NVIDIA、自律マシン向けの先進のソフトウェア デファインド プラットフォーム、DRIVE AGX Orin を発表

2019 年 12 月 18 日、中国蘇州 — GTC China — NVIDIA は、自動運転車両およびロボット向けの高度で先進的なソフトウェア デファインド プラットフォーム、NVIDIA DRIVE AGX Orin™ を発表しました。

このプラットフォームは、Orin と呼ばれる新しいシステムオンチップ (SoC) がベースとなっています。Orinは、170 億個のトランジスタを集積し、4 年間の研究開発投資によって生まれました。Orin SoC には、NVIDIA の次世代の GPU アーキテクチャと Arm Hercules CPU コア、更に、ディープラーニング用とコンピューター ビジョン用の新しいアクセラレーターが実装され、NVIDIA の前世代の Xavier SoC の 7 倍近くの処理能力となる、1 秒当たり合計 200 兆回の演算能力を実現します。

Orin は、自動運転車両やロボットで実行される様々なアプリケーションとディープ ニューラル ネットワークを同時に処理し、また、システムがISO 26262 ASIL-D のような安全基準を満たすことが出来るように設計されています。

ソフトウェア デファインド プラットフォームとして構築された DRIVE AGX Orin は、レベル 2 から完全自動運転のレベル 5 まで拡張可能な、アーキテクチャの互換性があるプラットフォームを実現するために開発されました。これにより、自動車メーカーや関連企業は大規模で複雑なソフトウェア群を開発できます。Orin と Xavier はいずれもオープンな CUDA と TensorRT API ならびにライブラリを通じてプログラムできるので、開発者は複数の製品世代にわたって投資を活用できます。

NVIDIA の創業者/CEO であるジェンスン フアン (Jensen Huang) は、次のように述べています。「安全な自動運転車両を作ることは、今の社会で最大のコンピューティング上の課題でしょう。自動運転車両を作るための投資額は指数関数的に膨らんでおり、入り組んだ課題を解決するためには、Orin のようなスケーラブルで、プログラマブルな、ソフトウェア デファインドの AI プラットフォームが欠かせません」

また、Navigant Research の主席リサーチ アナリストのサム アブエルサミド (Sam Abuelsamid) 氏は、次のように話しています。「NVIDIA の運輸業界に対する長期の貢献と革新的なエンドツーエンドのプラットフォームとツールは、巨大なエコシステムを生み出しており、自動運転車両に取り組んでいるほぼすべての企業が、コンピュート スタックに NVIDIA を活用しています。Orin は、この改良の絶えないテクノロジ ストーリーの次の重要な章に向けての大きな 1 歩になります」

NVIDIA DRIVE AGX Orin ファミリーには、単一のアーキテクチャに基づいた多様な構成があり、自動車メーカーが設定している 2022 年の製品化を見据えたものとなっています。

NVIDIA についての最新情報:
公式ブログ NVIDIA blog、 Facebook、 Twitter、 LinkedIn、 Instagram、NVIDIA に関する動画 YouTube、画像 Flickr。

NVIDIAについて
1999年におけるNVIDIA (NASDAQ表示: NVDA)によるGPUの発明は、PC ゲーミング市場の成長に爆発的な拍車をかけ、現代のコンピュータ グラフィックスを再定義し、並列コンピューティングに革命的変化を起こしました。最近では、GPU ディープラーニングが最新の AI (次世代コンピューティング) に火をつけ、世界を知覚し理解することができるコンピュータ、ロボット、自律走行車の脳として GPU は機能しています。詳細は、こちらのリンクから: www.nvidia.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NVIDIA >
  3. NVIDIA、自律マシン向けの先進のソフトウェア デファインド プラットフォーム、DRIVE AGX Orin を発表