「子育て世帯における夏休みの意識・実態調査」子育て世帯の72%が夏休みの過ごし方に「不満あり」

~難しい夏休み、コロナ禍を乗り切る工夫も~

世界初の照明一体型3in1プロジェクター「popIn Aladdin(ポップイン アラジン)」を提供するpopIn株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:程 涛)は、子どもとの夏休みの過ごし方に関する意識・実態の把握を目的に、同居する子どもを持つ全国の親世代1,342名を対象にしたアンケート調査を2021年8月に実施しました。今後、継続して調査を実施することにより生活者の生活動向や意識変化などについて把握分析を行うことで、生活に役立つ製品開発に活かしていきます。

今回の調査では、コロナ禍で迎えた2度目の夏休みに、子育て世帯が抱える不満や課題、乗り切るための工夫や奮闘ぶりが見えてきました。
【調査結果のハイライト】                                 
  1. 子供との夏休みの過ごし方に満足していない子育て世帯は72
  2. 満足していない人の70%が、行きたい場所に行けていないことが理由
  3. 実際に出かけた場所の1位は「ショッピングセンター」、2位が「公園」と、身近な場所へ出かける傾向。30%の人が、「どこにも出かけていない」
  4. 行きたくても行けなかった場所は、「観光地へ旅行」、「遊園地、テーマパーク」、「海」夏休みらしい楽しみ方ができなかった家族が多い

【調査概要】                                       
調査目的:子どもとの夏休みの過ごし方に関する意識・実態の把握
調査方法:インターネットによるアンケート調査
調査地域:全国
調査対象:同居家族に子ども(0歳〜高校生以上)を持つ全国の子育て世帯
回答総数:1,348
調査期間:2021813日(金)〜816日(月)

【調査結果詳細】                                     
Q.1 お子様との夏休みの過ごし方に満足していますか?
「やや不満」、「不満」合わせて71.8%に上る結果となりました。大多数の子育て世帯が夏休みの過ごし方に不満や課題を持っていることが分かります。

 

 

 

Q2. 不満の理由は?
圧倒的に多い理由は、「行きたい場所に行けていないから」で69.3%。新型コロナ感染症の外出自粛の影響で、思うように外出できない実態が浮き彫りになりました。

 

その他の回答:
・子どもも、大人もストレスが溜まっている
・自宅でやることがないから
・来週の予定がもしかしたら中止になるかもしれないとヒヤヒヤしている
・水遊びできる場所がコロナのせいで閉鎖されている

Q3. 今年の夏休み、お子様とどこへ出かけましたか?
最も多かったのは「ショッピングセンター」で35.9%、次に「公園」で34.7%、続いて「祖父母、親戚宅」で34.3%。今年の夏は身近な場所へ出かける家族が多いようです。
一方で、夏休みらしい「観光地へ旅行」や「遊園地、テーマパーク」のようなお出かけスポットは10%以下の結果となっており、30.9%もの人が、「どこにも出かけていない」と回答しました。

 


Q4. 夏休み中にお子様と行きたくても行けなかった場所はどこですか?
「観光地へ旅行」が最も多く66.4%。
「遊園地、テーマパーク」「海」など、上位を占める場所はいずれも夏休みの目的地の代表格です。
子供にとっては数回しかない貴重な夏休みですが、いかに今年の夏休みが家族にとって「期待に沿えない」ものだったのかが分かります。

 

その他の回答:
・プール
・映画館
・夏祭り、花火大会

一方で、夏休みの過ごし方に満足と回答した人の最も多かった満足の理由は、「自宅での子どもとの過ごし方に満足しているから」でした。(17.7%)

そこで最後に、子育て世帯がどのように自宅で過ごしているか、聞いてみました。

Q5. 夏休み、お子様と自宅でどう過ごしていますか?

 


オリンピックが開催されていた影響か、「一緒にテレビを見る」と回答した人が68.7%に上り、最も多い結果となりました。まとまった時間が取れる分、おうちで映画を鑑賞する人も多いようで、「一緒に映画を見る」が39.8%で2番目に多い結果に。

その他、コロナによる外出自粛の中でも、おうちで楽しく過ごす工夫に溢れた回答も多く見られました。

その他の回答:
・おもちゃで遊ぶ、粘土遊び、プール、バーチャル海外旅行、親子ヨガ
・お家プールデビューしたり、家庭菜園を楽しんでいる
・新しく保護猫を家族に迎え毎日てんやわんやしてます
・家族でuno大会

popIn Aladdin(ポップイン アラジン)について>
popIn Aladdin(ポップイン アラジン)は、高品質プロジェクター、高音質スピーカー、シーリングライト機能が搭載された、世界初の照明一体型3in1プロジェクターです。大人気の映像配信サービスはもちろん、子ども向けのオリジナルコンテンツも豊富に搭載しており、大人から子どもまで、世代を問わずみんなで楽しめるのが特長です。
2018年の一般発売から累計で13万台(2021年8月時点)を販売、2018 年~2020年にはホームプロジェクター市場で3年連続1位(*自社調べ)となっています。現在は、専用の短焦点レンズを搭載した「popIn Aladdin 2(ポップイン アラジン ツー)」、及び低価格モデル「popIn Aladdin SE(ポップイン アラジン エスイー)」を販売しています。


ブランドの取り組みについて>
今回の調査により、多くの子育て世帯が「思い出を作りづらい夏休み」を過ごしていることが分かりました。
popIn Aladdin(ポップイン アラジン)は、大切な人と幸福を感じてもらえる空間創造のため、「おうち映画館」、「おうち水族館」、「おうちフェス」など、日常を過ごす自宅が楽しい思い出に変わる、「おうち思い出」づくりに貢献すべく、今後お客様に楽しんでいただける企画を実施していきます。

 

 

 









 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. popIn株式会社 >
  3. 「子育て世帯における夏休みの意識・実態調査」子育て世帯の72%が夏休みの過ごし方に「不満あり」