌を担当する分島花音が3曲を披露すると、ライブ開始早々、会場は熱気に包まれました。その後、2015年11月の横浜公演に出演したアーティストが、大阪公演に出演するアーティストを指名する連動企画コーナーでは、AKINO with bless4が鈴木このみを指名。鈴木このみは、AKINO with bless4のヒット曲「艦隊これくしょん -艦これ-」のOP曲『「海色(みいろ)」を披露しました。さらに、i☆Risが指名したevery♥ing!は、『「ドリームパレード』を披露しました。

また、ファンが聞きたいアニメミュージックを募集し、出演アーティストがカバー&コラボレーションする「FAN SELENTION」のコーナーでは、fripSideが、メンバーの八木悟志が楽曲提供をした井口裕香の「Shining Star-☆-LOVE Letter」をカバーし、みみめめMIMI、Ray、every♥ing!がTVアニメ『がっこうぐらし』のOP曲「ふ・れ・ん・ど・し・た・い」をオリジナルの振付を取り入れ、歌唱しました。

後半には、「栗林みな実」から改名した「Minami」がシークレットゲストとして登場し、「冥夜花伝廊」など、カバー曲を含む4曲を熱唱。改名後初のパフォーマンスとなるステージで多くの観衆を惹きつけました。さらに続いたのは、期待の新星、現役高校生声優ユニットevery♥ing!。ANIMAX MUSIX初登場を感じさせない堂々のステージジングを披露しました。トリ前では、地元大阪出身の鈴木このみが、TVアニメ「さくら荘のペットな彼女」のED曲「DAYS of DASH」などを熱唱。 そして大阪公演で2年連続となる大トリを務めたfripSideの圧巻のステージに観客の盛り上がりは最高潮に達しました。

そしてエンディングは、出演アーティスト全員でTVアニメ「忍たま乱太郎」OP曲「勇気100%」を熱唱し、アーティストと観客、皆が一体となっておよそ4時間半にわたるステージを終えました。

「 ANIMAX MUSIX 2016 OSAKA 」の模様は、アニマックスで2016年5月に放送予定です。

・エンディング

・鈴木このみ
 

・every♥ing!
 

・Minami
 

・fripSide
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパン >
  3. 「ANIMAX MUSIX 2016 OSAKA」2月13日(土)、グランキューブ大阪で開催!