「キャンパスアートアワード2019」を開催

~グランプリ作品はキャンパスノートの表紙に!~

コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、読売中高生新聞(発行所 読売新聞東京本社)と共同で、「キャンパスアートアワード2019」を6月3日(月)から開催します。
「キャンパスアートアワード」は、文部科学省と観光庁が後援する、全国の中学生・高校生を対象にコクヨと読売中高生新聞が子どもたちの知性を育み、手書きの良さを伝えることを目的とした絵画コンペティションで、今年で5回目の開催となります。

募集テーマは、『My Sweet Home Town~地元のイチオシ~』。地元の風景、風俗、風習、行事、料理、菓子などを題材にした絵画作品を募集し、日本の将来を担う若者が、地元に目を向け、その魅力に気づき、発信する機会をつくります。

応募はWebからのエントリー制で、審査結果については、公式HPのほかに、読売中高生新聞紙上などで日本全国の中高生に紹介を予定しています。グランプリ作品は、キャンパスノートの表紙となり、実際に生産したノート50冊を受賞者に贈呈します。

最終審査の審査員として、今回、新たに欅坂46の佐藤 詩織さんが加わり、お笑いグループ「パップコーン」のリーダーで「フテネコ」のイラストで知られる芦沢ムネトさんと色鉛筆画家の林 亮太さんとともに受賞作品を選定します。
 

キャンパスアートアワード2019募集キャンパスアートアワード2019募集

2018年のグランプリ作品「赤い電車の春」(愛知県)を表紙にしたキャンパスノート2018年のグランプリ作品「赤い電車の春」(愛知県)を表紙にしたキャンパスノート

詳細は、下記ホームページでご確認ください。
http://39campus.jp/artaward.html
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. コクヨ株式会社 >
  3. 「キャンパスアートアワード2019」を開催