2020年6月倒産件数は806件、2カ月ぶりの前年同月比増加で今年最多

負債総額は1264億3800万円、2カ月ぶりの前年同月比増加

帝国データバンクは、2020年6月における負債1000万円以上の法的整理について集計を行った。

<主要ポイント>
  1. 倒産件数は806件(前年同月比9.8%増)と、2カ月ぶりに前年同月を上回り、今年最多
  2. 負債総額は1264億3800万円(前年同月比57.3%増)と、2カ月ぶりの前年同月比増加
  3. 負債トップは、㈱ホワイト・ベアーファミリー(大阪府、民事再生)の約278億円で、今年最大
  4. 業種別にみると、7業種中5業種で前年同月を上回った。なかでも卸売業(105件、前年同月比25.0%増)は衣服・繊維製品卸や木材・建築材料卸で増加。小売業(193件、同19.9%増)では飲食店(90件)が前年同月比60.7%増となった。サービス業(205件、同22.8%増)は、6月としては2010年6月以来10年ぶりの200件超
  5.  主因別にみると、「不況型倒産」の合計は655件(前年同月比19.3%増)、構成比は81.3%を占める
  6. 負債規模別にみると、負債5000万円未満の倒産は499件(前年同月比5.5%増)、構成比は61.9%を占める
  7. 地域別にみると、9地域中6地域で前年同月を上回った。なかでも近畿(254件、前年同月比50.3%増)は2013年9月以来6年9カ月ぶりに全業種で前年同月を上回った。九州(64件、同18.5%増)は、福岡県や熊本県などで増加
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TDB >
  3. 2020年6月倒産件数は806件、2カ月ぶりの前年同月比増加で今年最多