あのすごい作品をつくる人の頭のなか、ふだんの暮らしは、どうなっているのだろう。「YOKOO LIFE 横尾忠則の生活」渋谷PARCOで開催。

この夏、東京のあちこちで横尾忠則作品を目にする機会が増えます。この大きな「横尾忠則」の芸術活動の一端をほぼ日も担うことになりました。
糸井重里が主宰するWEB「ほぼ日刊イトイ新聞」の創刊時(1998年)から横尾忠則さんと糸井のコミュニケーションの跡はほぼ日に残っています。コンテンツとして発表されていない横尾さんの「ふだんの顔」「ふと出た言葉」の記録や旅のスナップ写真や映像も、オフテイクとなって眠っていました。「美術家の横尾忠則さんは、いま生きている人のなかで、いちばんおもしろい人かもしれない。」とほぼ日の担当チームは言います。そして、偉人横尾忠則さんを表現するならばと、眠っていた「横尾忠則の生活」を渋谷PARCO8Fのほぼ日曜日で展示することにしました。
横尾さんがどんな「生活」を送っているのか、来場する方々と味わい、分かちあい、「横尾忠則」の世界に近づきたいと思います。またこの機会に、ほぼ日の人気連載「YOKOO LIFE」を、語りおろし対談と魅力あふれる写真を加えて書籍化し、発売します。
本イベントの詳細はこちらからどうぞ。 https://www.1101.com/hobonichiyobi/exhibition/4226.html

 

  • 【YOKOO LIFE 横尾忠則の生活】
会期:2021年7月17日(土)~8月22日(日) 時間:11:00~20:00
場所:渋谷PARCO8階「ほぼ日曜日」渋谷区宇田川町15-1
入場料:450円(¥OKOO円)(税込・小学生以下無料)ご入場の方に、会場内およびほぼ日のショップ(渋谷PARCO4Fほぼ日カルチャん、ほぼ日のTOBICHI)でお使いいただけるお買い物チケット100円分をさし上げます。
主催:ほぼ日 協力:朝日新聞社 
※緊急事態宣言の発令に伴い、開催期間、内容は変更となる可能性がございます。
  • 初公開だらけ!「YOKOO LIFE」の見逃せない10のポイント。
<★マークは初公開であり、おそらく二度とないことです>
★1)二度と見られない、聞けない!  映像、写真、言葉、音声、愛用品のかずかずを会場いっぱいに展示します。いつも聞いている音楽も、卓球ラケットも、本も、猫ちゃんグッズも。なんと病院のベッドまで!

★2)「ほぼ日曜日」入口で、東京都現代美術館で開催する「GENKYO 横尾忠則」展のチケット(電子チケットの画面可)をご提示の方に、横尾忠則書きおろし文字入り「横尾只海苔」をプレゼントします。(本物の海苔です。なくなり次第終了します。さらに東京都現代美術館では、両方訪れた方はポストカードももらえます。ポストカードもなくなり次第終了)
3)フォロワー数32.5万人(2021年7月現在)の横尾忠則のTwitter、その「原稿」はどのように書かれているのか。手書き原稿の複製を展示します。
4)横尾忠則の公開制作のようすを映像で! いったいどんなふうに大作を描くのか? ごらんください。
★5)秘伝! 横尾家のカレーの作り方、横尾忠則式食べ方を大公開。会場にときおりカレーの展示も。
6)作品、ポストカード、アパレルなど、買ってかえれるグッズ多数ご用意します。
★7)隠れた「しかけ」がもりだくさん。場内は「未完」をテーマに、日々表情を変えていきます。
★8)郵便局員に扮したスタッフにより、横尾忠則宅まで自転車で運ばれる、メッセージ投函用ポストを設置します。この機会に横尾さんにお手紙を書いてください!
★9)「ほぼ日曜日」450円(¥OKOO円)のオリジナルチケットをご用意しました。※100nuts(100円分のお買いものチケット)つきです。
10)大人気連載が一冊の本に! 写真もたっぷり、カレーレシピも載った『YOKOO LIFE』を先行発売します。
  •  書籍「YOKOO LIFE 横尾忠則の生活」

著者:横尾忠則 聞き手:糸井重里
ISBN:978-4-86501-599-7 価格:1,320円(税込)
出版社:株式会社ほぼ日  発売:2021年8月3日(予定)
横尾忠則と糸井重里が、プライベートの旅やうちあわせで話している内容が、とんでもなくおもしろい。同行していたスタッフが「このまま消してなるものか」と隠れて録音を続け、ついに1冊の本になりました。
<推薦のことば>
「横尾さんは近代日本を代表する、天才的人物です。」瀬戸内寂聴さん
「この本のすごさは、横尾さんがそこに存在しているだけでおのずと、
糸井さんの天才ぶりまで明らかにしちゃってるところです。」吉本ばななさん
  • 渋谷PARCO4階ほぼ日カルチャんにもぜひお立寄りください。

渋谷PARCO4階ほぼ日カルチャんにある、東京の文化の案内所「ほぼ日カルチャん」では「横尾忠則ショップ」と題して、店内の一角に横尾忠則グッズがずらりと並びます。こちらもあわせておたのしみください。

横尾忠則(よこおただのり)さんプロフィール
1936年生まれ。美術家。国内外の美術館で個展を開催、高い評価を受ける。大阪万博の「せんい館」、「腰巻お仙」のポスター、「Y字路」シリーズなど、横尾作品はつねに世代を問わない人気を誇る。2021年夏、渋谷PARCO以外でも横尾忠則の作品がご覧いただけます。
・GENKYO 横尾忠則 [原郷から幻境へ、そして現況は?](東京都現代美術館 企画展示室1F/3F)
・横尾忠則:The Artists(21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3)
・東京大壁画(丸の内ビルディング、新丸の内ビルディング) 

【開催にあたってのお願い】
展示を安全にたのしんでいただくために、こちらのご案内 https://www.1101.com/n/s/realspace_info_2020/index.html をお読みいただいてからご来場をお願いいたします。清潔と安心をこころがけて開催いたします。
※緊急事態宣言の発令に伴い、開催期間、内容は変更となる可能性がございます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ほぼ日 >
  3. あのすごい作品をつくる人の頭のなか、ふだんの暮らしは、どうなっているのだろう。「YOKOO LIFE 横尾忠則の生活」渋谷PARCOで開催。