ハイブリッドキャストを使用した4K映像のライブストリーミング実験 ~「メ~テレ秋まつり2016」で公開デモンストレーションを実施~

 メ~テレ(名古屋テレビ放送)は、9月24日(土)・25日(日)の2日間、名古屋市中区の久屋大通公園一帯で開催する 「メ~テレ秋まつり2016」において、ハイブリッドキャストを使った「4Kライブストリーミング」のデモンストレーションを実施します。3台の4Kカメラを使って撮影した映像を4Kライブストリーミング映像に変換し、会場のハイブリッドキャスト対応4Kテレビで受信します。
 放送を取り巻く環境が目まぐるしく変化する中、メ~テレは「次世代放送の先進局」を目指し、2014年よりフルHDの4倍の解像度を持つ「4K」や「ハイブリッドキャスト」などの新しい放送技術に取り組んできました。
 メ~テレ主催の恒例イベント「メ~テレ秋まつり」では、2014年より2年連続で大型の4Kモニタを会場に設置し、イベントでの演出に活用するとともに高精細な4K映像を来場者にご覧いただきました。
 さらに今年の「メ~テレ秋まつり2016」では、新たに2つの取り組みを実施します。

(1)4Kライブ制作
大型中継車を使わず機動性の高い4K機材を駆使した4Kライブ制作を実施します。会場内の「光の広場」に3台の4Kカメラを設置しライブスイッチ、この映像をステージに設置した4K対応180インチマルチモニタに上映するとともに、4Kライブストリーミング映像として配信します。

(2)ハイブリッドキャストを使用した4Kライブストリーミング(デモンストレーション)
メ~テレは2016年3月、このエリアでは初めて、ハイブリッドキャストによる4K同期放送(※)を実施しました。この取り組みで蓄積したノウハウを活かし、今回の「メ~テレ秋まつり2016」では「4Kライブストリーミング」を実施します。会場にエレメンタル製ライブエンコーダーを持ち込み、H.265@20Mbps の4K映像にエンコード。その映像をクラウド上のウェブサーバーを経由して、会場設置のハイブリッドキャスト対応4Kテレビで受信します(会場敷設の光回線の混み具合によっては、クラウドではなくローカルサーバーでのストリーミングデモとなります)。

(※)「4K同期放送」について
地上デジタル放送(HD画質)と並行し、同内容の4Kコンテンツを通信回線で配信、ハイブリッドキャストの技術を使って放送2Kと通信4Kの切り替え視聴を可能にすることで、放送と通信を同期した映像配信を実現します(完全な同期ではありません)。

 今回の取り組みは、現行の地上波放送と通信による4K映像の連携を想定したもので、将来の新たな4K伝送路の研究として実施するものです。


【4Kライブストリーミング公開デモンストレーションについて】
■実施場所:メ~テレ秋まつり2016会場 光の広場
      ※晴天の場合はメインステージ広場設置のセンターカメラ付近
      ※雨天の場合はメインステージ正面向かって左側のテント内
■実施時間:9月24日(土):正午~午後5:00頃まで
      9月25日(日):午前10:30~午後5:30まで
■機材協力:シーティーシー・エスピー株式会社、エレメンタルテクノロジーズ、ブラックマジックデザイン株式会社、ヒョウゴベンダ
■展示協力:IPTVフォーラム、日本放送協会 ※DashNXプレイヤーの技術面を協力いただきました。
 

4Kライブスイッチ使用機材4Kライブスイッチ使用機材

4K対応180インチマルチモニタ4K対応180インチマルチモニタ



<メ~テレ秋まつり2016概要>
■タイトル:メ~テレ秋まつり2016
■開催日: 9月24日(土)・25日(日) 午前10:00~午後6:00 両日雨天決行
■会場:久屋大通公園(久屋広場・エンゼル広場・光の広場)
■主催:メ~テレ
■後援:名古屋市、名古屋商工会議所、一般社団法人 中部経済連合会、朝日新聞社、日刊スポーツ
■公式サイト:http://www.nagoyatv.com/akimatsuri2016/
 

「メ~テレ秋まつり2016」ロゴ「メ~テレ秋まつり2016」ロゴ


















 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. メ~テレ >
  3. ハイブリッドキャストを使用した4K映像のライブストリーミング実験 ~「メ~テレ秋まつり2016」で公開デモンストレーションを実施~