株式会社meleap、インターウォーズ株式会社が業務資本提携契約を締結

世界36カ国にテクノスポーツ「HADO」を展開する株式会社meleap(本社:東京都千代田区、代表取締役:福田浩士)は、インターウォーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉井信隆)と業務資本提携契約を締結いたしました。


 

  • 本提携について
株式会社meleapは2014年の創業以来「テクノスポーツで世界に夢と希望を与える」というビジョンのもと、「HADO」を世界中に展開し、2021年7月時点で世界36カ国に80箇所の常設フランチャイズ施設をオープン、累計250万プレーヤーへと成長してまいりました。また2020年からはアイドルをプレーヤーとして取り込み、視聴者参加型の競技システムを使った観戦事業を開始。Withコロナ時代にマッチした事業を展開し日々成長を続けるスタートアップ企業です。
一方、インターウォーズ株式会社は「人と企業のインキュベーションで雇用を創出し、日本社会を良くすることに貢献し、サステイナブル社会の実現に取り組んでいく。」を事業理念に、創業以来インキュベーション事業を展開する草分けの企業です。
この度、このコロナ禍でも世界に勇気と希望を与え続けたいという思いが合致し2社は以下の分野で提携を開始してまいります。

 (1) HADOシステムのライセンス販売機会の提供
 (2) HADOメジャー化にむけたコンサルティング及びアドバイス
 
  • 業務資本提携について各社のコメント


株式会社meleap代表取締役 福田浩士のコメント
弊社はこれまでHADOを世界に展開し、プレーヤーを増やしてきました。
昨年はコロナの影響を受けて世界的に事業が足踏みしましたが、今年に入り再度成長軌道に乗り、さらに新しく開始した観戦事業も伸びてきました。
目指すは、サッカーを超える世界最大のスポーツ。
今回、インターウォーズさんに弊社の事業、ビジョンに共感いただき、資本業務提携を結ばせて頂くことになりました。
様々な有力企業とのネットワークを持つインターウォーズさんの力をお借りして、ライセンス販売の拡大、プロリーグ立ち上げに向け事業拡大をしていきたいと考えています。
各国に熱狂的なプレーヤーと観戦ファンを増やし、世界中に夢と希望を与えていきます。
ぜひ今後のHADOの進化、事業展開にご期待ください!

インターウォーズ株式会社代表取締役社長 吉井信隆のコメント
 当社は「世界中の人々に支持されるテクノスポーツで夢と希望を与えたい」とのビジョンに共感し、当社が有するインキュベーション事業のナレッジとネットワークでの販売機会を提供することで、当社と株式会社meleapのHADO事業の強みを発揮し合いながら、世界最大のスポーツ事業の創造を目指して、業務提携を行うことといたしました。
 
  • 会社概要
株式会社meleap
所在地:東京都千代田区内幸町1−1−6
設立:2014年1月
事業内容:ARスポーツ・エンターテインメント事業

インターウォーズ株式会社
所在地:東京都中央区銀座6−13−16ヒューリック銀座ウォールビル9階
設立:1995年4月
事業内容:インキュベーション事業(事業開発コンサルティング・経営幹部人材紹介、イントレプレナー塾運営・投資)
 
  • 本件に関するお問い合わせ先
株式会社meleap
担当:冨田
E-mail: ir@meleap.com

インターウォーズ株式会社
HP: https://www.careerwoos.com/inter-secure/inquiry.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社meleap >
  3. 株式会社meleap、インターウォーズ株式会社が業務資本提携契約を締結