47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで 地元を愛するお客様・地方自治体・カルビーが共創 長野の味『ポテトチップス 野沢菜漬け味』3月4日(月)発売!

酸味と旨みがあとひく!信州のふるさとの味を再現

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤 秀二)は、信州を代表する漬物「野沢菜漬け」の味わいを再現した『ポテトチップス 野沢菜漬け味』を数量限定・期間限定で2019年3月4日(月)、長野・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・新潟(8県)で発売します。また、カルビー直営店及びアンテナショップでも随時、販売予定です。商品は無くなり次第終了となります(4月中旬終売予定)。

【開発経緯】
カルビーは、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトを発足し、2017年度に地元の味を再現したポテトチップスを発売しました。2年目となる2018年度も、前年度に引き続き3回(第1弾、第2弾、第3弾)に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売します。

2018年度の第3弾となる長野の味『ポテトチップス 野沢菜漬け味』は、取り組みをさらに進化させ、地元を愛するお客様からインターネット上で募集した味案をもとに、長野県庁にてワークショップや試食会行い、味やパッケージを決定しました。お客様からは、野沢菜おやきや山賊焼き等の味案も出されましたが、全国的に知名度があり強い要望が寄せられたことから「野沢菜漬け」に決定しました。

【商品特長】

●「野沢菜漬け」は、ごはんのおともにも、お茶うけにも楽しまれ、親しまれている信州のふるさとの味の代表格。本商品は、「野沢菜漬け」の酸味と旨みがあとひくポテトチップスです。

●パッケージは、野沢菜をイメージしたイラストを背景に取り入れるとともに、春の発売に合わせて菜の花をポイントに配置し、全体的に明るいデザインに仕上げています。また、長野県PRキャラクター「アルクマ」を掲載し、親しみを感じさせるデザインに仕上げています。裏面では、みんなが信州をもっと好きになって、信州を発信していくことを目指すプロジェクト「しあわせ信州」の紹介を掲載しています。

【開発担当者のコメント】
長野県で愛されている「野沢菜漬け」の味わいを再現しました。野沢菜本来の旨味や、漬けることで生まれる酸味と発酵感が表現できました。長野県庁の皆様からは、野沢菜漬けの発酵度合をアドバイスいただき、酸味の微調整を何度も行いました。発酵感がありつつも、ポテトチップスとして食べやすい味となり、長野県の皆様が納得していただける味になったと思います。ぜひお召し上がりください。
 

2月18日、長野県庁にて知事表敬を行いました2月18日、長野県庁にて知事表敬を行いました

【商品概要】
商品名:ポテトチップス 野沢菜漬け味
内容量:55g
エネルギー:304kcal
JANコード:4901330536565
価格:オープン(想定価格 税込み120円前後)
発売日:2019年月3月4日(月)
※実際の発売日は販売店によって多少遅れる場合がございます。
※店舗によっては、お取扱いのない場合や、売り切れで販売終了の場合がございます。
販売エリア:長野・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・新潟
直営店・アンテナショップ:千歳・札幌・東京・原宿・新宿・吉祥寺・海老名・西武所沢
             千葉・エキスポ・心斎橋・神戸・広島・博多・沖縄)

 
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. カルビー株式会社 >
  3. 47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで 地元を愛するお客様・地方自治体・カルビーが共創 長野の味『ポテトチップス 野沢菜漬け味』3月4日(月)発売!