モバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を使った京都の観光案内事業で協業

「RoBoHoNと行く『ロボ旅』(京都)」(首都圏発)を12月15日(金)販売開始


 株式会社JTB西日本(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:光山清秀)とシャープ株式会社(本社:大阪府堺市、代表取締役社長:戴正呉)は、ロボットクリエーターの高橋智隆氏の監修および株式会社ゲン(本社:大阪府大阪市、代表取締役:達山源市)の企画・プロデュースのもと、シャープ製のモバイル型コミュニケーションロボット「RoBoHoN(以下、ロボホン(注1))」を使った、京都の観光事業で協業します。本事業は、一般社団法人ロボット工業会により「平成29年度ロボット導入実証事業」として採択されています。JTBは、ロボホンと旅を楽しむ新商品、エースJTB「RoBoHoNと行く『ロボ旅』(注2)(京都)」(首都圏発)を12月15日(金)より販売開始します。

 ロボホンと行く『ロボ旅』は、持ち運び可能なロボホンを京都で旅行者に貸し出し、旅のパートナーとして一緒に京都の街歩きを楽しんでいただくJTBオリジナルの旅行商品です。『ロボ旅』では、ロボホンが位置情報や施設に設置されたビーコン(電波発信器)に反応し、観光箇所や店舗の説明、順路、付加情報を旅行者に案内します(「ロボ旅アプリ」機能)。

 また、京都市内の飲食・体験施設(計4箇所)では、店舗に設置されたロボホンが、英語・中国語でもサービス内容を案内します(多言語翻訳機能「ロボ通訳」)。

 本実証事業において、世界的観光地である京都でコミュニケーションロボットを活用した環境整備を行うことにより、観光人材不足の緩和、さらにはロボットによる新たなおもてなし観光という付加価値を検証します。ロボホンの愛らしい動きや観光案内・通訳機能を通じ、様々な人々とのコミュニケーションの機会を増加させます。また、観光施設にもロボホンを配置することにより、サービスを受ける側と提供する側の双方から効果検証も行います。

 JTBグループは観光を基軸とした交流人口の拡大と地域活性化を図る地域交流事業、シャープはコミュニケーションロボットの多言語ガイドを含めた観光分野での社会貢献事業に取り組んでいます。本事業をきっかけに、ロボットと旅する新たなスタイルを提案するとともに、人に寄り添うコミュニケーションロボットの観光産業での新たな価値創造に取り組みます。

注1:「ロボホン」「Robohon」および「RoBoHoN」ロゴはシャープ株式会社の登録商標です。
注2:「ロボ旅」は株式会社JTB西日本の商標登録出願中です。

※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/171208-a.html

【プレスリリース全文(PDF版)】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/171208-a.pdf
  1. プレスリリース >
  2. シャープ >
  3. モバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を使った京都の観光案内事業で協業