本一楽しいドリル、勢いとまらず「うんこドリル」シリーズが発売2年4ヵ月で500万部を突破!読者ハガキも連日届く!

株式会社文響社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本周嗣)が2017年3月に発売した「うんこドリル」シリーズ(古屋雄作著)が本日、累計500万部を突破いたしましたのでお知らせいたします。

 

 


2017年3月24日に『うんこかん字ドリル 小学1年生』(ISBN 978-4-905073-81-9、本体価格980円+税、初版8,500部)をはじめ全6学年分を同時刊行いたしました。



「武者ぶるいではなく、うんこをもらしただけです」

「謝りながらうんこをするから、誠意が伝わらないんだ」

「おじいちゃんがうんこをじっと見ている」

 

このように全6学年の全例文において’うんこ’の使用に成功したことで、多くのメディアに取り上げられ、瞬く間に「うんこブーム」が全国で巻き起こりました。この熱はいまだ冷めずに、読者からの熱狂的なご支持を頂戴しています。いまでは続編である『漢字ドリル テスト編』や『算数ドリル』、幼児向けの『ひらがな』『カタカナ』などシリーズ点数は32点にまで広がっています。

 
「小6なのに涙を流すほど爆笑して、うんこドリルで勉強をする息子に少し焦りを感じてきました」(30代、女性、大阪)

「娘がとても大きなボリュームで例文を音読するため、うんこドリルをやるときは窓を閉めるよう厳しくしつけています」(40代、女性、埼玉)

「年長の息子はひらがなが書けるようになったことが嬉しいようです。同居している祖母に毎朝うんこの例文を書いて手渡しています」(30代、女性、福島)


など、複雑な心境ながらも子どもの学ぶ意欲を喜ぶハガキが、いまだ毎日のように届いています。


これについて著者である古屋雄作氏は「小・中・高と、友人たちが少しずつ「うんこ」ではしゃがなくなっていくのを寂しく感じながら、ぼくはうんことお別れできないまま大人になってしまいました。でもそのおかげで今、全国500万人の子どもたちとうんこで繋がることが出来ました。本当にありがとう、うんこ!次は1,000万部。まだまだきみのことを書き続けます。」と謝辞を寄せています。
 

また弊社うんこ編集部編集長の正木寛子は「うんこの根強い人気に驚かされています。次々に作りたいドリルのアイデアが生まれて夢は膨らむばかりです。チーム一丸となって、子どもたちの心をつかむ楽しい教材を急展開していく予定ですので、今後ともよろしくお願いいたします!」とし、これからは幼児向けドリルの拡充ほか、英語や中高生用ドリルなどむこう2年間でシリーズ120点にむけて進んでいくとしています。

 

 

 



 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 文響社 >
  3. 本一楽しいドリル、勢いとまらず「うんこドリル」シリーズが発売2年4ヵ月で500万部を突破!読者ハガキも連日届く!